平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさと樂校 グリーンライフ中学校2010

 いよいよ都市のNPO経験(NICE)×田舎のNPO経験(きらり水源村)を活かした
人材育成に、地域行政や社会的起業家も その渦に巻き込んで 一緒に取り組ん
でいくことにしました。合言葉は『 ツリーハウスをつくろう! 』

 ここでの廃校後の取り組みが10年が経過。最初の5年は地域の調整、その後の5
年は怒涛の日々。この10年間を振り返り、次の10年プランを描く上で、大切なの
は『人』づくり 、次世代の農×業を繋ぐ『人材』『人財』を育てること!

 以下の人材発掘、及び人材育成の企画を、熊本県と協働で年初めに準備中。
1日参加、午前・午後・夜間参加、全参加とご自由に参加ください。

オカネと諸々の手続きは、熊本県農村整備課が担当し、
 プログラム企画・参加者募集・当日運営は、NPOが担当するというコラボ企画。

 3回シリーズなので、3回出てもいいし、1回でもいいし、1日でもいいし、
1プログラムでもいい。
  皆さんが興味・関心をもつ内容に参加していただければ、幸いです。

 1月は、ネスカフェ・ゴールドのCMで唐沢寿明と共演した、ツリーハウスクリ
エーターの小林崇さんがゲストです。

 興味・関心を持って頂いた方には、参加要項・申込フォーマットを送付します
ので、ご連絡下さい。
* 交通、宿泊の手配は 相談に乗りますので、ご連絡下さい。 
 (交流館 1泊朝食 3200円、 菊池温泉 1泊朝食 5000円
~7000円)
* 今回は県北地域の農業・地域担い手の高校生が数多く参加する予定です。

 各回のスケジュールは、Gazoo mura ブログにて、近日中に公開します!
   https://gazoo.com/G-Blog/suigen001/index.aspx 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

企画名:ふるさと樂校 ~グリーンライフ中学校~ 

~持続可能な地域をデザインする実践型ワークショップ&講座~

<企画趣旨>

 へき地、辺境、どん詰まり、そこにひっそりと佇む日本の懐かしい風景。

「日本人には日本が足りないねぇ」とコマーシャルが流れたのはいつだったのか。

日本を探しに訪れる外国からのお客さん、きっかけはポップカルチャー、次に大
都市:東京・大阪、ひょんなことから辿りつく懐かしい日本がここにはある。

 一万ドルの年間所得をとっくの昔に超え、世界の富の1/6を生み出す日本経
済。豊かさを手に入れた私たち、でも幸せになったのだろうか?

遠いところに幸せがあると思い、海外に飛び出た私、お手本を外に求めた私。

明治の初期に日本を旅したイザベラ・バード女史は語っている。「世界で一番美
しい国だ」と。それは農村風景であった。イギリスに紹介し、ガーデニングに大
きな影響を与えた。イギリスのガーデニングとは実は日本の農村風景なのであ
る。でも、まだ私たちはガーデニングをイギリスに学んでいる。日本の農村には
足を運ばない。もういい加減にして、日本に学びたいもの、日本は日本なのだか
ら。菊池に廃校になった校舎がある。ここを拠点にみんなで学ぼう!

全国の津々浦々をくまなく旅した民俗学者・宮本常一氏は語る「自然はさびし
い、だが人の手が入ると暖かい」。自然だけでなく、自然と一体となった校舎は
人知れず語る「校舎は寒く淋しい、でも、みんなが来ると 暖かく 楽しくなる」

木造校舎は語る。「ここに来たら、子ども時代に戻ればいい」

人が人としてあるがままに存在すること、ただ本能のままに感じること、400
万年もの長い間、森に過ごした生き物としてのヒトが求める根源を求めて、「ツ
リーハウス製作」「農(アグリ)×業(ビジネス)」「自然×学校」をキーワード
にみんなで知恵と情報を持ち寄って集まろう。

<企画概要>

 【実施期間】 平成21年1月~3月
  第1回 1月9日~11日、第2回 2月11日~13日 第3回 3月12日~14日

 【実施場所】 菊池市原1600 きくちふるさと水源交流館(旧菊池東中学校)

 【対 象 者】 
・持続可能な地域づくりに興味・関心を持ち、自らもプロデュース側になろう、
と考えている人
・ 農山漁村地域に拠点を持ち、自然環境や農業と繋がりをもってビジネス展開
したい人 
・ 循環型農業・環境保全型農業、安心安全な食のプロデュース、食とエネル
ギーの循環、自然の循環、都市と農山漁村地域のつながり作り等のテーマに強い
関心がある人
 ・創造的な生活づくりと仕事づくりに関心のある人 
にオススメです。興味ある方はどうぞ。

 【主催】 熊本県農村整備課 
 【助成】熊本県 中山間ふるさと水と土保全対策事業
 【企画・運営】 NPO法人きらり水源村、合同会社ちかけん
 【企画協力(予定)】
 元気なへき地ネットワーク、NPO法人ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク
【協力(申請予定)】 
 熊本県、菊池市、菊池農業高校、鹿本農業高校、阿蘇清峰高校、
 火の国未来づくりネットワーク、菊池市グリーンツーリズム推進会議、NICE等


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●人と地域と自然を有機的につなげ、ビジネスを創造する
    「地域再生プロデューサー」を育成!

           ★地域再生の現場に学ぶ!★

  「持続可能な地域」をデザインする実践型ワークショップ 第1期生参加者募集

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

   参加者募集説明会 12月18日(金)~3月5日(金) 随時 お声かけ下さい!

