平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】第5回 ふるさと食の樂校

 講師に人吉・ひまわり亭の本田節さんを迎え、今回も 深~く 確かな学びを 得られました。

~ ヒトとヒト ヒトとモノ フード・ツーリズム(食/風土)の原点を探りましょう ~

20070121131051.jpg

 
 ●建物は昔の豪農のお屋敷

 人吉市、球磨川河畔に、築120年の古民家を移築した風情あるたたずまいの農村レストラン「ひまわり亭」があります。経営するのは、「人吉にこの女性あり」といわれる、本田節さんを中心としたひまわりグループ。本田さんは、郷土料理研究家でもある女性です。

20070121131156.jpg


●交流とボランティアを楽しむ

  結婚後、建築設計事務所経営の夫の仕事を手伝っていた本田さん。あるとき、若い経営者や町おこしグループとの交流の楽しさに目覚めた本田さんは、自らも仲間の女性たちと「ひまわりグループ」を結成、郷土料理を勉強したり、お年寄りに弁当を宅配するボランティア活動をはじめました。そんなとき、乳がんを煩い、1年間の苦しい療養生活を強いられた本田さん、しかし、彼女はただでは起きあがりません。本田さんがつかんだもの、それは「命と食の大切さ」でした。

●ある「出会い」が人生を変えた

 1993年、本田さんは人吉市で開催された「第3回九州女性サミット」の実行委員長を務め、市房漬で有名な湯前町下村婦人会代表・山北幸さんと出会います。山北さんはそのとき80歳。彼女の人柄に触れた本田さんは「人生観が変わった」といいます。「私もこんなすてきな歳の重ね方をしたいと思ったんです」。

20070121131418.jpg


 そして1998年、「ひまわり亭」をオープンさせました。郷土の伝統的な食文化を提供し、同時に女性たちのさまざまな活動や交流の拠点ともなる場です。「安心・安全」な食材に徹底的にこだわるのは命の大切さを実感した本田さんならでは。15名の女性スタッフのうち10名が60歳以上です。「お年寄りの経験や知恵、技はかけがえのないもの。それに敬意を表し生き甲斐を提供するのが私の役目です」。
 「起業」とは業を起こすのでなく、それによって自分も地域も起こされなければならない、そんな本田さんの持論がみごとに体現された「ひまわり亭」。視察や交流の客など年間5万人が全国から訪れ、いつもにぎわいを見せています。

 さらに詳しいレポートは、テープ起こしの後にアップします。

 夕食を兼ねた懇親会と、野菜部の今年度の作付計画を考えるための勉強会が開かれました。菊池地域振興局 農業普及指導課から 深田さんを迎えて、熱心に初心者から農業50年のベテランまで相混じり、勉強することができました。

20070121131447.jpg


<本日の夕食メニュー:各人に取り分けられたもの>
20070121131504.jpg


<バイキング方式で、自由にとって良い品 全7品>
20070121131518.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/432-70a8cb31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。