平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域の輝きを追う 知求探訪マガジン Vol.11
Danだん くまもと
文責:森田宜子(熊本県農村整備課) 

ふるさと樂校 ~グリーンライフ中学校~ by NPO法人きらり水源村

ふるさと樂校が開校!
 寒さ厳しい冬空のもと、熊本県菊池市にある「きくちふるさと水源交流館」に20名の農業高校生と34名の一般参加者が集まった。1月9日から11日までの2泊3日で行われる人材育成研修の「ふるさと樂校~グリーンライフ中学校~」に参加するためである。
 この研修は、きくちふるさと水源交流館を拠点として、地域振興に取り組むNPO法人きらり水源村の企画提案により熊本県農村整備課との協働で実現した研修会で、中山間地域などの農村を担う次世代のリーダーを育成することを目的として開催されたものだ。
 地域づくりや農業・自然環境とつながりを持ったビジネス展開に関心を持つ人々が集い、ワークショップや講義を通じて、地域で生き抜くためのヒントや手立てを模索する。
 この研修企画は3回シリーズで開校され、ワークショップをメインに、座学では各回ごとに農業や循環型社会などをテーマとした講義が行われる。公欠をとり、すべての講義に参加する農業高校生に加え、社会人や地域住民の一般参加者は忙しさの合間を縫って、関心のあるプログラムだけの参加も可能となっている。

プログラムの特徴はこれ!
 この研修の特徴のひとつに、3ヶ月という開催期間が挙げられる。一日で大規模に開催されるシンポジウムのような一過性の成果を求めるものとは異なり、長期間をかけて、共同作業や学びの振り返りと共有等を行うことで記憶や心にも潜在的に刻まれるような研修内容とすることがねらいだ。
 また、2つ目に、講師陣の数が総勢13名と多いことも特徴といえる。各分野やフィールドの第一線で活躍する講師陣が全国各地から招かれる。多彩な人が数多く交わることで、講師―生徒間はもとより、講師―講師間においても、新しい刺激と意欲を誘発することができる新しいかたちの取り組みだ。

ふるさとで学ぶ意義とは?
 今、高齢化・過疎化が進む中山間地域は若い力を必要としている。また、一方で、農村地域を新たなライフワークのステージとして捉え始めている若者も少しずつ増えてきている。しかし、農村地域で生計を立ててゆくことはたやすいことではない。経済活動の難しさが大きな障害になっているのが現状だ。そうした状況をふまえ、「地域に根ざして生き抜く術」となるヒントを探し、また、参加者でそれらの打開策を導き出そうというのがこの研修会のねらいでもある。農村で生き抜く術とは何か。この研修を企画したNPO法人きらり水源村の小林和彦事務局長(36歳)曰く、「見過ごされていた資源を元手に、新しい価値を見いだしビジネスを生み出せる能力」のことをいうようである。
 今回の研修は、地域に根ざした活動を実践している小林事務局長の経験をもとに、「地域に埋もれた資源、使える資源を見出し、その資源を何と繋ぎ合わせて、どう新たな価値を生み出すのか。」「地域の悪循環を好循環にかえるように地域をプロデュースするには、どんな力が必要なのか。」といった問題提起から「農(アグリ)×業(ビジネス)」「環境教育×自然学校」「循環型農業・社会」などをテーマにプログラム構成されている。

熱い想いが集結!!
 前述したように、この研修では多様な分野の多彩な講師陣が全国各地から集結している。小林事務局長のネットワークと人脈を駆使し、企業やNPO、行政や教育機関の協力が得られたことによって、幅広い取り組みを通じた研修の実現が可能となった。小林事務局長の人間的な魅力やきくちふるさと水源交流館の活動に共感する熱い思いをもった方々が、この学びの場に集ったといえるだろう。
 意識を同じくする人々が研修を通じてつながり、そこで触発されたインスピレーションが次の新たな動きへと波及してゆく、、、。人と人が出会うことによって、人が磨かれ、磨かれた人々が、農村地域を元気にする・・・この研修の可能性に、漠然とそのようなイメージを膨らませながら参加したところ、研修中、このことを痛感させられる場面に出くわすこととなった。

それぞれの人生が交錯
 兼集では、各分野の第一線で活躍する講師たちが、いろいろな思いを熱意のこもった口調で訴えかけてくる。話は、専門分野にとどまらず、会場の熱気とともに自然に講師個人の「人生」に関するものへと移っていった。「何をきっかけに今の仕事に就くことになったのか」「何のために、今の取り組みを行っているのか」など、ナビゲーターや参加者たちの問いかけによって、一流の講師たちの「生き様」が、露わになってゆく。
 ある講師から「農業をやるなら、卒業後すぐに就農するよりも、会社勤めを経験してからのほうが、消費者の気持ちがわかっていい・・・。」という趣旨の話があった。会場中がその意見に「なるほど!」と頷いたのだが、それに対して、一人の農業高校生は「卒業後すぐに農家になる。」と言い切った。一瞬、会場が大きなっ笑いで包まれたが、農業を営む祖父母をすぐ傍で見て育ったその彼は、「小学校の頃から農業を継ぐことが夢だった。」と清々しく語っていた。まさに、こうした微笑ましい場面の中に、今回の研修の醍醐味が隠されているのだと私は感じた。講師陣はそれぞれの経験から熱い想いを表現豊かに語りかけてくるため、「いかにも、そうだ!」と思いがちであるが、純粋な農業高校生であっても、自分なりの考えをしっかりと持ちながら、自身のフィルターを通して、大人たちの「リアル」な話に真剣に耳を傾けている。
 高校生達は、物事に対して真剣に向き合う大人とのこうしたやりとり(問題提起)の中から、自分なりの考え方や思いを再構築し、着実に高度な判断能力を身につけているように見えた。
 「出会い」の大切さを痛感するとともに、「人材」の持つ無限の可能性を思い知らされる。そんなエピソードであった。
 このようにして生徒達は、ふるさと樂校での学びを通じ、今までは他人事のようにしか捉えられなかった物事も、危機感と共に当事者意識が強く芽生えてくる。たとえ、社会的な問題であっても、我が事として、問題意識を持って臨める人間へと成長していくのだろう。こうした若者達が全国各地へ散らばり、新しい風を巻き起こしてくれることを想像すると、十数年後が楽しみでならない。

講師
小林 崇 氏 (東京都渋谷区 ツリーハウス・クリエーター)
柿沢 直紀 氏(東京都目黒区 株式会社イヌイ)
奥 誠司 氏(宮崎県綾町 早川農苑)
佐々木 豊志 氏 (宮城県栗原市 くりこま高原自然学校) 
高野 孝子 氏(新潟県南魚沼市 ECOPLUS) 
辻 英之 氏(長野県泰阜村 グリーンウッド自然教育センター) 
村上 忠明 氏(愛知県名古屋市 KID’s AU)
中根 忍 氏(沖縄県国頭村 やんばるエコツーリズム研究所) 
高橋 素晴 氏 (鹿児島県枕崎市 アースハーバー&黒潮農場)
山口 久臣 氏 (熊本県熊本市 野外教育研究所)
小林 真一 氏(東京都渋谷区 独立行政法人 国立青少年教育機構)
小野 泰輔氏(熊本県熊本市 熊本県庁秘書課)
上村 剛氏 (熊本県宇土市 宇土青年塾)

ナビゲーター
小林和彦 NPO法人きらり水源村 事務局長
池田親生 合同会社ちかけん
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/797-2f3b7314
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。