平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主催者からのイベント案内です。

■■■ 「107+1 天国はつくるもの パート2」 菊池上映会のご案内 ■■■

皆さんこんばんわ
来週の日曜日はいかがおすごしですか?

暇な人はぜひ!
「107+1 天国はつくるもの パート2」の上映会に
足をお運びください。

主催者でよかった
今日、ディスクチェックのため夫婦二人で見ちゃいました。

いろんなことを想い出し、泣いたり笑ったり

いろんな出会い

いろんな奇跡

二人の軌跡

予告編で、いい映画になるんだろうなぁと思っちゃいましたが

今回はパート1とはまた違う、感動を味わいました。

心が感じたら、必ず動く!

きっと全国の主催者の皆さんも、今日や明日に同じ想いで
残りの一週間を過ごされるんだろうなと想いつつ

今この瞬間にできることしたいと想って、日記を書きます。

この映画の素晴らしさを

一人でもいい、ひとりでも多くの方と共有したい!

きっと、11月1日から、日本がステキになる予感がします。

先日の10月23日にも、てんつくマンが来熊してますが、
めでたい世の中になるように、楽しんで行きま笑。

いろんな想いがめぐりましたが、一言でいえないので、
http://tentsuku.com/movie2/


この映画は、観たほうがいいですよ。

暗いニュースが多い毎日ですが、

きっと明日はいい日になるな!
いやいや、いい日にしよう

あんまり、べた褒めするほうじゃないですが、
これ、観てほしいな。

11月1日、予定のあいている方も、ちょっと頑張れば
あけれる方も是非、一緒に感動を味わいましょう!!

今回の映画にも登場する、TEAMGOGO、豪快な号外でつながりあった
素晴らしい方たちが今回も企画してくださっています。
そんな、笑顔のステキな主催者、スタッフのみなさんとも
是非お会いしていただきたいです。

熊本県内、4地域の上映情報です。
(各会場ともに、定員がありますので、直接、各会場のスタッフの方にご連絡ください)









まずは、私達夫婦主催の、菊池市から
熊本市内からは少し遠いですが、

会場である「きくちふるさと水源交流館」でのお食事を、
事前予約で、800円と言っていたランチが
何と!!500円で、おすすめメニューが食べられるそうです。

事前の予約がなくても、ある程度は対応できるとのことでした。

直前までランチの予定が立たない方でも、早めについた時は
おいしい地元産の食材をお楽しみくださいね。

食べたい!って方は、私宛にメッセージ頂けたら嬉しいです。

会場はバリアフリー対応です。

お子さんとご一緒のご来場も大歓迎です。

託児はありませんが、子供が遊べる別室を
つくることにしました。
我が家の4人の子供たちも、映画そっちのけで遊んでると思います。
お子さんの人数が把握できていると助かりますので、
よろしければ、連絡いただけると嬉しいです。

以下、菊池市上映情報詳細(転載、告知大歓迎です。)


11月1日 日曜日
場所:きくちふるさと水源交流館(きらり水源村)
http://www.suigen.org/

12:00 開場
13:30 てんつくマン監督コメント映像 (17分)
14:00~映画上映開始~16:00 上映終了
16:00てんつくマン監督コメント映像(20分)

本編のスタート時刻は、日本全国動時上映となっています。

定員:先着50名様

前売り:大人 1,000円、中学生以下 500円
当日 :大人 1,500円、中学生以下 800円
幼児は無料
開場の都合上、先着50名のため当日は
お断りする場合がありますので、
お早めにご連絡ください。

会場はバリアフリー対応です。

お子さんとご一緒のご来場も大歓迎です。

託児はありませんが、子供が遊べる別室をご用意しました。
お子さんの人数が把握できていると助かりますので、
よろしければ、連絡いただけると嬉しいです。


菊池市での上映会の予約・お問い合わせ

みとり よしひろ
090-5735-6677
mitori-yoshi(at)ezweb.ne.jp(@に変えてください)


あと、お茶を用意するので、マイカップ持参でおこしください。

時間があるかたは、ゆっくりと自然を満喫してもらえたらなあと
思ってます。
前日からの泊り込みも、予約が空いていたら可能だそうです。

料理、宿泊のご予約お問い合わせ:
きくちふるさと水源交流館(きらり水源村)
http://www.suigen.org/
電話:0968(27)0102

Apバンクフェスに毎年参加するような、意外と面白い側面を持つ
場所です。木造の中学校を改装した何故か懐かしく感じる場所です。

場所が詳しくわからない方の為に、集合場所などを考えています。
会場までの、道案内が必要な方はお気軽にご連絡ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/791-ab133b13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。