平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験メニュー(案)

 今夏のクラスキャンプ等の受け入れを通して、今後のきくちふるさと水源交流館で対応可能な体験活動を準備し始めております。
 10月から整備できるように、準備を進めますので、関係者の皆様は、ご助言やご指導を宜しくお願いします。

【対応人数】(引率者をふくむ) 最大100名
【指導方法】 地域のきらりびと登録者(体験指導者)の指導による
【体験できる農林水産体験の内容】

A. 川探検・・・菊池川の澄んだ水と戯れ、水辺の観察や水棲生物の観察を行います。水質検査や指標生物の検査を行い、市街地や河口との汚水状況を比べることもできます。

B. 源流探検・・・菊池渓谷の源流部に向けて、ライフジャケットをつけてシャワークライミングもできる冒険的な体験ができます。

C. 星座観察・・・中山間地ならではの満天の星空を楽しみ、季節の星座について学びます。街明かりから離れ、静かな場所で夜空を眺めることで、宇宙の偉大さに触れます。

D. ポストカードづくり・・・紙を雑草と牛乳パックから作ります。季節の葉や花を添えた、手作りのポストカードを作りながらリサイクルの方法を学びます。

E. 竹をつかう、遊ぶ・・・竹を使って、調理をしたり遊び道具を作ります。火の扱い方や道具の使用方法を学び、野外活動の知識を深めます。(バームクーヘン、スネークパン、竹ごはん、竹笛づくり、竹鉄砲、竹箒、竹串、竹飾り、竹竿、正月飾り、七夕飾り)

F. ネイチャーゲーム・・・五感をいっぱいに使って、心と体で直接自然を体験するために開発されたプログラムです。ゲーム感覚の様々なアクティビティによって、大人から子供まで自然を分かち合い、人間が自然の一部であるという気づきを促します。

G. 木工作・・・自然物(木材・小枝・葉っぱ等)を材料にした木工作を体験し、「自然の恵み」への気づき、創造性を育みます。

H. かづら細工・・・森を歩きながら、つる植物の生態や手入れについて学びます。つるあみを通して、森の恵みの素晴らしさや自然と共存することの大切さを学びます。

I. 牧場と畜産体験・・・近くにある「木佐木牧場」や「やまあい村」を中心に、動物との触れ合いを通して「いただきます」の意味を考え、飼育体験を実施します。

J. 動物昆虫観察・・・菊池水源に住む生き物の痕跡や、昆虫をじっくりと観察します。その生態や生活環境について調べ、学ぶことで、新たな興味や発見を促します。運がよければ、ウサギ、タヌキ、リス、イタチ、イノシシなどに出会えるかもしれません。

K. 里山体験・・・茅葺かやぶき屋根や、囲炉裏いろりの残る家、炭焼き小屋や棚田など、水源にはまだまだ昔ながらの風景が残っています。散策をしながらこの風景に触れ、自然とともに暮らしてきた里山の知恵を学びます

L. 植物観察・・・森や集落に出かけ、人々の生活と密接にかかわってきた植物を観察します。ネイチャーゲームや草花遊びなどを通して、その植物の特性についても楽しく学び、鋭い観察力と様々な角度から物事を捉える力を身につけます。

M. 郷土料理体験・・・山で採れるものを生かした水源ならではの料理を、地元の方に教わりながら作ります。

N. そば打ち体験・・・そばの実を石臼で挽き、そば粉からそばを打つことにより、自ら作ることの難しさや食の大切さを学びます。また、そばの特性を知るとともに里山文化に触れることができます。

O. わら細工・・・地元の方に教わりながら、縄ないから草履まで、レベルに合わせて様々な作品を作ります。わら細工が生活にどのように関わってきたのかというお話も聞くことができます。

P. パンとピザ焼き体験・・・水車小屋で挽いた地元産の無農薬小麦を使って、パンやピザの生地を練り上げ、トッピングには季節の食材をのせ、石釜を使って焼き上げます。

Q. 森の手入れ体験・・・間伐や枝打ち、下草刈などの林務体験を通して、人間と森とのかかわり、森の現状を学びます。

R. シイタケ栽培体験・・・3年間かけてできるシイタケの栽培を勉強します。原木の伐採、伏せこみ、収穫までの工程が体験できます。

S. 森の秘密基地づくり・・・間伐材や森にある様々な材料を使って、秘密基地を作ります。

T. ゴミとリサイクル・・・私たちの日常生活から出されているゴミの行方(処理方法、再利用方法等)について知ることで、最も身近なところから環境問題に取り組むきっかけづくりをします。

U. 草木染め体験・・・季節の草花を使って草木染を体験します。少しの条件の違いで色を変える植物の神秘に触れながら、自然と関わろうとする気持ちを芽生えさせます。また周りの自然を上手に利用しながら生活してきた人間の知恵も学びます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/634-c499d7f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。