平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/2 (土) 九州 食の文化祭の集い

なかなか一堂に会すことのない、
   聞くことのできないハナシが聞けますよ。

前回の「ふるさと食の樂校」は、対象が「お姉ちゃん~お母さん世代」、
  今回の「食の文化祭の集い」は「おっかさん~おばあちゃん世代」

前回は「驚くハナシ、気づきのハナシ」
  今回は「感動のハナシ、涙のハナシ」になりますよぉ。。。。

□■2/2 九州 食の文化祭の集い■□
~食の自治から 暮らしの自治へ~
 
 各家庭で普段食べている料理を持ち寄り、展示したのちに皆で食べあう
「食の文化祭」(家庭料理大集合)が九州各地で盛んになってきた。
 地域の食材や食べ物に込められた思いを、仲間と分かち合うこの催しは、
お金や名誉で買えない暮らしの価値を再確認する場となっている。 
 九州各地の「食の文化祭」実践者が集まり、コンクール形式でない、
 それぞれの地域性をもった「食の文化祭」の事例発表をすることで、
各地の食育推進に弾みと彩りをつけて、「食と天気を西から変える」。

1. 日時 平成20年2月2日(土)14:00~19:00
      ■タイムスケジュール■
14:00  開会  (13:30  受付開始)
14:10  基調講演「広がる食の文化祭 その根っこは?」
     講師:森千鶴子(森の新聞社)
16:00  実践報告 各地の食の文化祭 実践者による発表  
   1、鹿児島県霧島市  「霧島食の文化祭」 
        事例報告:NPO法人霧島食育研究会代表 千葉しのぶ氏
   2、宮崎県 高千穂町 「高千穂のこびる発表会」「高千穂食の文化祭」
        事例報告:高千穂町役場 工藤久生氏
   3、熊本県 菊池市  「水源食の文化祭」「菊池女子高校弁当の日」
        事例報告:NPO法人きらり水源村 事務局長 小林和彦
              菊池女子高校 3年生 松原美夏氏
17:30  九州農政局の取り組み発表(食事バランスガイド、教育ファーム)
18:00  交流会  *きらり水源村正会員・食の文化祭出展者は招待

2. 場 所 きくちふるさと水源交流館 食堂棟 交流室
3. 参加費  無料  (交流会費 1000円)
4. 定 員  60名
5. 実施
   主催:NPO法人きらり水源村、食育シンポジウム協議会 
   共催:食を考える国民会議
   実施協力:森の新聞社、NPO法人霧島食育研究会、NPO法人天岩戸自
然学校
6.申込・お問合せ  NPO法人きらり水源村      
 電話:0968-23-4011 
 FAX:0968-27-0107 
 e-mail:kirari@suigen.org 

*『ふるさと食の樂校』は「平成19年度地域段階におけるシンポジウム助成事
業」 優良事例発表会として実施します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/722-72151e14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。