平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州環境クラスター大学とえこふぁーむ

9月12日(水)九州環境クラスター大学
講義5(10:40~12:10)
20070913173611.jpg


『鹿児島の挑戦者~地域課題 解決型ビジネスと支援ネットワーク形成』
 ・(有)えこふぁーむ専務取締役 中村えいこ
 ・未来バンク理事長 ap bank監事 田中 優

場所:国民宿舎レインボー桜島 
主催: 九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)

 上の講義に、主催者にお願いして 拝聴させてもらいました。

 一緒に行ったのは、ap bank fes 07参加に ドライバーとしても活躍してくれたI君、そして、鹿児島に移住して頑張るS君。

  要点をかいつまんで紹介
 ・『ap bank』と『ap bank fes』と『融資』と『持続可能な社会』の関係性
 ・ゴミを資源に、考え方&発想の転換で変えてゆく取り組み
 ・まちおこしはバケツの穴をふさぐ活動から。「稼ぐ」から「まわす」
 ・エコロジー住宅で、木材の小さな滝利用。しして、バージン資源税導入
 ・省エネ・リサイクルで エコに 賢く 楽しく 金儲け

 最終的に、人の意識が 「欲」も含めて ここちよく 無理せず 変わってゆくための装置づくりのお話が中心でした。

 講演の後、桜島を眺めながら昼食を食べ、えこふぁーむの視察へ。

 今年、グリーンツーリズム→エコツーリズム・フードツーリズムへ。
  という展開のもと、活動を展開する中で、フードは展開してきましたが、エコの方は準備段階にあったため、ヒントをもらいに行ってきました。
 
  1年前は距離も遠くて山奥にあった養育施設
   それが人里に近い場所に移動。。。
 払い下げ施設跡地を活用した黒豚くんの養育施設。

  黒豚の放牧場も 人里に近い 里山に移動
   山奥じゃなく  人の目に触れる場に、、。

  変人のする 変テコな活動=エコでなく、
   善人のする ステキな活動=エコへ、、。

  荒れた山が放牧地となり、実のなる木の園へ。
    働く場として、エコを研究する場として、
      体験する場、学習する場として ステキな場でした。

 時代の流れ、地域の人々の変化を感じた視察となりました。
20070913173640.jpg

20070913173650.jpg

20070913173703.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/638-5e26b62c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。