平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】ブータン音楽家 ジグメ・ドゥッパさん

20061115163454.jpg

 水源小学校に現代ブータンを代表する音楽家:ジグメ・ドゥッパ Jigme Drukpa(ブータン)を迎えて、『GNH:豊かさって何だろう?~おはなしと音楽と踊りの交流~』をしました。
20061115163504.jpg



 前日は、熊本市のYMCA会館で「ナマケモノ倶楽部」http://www.sloth.gr.jp/ の提唱するGNHキャンペーンの一環が実施され、その足で昨夜のうちに菊池温泉に浸かって、疲れを癒し、星空と静寂に包まれた我が家にお迎えしたところ。
 「ここはブータンかと思った、、。」というのが朝一番のコメントでした。それほど、ここ水源とブータンの風景や時間の流れは似ているのかもしれません。

 今回のキャンペーンは、以下のような趣旨で実施されています。
 そのキャンペーンの合間を縫っての、唯一の学校訪問をしていただきました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 確かに、いまの日本にはお金もあれば、モノもたくさん溢れてる。
でもね、物質的な富って豊かさのモノサシのひとつに過ぎないのかもしれない。
 お金やモノはそんなにたくさんないけれど、笑顔や安心、友人に囲まれた暮らし。そんな暮らしって素敵だなあ。
 ブータンではGNH(国民総幸福度)という考え方をしているらしいよ。
 そんな考え方を音楽や踊りも交えて紹介してもらおう!
20061115163513.jpg



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

○ジグメ・ドゥッパ Jigme Drukpa(ブータン)
 現代ブータンを代表する音楽家、音楽人類学者。歌手、またドラニェンや笛など数々の楽器の演奏者として活躍する他、王立パフォーマンスアート・アカデミー(RAPA)副校長として伝統芸能の保護と後継者の育成にあたる。ヨーロッパ各地、米国、カナダ、タイ、インドなどでの公演多数。2005年には愛知万博の「ブータン・デー」に楽団と舞踊団を率いて来日した。近年の研究テーマは「GNH」と音楽とのつながり。
20061115163526.jpg



【ジグメさんと過ごした感想】
 この2日間で、現代日本が置き去りにしてきたものを、改めて感じることのできました。経済的や物質的豊かさも必要、でも一方で忘れられつつある「精神的、文化的な豊かさを、次の世代がどのように創り出していったらいいのか?」 
 そのジグメさんの直接的な子ども達への問いかけに、子ども達の真剣な反応と多くの質問がメッセージを少なからず受け取っているな、と感じることができました。

 今回の訪問に際し、ナマケモノ倶楽部の事務局長 馬場直子さん、八代の二見孝一さん、フェアトレード関係者の皆さんの努力で実現できたことに感謝します。

20061115163553.jpg

スポンサーサイト

コメント

ありがとうございました

昨日は、親子ともどもお世話になりました。水源小学校いいね!あれくらいの規模って理想かもしれないね!コバちゃんの卓抜なる事務局手腕もあって菊池は随分と面白いところになっているんだなとの感あり!また色々声かけてください!三度目の訪問で随分と近くに感じるようになりました。これからもヨロシク!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/389-ea4365e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。