平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿まわし:村崎修二さん

 人形劇団ひとみ座の公演の打ち合わせが火曜日にあり、
12月6日 菊池市文化会館での公演
12月7日 きくちふるさと水源交流館でのワークショップ
 の準備を進めております。
http://hitomiza.jp/ 作品 ズッコケ3人組

 その翌日、休館日である昨日、
 ひかり保育園で猿まわしの公演を急遽、企画しました。
20070614091920.jpg

20070614091908.jpg

20070614091859.jpg

20070614091849.jpg


 その模様は写真でご覧ください。
 ちょうど1年前、鹿児島の調教型の猿まわしが来られていたようで、
村崎さんのお友達や家族のように接する猿まわしの芸に、子育てや保育士としての子どもへの接し方など示唆に富んだ話に発展していました。

 昨晩は、阿蘇フォークスクールの視察研修があり、一芸に富んだ皆さんとの懇親会は、とっても芸術性の高い、幸せ度の高い交流会になりました。

【村崎修二さん プロフィール】
1947年 山口県生まれ。
1965年 舞台芸術学院18期生
1968年 部落解放運動の正常化(利権や暴力の否定)のたたかいに参加
1970年 小沢昭一氏の来訪を期に、猿回しの発掘調査活動を始める
1977年 民俗学者、宮本常一氏に師事し、本格的に猿回しの復興に着手。
「周防猿回しの会」を発足
1981年 「周防猿回しの会」から独立し、「猿舞座」を設立

著書に『花猿誕生』(清風堂書店、1986年)。村崎修二の旅をルポした『猿曳き参上』(香月洋一郎・佐藤佳子編著、平凡社、1991年)。村崎修二と宮本常一のかかわりについては佐野眞一『旅する巨人』(文藝春秋)が紹介している。
現在、村崎修二は猿回しの旅を少し減らして、フォークシンガーとしての活動を始めた。ともやさんとジョイントすることもある。
スポンサーサイト

コメント

私は愛媛県松山市でNPO法人 同和問題を考える市民の会という団体で、人権に関する活動しています。そこで、村崎修二さんの講演会開催を考えていて、連絡先を知っていたら教えてほしいと思いメールしました。
できれば、早く連絡くだされば、幸いです。
携帯 08063946924

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/542-5c233d03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。