Puroduced by きらり水源村×ちかけん×ジャパン・ツリーハウス・ネットワーク

                   supported by:熊本県、菊池市(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 地域の課題を突破し、自然と調和した持続可能な発展へと導くために、起業家
精神と情熱を持って地域に飛び込み、見過ごされていた資源を元に新しいビジネ
スを生み出すことが出来る人材の活躍が社会的に求められています。

 今回、廃校を拠点に地域振興に取り組むNPO法人きらり水源村、 
  http://www.suigen.org/

 みずあかり等の空間プロデュースに取り組む合同会社ちかけん 
  http://chikaken.typepad.jp/ 

 世界初の野菜スイーツ専門店「ポタジエ」を運営する(株)イヌイ
 Treehouse製作・普及に取り組むジャパン・ツリーハウス・ネットワーク
 全国の僻地で活躍する実践者のネットワーク 元気なへき地ネットワーク
 の5者が協働し、「持続可能な地域をプロデュースするビジネスモデル創り」
の手法を学ぶ事例研究とワークショップを、3回シリーズで開催します。

 座学では、単に各団体の取り組みの紹介だけでなく、NPO法人きらり水源村と
合同会社ちかけんがナビゲーターとなり、参加者と講師陣やアドバイサー陣の活
発な議論を繋ぎます。

ワークショップでは、きくちふるさと水源交流館の館内や館外の空間プロデュー
スを行います。具体的には、間伐材を活用したツリーハウス製作や蔵を活用した
カフェ&バーの完成に向けて、参加者同士が知恵や技術やアイディアを持ち寄っ
て、創出する実践的・創造的な内容になっています。

 ★地域の埋もれた資源、使える資源をいかに見出すのか?
 ★その資源を何と繋ぎ合わせて、新たな価値を生み出すのか?
 ★地域の悪循環をどのようにして、好循環に変えていくのか?
 ★循環する地域をプロデュースするには、どんな力が必要なのか?

 などを超一級の講師・アドバイサーの皆さんと参加者の皆さんが一緒になって
考えていきたいと思っています。将来、循環型の仕事と暮らしを創造したいとい
う、意欲溢れる方の参加をお待ちしてます!

 なお、この取り組みには、熊本県地域産業担い手育成プロジェクトで「地域
リーダー」として登録されている菊池農業高校、鹿本農業高校、阿蘇清峰高校の
教員・生徒が多数参加されます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ふるさと樂校 ~グリーンライフ中学校 開催概要 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 ワークショップ第1回 】 

 ▼1月9日(土)~1月11日(月) 2泊3日 現地集合・現地解散が基本

 ・内容:
 <座学>農と農業と農的生活の違いとは?  柿沢直紀氏×奥誠司氏
 <実学>ツリーハウスになる木を選ぼう! 小林崇氏

・ 場所:熊本県菊池市「きくちふるさと水源交流館」
・ 定員:一般参加者 20名 +地域参加者 20名 +農業高校生 20名
・ 全体講師:ツリーハウス クリエーター 小林崇氏
・ ナビゲーター きらり水源村 小林和彦、合同会社ちかけん 池田親生
・ 参加費(食費込):1日につき 高校生1000円 大学生1500円、社会人2000円

<宿泊費は受付で各自が精算。大人2,625円、中高生 2,100円> 

【 ワークショップ第2回 】 

 ▼2月11日(木)~2月13日(土) 2泊3日 現地集合・現地解散が基本

 ・内容:
 <座学> 自然学校や環境教育の胎動  村上忠明氏×辻英之氏
 <夜学> 全国の元気なへき地の再生モデル 佐々木豊志氏×高野孝子氏
 <座学> エコツーリズムの今を知る  中根忍氏× 阪野真人氏
 <実学> ツリーハウスの設計をしよう 高橋素晴氏

・ 場所:熊本県菊池市「きくちふるさと水源交流館」
・ 定員:一般参加者 20名 +地域参加者 20名 +農業高校生 20名
・ 全体講師 冒険家&塩づくり職人 高橋素晴氏
・ ナビゲーター きらり水源村 小林和彦、合同会社ちかけん 池田親生
・ 参加費(食費込):1日につき 高校生1000円 大学生1500円、社会人2000円

<宿泊費は受付で各自が精算。大人2,625円、中高生 2,100円> 

【 ワークショップ第3回 】 

 ▼3月12日(金)~3月14日(日) 2泊3日 現地集合・現地解散が基本

 ・内容:
 <座学> 循環型の社会に向けての一歩  
 <夜学> ムラ×マチからツーリズムを考える 坂元英俊氏×杉本真也氏(予定)
 <実学> 蔵カフェ、fesメニューを考える! 本田節氏×中丸ひとみ氏(予定)
 <作業> ツリーハウスの下準備(間伐) 小林崇氏 ×村上正八氏(予定)

・場所:熊本県菊池市「きくちふるさと水源交流館」
・定員:一般参加者 20名 +地域参加者 20名 +農業高校生 20名
・全体講師  ap bank関係者
・ ナビゲーター きらり水源村 小林和彦、合同会社ちかけん 池田親生
・ 参加費(食費込):1日につき 高校生1000円 大学生1500円、社会人2000円
<宿泊費は受付で各自が精算。大人2,625円、中高生 2,100円> 

【申込み・問合せ】 
   NPO法人きらり水源村 ふるさと樂校 担当:小林
 〒861-1441 熊本県菊池市原1600番地 きくちふるさと水源交流館内
 電 話:0968-27-0102 FAX:0968-27-0107
 メール:kirari■suigen.org / kobakamono■hotmail.com <12/22-1/5 休暇中>


0002.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/794-f4bb4e6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。