平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第1回 茶のくに自慢 もてなし暖議 」

開催日時:平成22年5月22日(土)
場所:八女市 黒木 「ふじの里」
スケジュール:
11:00~ 八女のひるごはん(おばしゃんの漬物とごはん・味噌汁)
       有料300円
12:30~13:00 ダニー馬場ミニライブ
13:00~15:00 茶のくに自慢 もてなし暖議

出演者:八女、黒木、立花、上陽、矢部、星野の元気な6名、茶のくに研究所女性1名
【八女】伊藤美奈子、【黒木】仁田原陽子、【立花】中島加代、
【上陽】辻田理絵、【矢部】栗原律子、【星野】樋口裕子、【研究所】白水ひとみ、
コーディネーター/森千鶴子(森の新聞社)

■仁田原陽子 (黒木)
黒木町在住。元黒木町役場職員。現在は両親の介護に明け暮れる毎日。「笑顔で迎え、笑顔で送る」おもてなしの心を大切にしている。

■辻田理絵 (上陽)
「ほたると石橋の館」勤務。神戸生まれ、神奈川育ち、両親と北九州に移り住んでいた。現在は頑張りやの上陽の人たちに惹かれて上陽に移住し、町づくり活動を行なっている。

■伊藤美奈子 (八女)
伝統的建造物保存地区の伊藤勘助商店(提灯屋)若おかみ。生まれも育ちも嫁ぎ先も八女。

■中島加代 (立花)
農家レストラン、農家民宿「大道谷の里」を経営。

■栗原律子 (矢部)
(財)秘境杣の里勤務。福岡のアンテナショップの常駐スタッフ。


■樋口裕子 (星野)
出身は東京。星野に嫁に来た。現在は主人と20歳になる息子と一緒に茶、米、カボックを作る百姓をしている。茶摘みが終わり田植え準備中。
【自慢の一品】
加工グループで作っている「かりかり梅」。種を抜いて食べやすくしている。

■白水ひとみ (茶のくに研究所)
伝統工芸館に勤務。合併後の新八女市をお茶のキーワードで八女を盛り上げる「茶のくに研究所」所属。八女の手仕事を、ブログを通じて情報発信している。

<おもてなしのキーワード>
・「食と笑顔」 食で誘って笑顔でもてなしをする。(仁田原氏)
・「一期一会」 来てもらえるお客さんが又来たいと思うようなもてなしをする。迎える側も又来てもらいたいと言う思いを伝えたい。そのような関係を作りたい。(辻田氏)
・「心のあかり」 来た人にも小さな灯りを灯して、それを口コミで移していく。このように八女の良さを他の人に伝えていって欲しい。(伊藤氏)
・「自然体」 来た人には笑顔で美味しい食でもてなしをする。自分自身が自然体で心からもてなす事が真髄である。(中島氏)
・「大自然・手作り」 一人一人の手作りの味。大自然の素晴らしさ、手作りの良さを広めたい。(栗原氏)
・「笑顔」 迎えるほうも、来てくれる人も笑顔になるようなもてなしをしたい。(樋口氏)
・「歩く」 歩いて回って地元住民と会話をすることで、本物の手仕事などの八女の魅力を知って欲しい。(白水氏)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/810-10e0e252
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。