平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】1/21 理事会 年度総括

 今年度はこれまで2年間と比べ、飛躍と年となりました。理事会では、以下の4点で平成18年度の成果として討議されました。

1、きくちふるさと水源交流館 北側校舎群の改修が成った。
 →地域を中心とした協議会、こどもあーと、菊池市の協働の6年間の歴史・努力の積み重ねの成果である。
 →宿泊棟・食堂棟・浴室棟が整備され、体験活動施設として、宿泊・食事対応が可能になった。
 →区長・役員を中心に、改修プロジェクト→開設準備室の月2回の話し合いを重ねた結果である。
2、NPO法人きらり水源村が、菊池市から指定管理者制度を受託
 →昨年までの施設維持管理業務の委託契約から、4月1日に企画運営業務も含めた委託契約に移行した。
 →9月1日から指定管理者契約を結び、2年半の委託契約が成った。
3、NPO法人きらり水源村 専従職員の雇用を開始 
 →九州沖縄子ども文化芸術協会の出向から、NPO法人きらり水源村の専従職員(小林・宮原)
 →4月:小林(企画)宮原(財政)、6月:遠藤(支配人)、9月:小鷹(受付)、11月:溝口(厨房)
4、主幹事業から多様な事業へ発展
 →3-4年目の事業:おいしい村づくり、子ども村、きらり神楽教室、国際中期ワークキャンプ、資源調査
 →1-2年目の事業:子どもの広場、食の文化祭、食の樂校、聞き書き調査、森のようちえん、水環境調査

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/438-aec5a480
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。