平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の感謝祭 9月23日(日)秋分

 国際ボランティアによる森づくりのメンバーがお世話になった、木護の正木高志さんの主宰するアンナプルナ農園に、昨日は行ってきました。
 9月23日(日)にされる『森の感謝祭』を紹介します。
 4年前に寄贈いただいた『木を植えましょう』や昨日頂いた『空とぶブッダ』も読破しましたが、近くにこういった方がいらっしゃるのも、活動を続けていく上で、勇気づけられます。

 森の感謝祭は 森のおかあさんありがとう
  水の神さまありがとう  火の神さまありがとう
自然の恵みをいつもありがとう と感謝するお祭です。

森の感謝祭 9月23日(日)秋分 
祈り 12:00~
祭り 14:00~22:00

場所、アンナプルナ農園

前売り ¥2500 当日¥3000 
(中高生¥1000 当日¥1500 こども無料)
*チケット発売中 詳しくは↓

☆出演 
*真砂秀朗  *サヨコオトナラ  *内田ボブ   
*長沢哲夫  *ミナル      *九州ジェンベクラブ 
*正木高志&チコラビ

*****************************

☆チケットはご住所、電話番号、枚数をお書きの上tel、fax、mailでお申し込みいただけます。
郵便振り替えでご送金下さい。確認後チケットを郵送させていただきます。
振り込み先(加入者名)アンナプルナ農園 
(口座番号)01950-7-10678

☆チケット取り扱い
*アンナプルナ農園     0968-27-0212
*ラブランド        096-362-4130
*Wassa Wassa(ワサワサ)  096-212-6131
*ココペリ         096-329-3857
*PEMA          090-8355-0217

*****************************
☆フリーマーケット募集しています。みんなで地球人の市場を開きましょう。
楽しいお店、美味しいお店、古着屋さん、色んなお店待ってま~す。出店料¥1000 要予約です。

* myハシ、myカップ歓迎。

*キャンプできます。野外の夜は冷えます。
防寒具をお忘れなく。
*近くに素泊まりロッジあり。 寝具はご持参ください。
 一泊千円。要予約。(正木まで)

*雨天の場合アンナプルナ農園  母屋にてお祭りします。


*****************************

プロフィール

内田ボブ
 長野県大鹿村の百姓シンガーソングライター。15歳の時に旅に出、世界を回り歌う。西表島で水牛と共に10年生活。

ナーガ(長沢哲夫) 詩の朗読
 活火山の諏訪の瀬島で漁を主に家族で島暮らし。時々、詩の言葉がやってくるとつかまえ書きとめ詩を作っている。

真砂 秀朗 ネイティブフルート奏者
 独自の音楽表現と共にヴィジュアルアートにおいて 創作活動をしている「絵と音」のアーティスト。 世界各地のネイティブカルチャーへの旅の体験と印象から、 自然と折りあう人々の原点にある感覚を多くの絵や音の新たな イメージとして生み出し、幅広く様々なメディアに提供している。旅の延長として谷津田での稲作を始めて7年、それは新たな表現を生んでいる。

サヨコオトナラ
 女性newバンド「ゼルダ」の歌い手として活動後、パワフルで不思議な歌声で、活躍するイノチの世界を歌う、サヨコ(うた)、幻のカリスマバンド「じゃがたら」で人々を踊らせた、地球音楽探検家、OTO(ギター)、アフリカ、レゲエ、奄美島唄など、ジャンルを飛び越えてあるがままにうねりをつくりだす、ジンベたたきの奈良大介(アフリカンタイコ)、この3人が母体となって生まれたのが、その名もずばり、サヨコオトナラです。

ミナル  
 8歳よりお神楽「安浦の舞」を学び奉納に参加する。10歳より日本舞踊を習い17歳で 名取り。16歳より様々なダンスを学び、20歳すぎた頃に即興で踊りはじめる。 大和三山でのお祭、猿田彦神社の聖地巡礼など各地の聖地、神社仏閣の縁で舞を奉納し ている。今回は森の〈アースダンスワークショップ〉大地の上で身体を動かそう♪

九州ジェンベクラブ
 西アフリカの伝統楽器ジェンベの音に魅了された代表、村本大の指導のもとに発足した 長崎、佐世保、佐賀、人吉のジェンベクラブをはじめ、九州各県にジェンベクラブが 存在しそれぞれのイベントに「九州ジャンベクラブ」となって出演しています。

正木高志&チコ・ラビ
 チコはお花と鳥と歌うことが大好きなアンナプルナの農園主。
 無農薬で緑茶を育てています。ラビはグランディングとアートそして ニューメディア9を融合した地球人としての森の生き方〈Art of Life〉を生み出そうとしている。「木を植えましょう」「空とぶブッダ」の 著者である正木高志は出雲から六ヶ所村まで3ヶ月の平和巡礼〈walk9〉を歩いた。次は9aidです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/612-78f52ddb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。