平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【案内】ブータンからのお客さん

 ☆★水源小学校での交流学習(国際理解)★☆

 これまでも韓国の伝統音楽や舞踊に触れ、NICEとの交流を通じて様々な国籍の人たちと出会ってきた水源小学校のみんなが、今回も楽しい出会いを楽しみます。

日時:11月15日(水)1校時、2校時
場所:水源小学校 体育館
目的:国際理解教育の一環として、ブータンの音楽を鑑賞し、異文化交流を経験する機会とする
内容:ブータンの伝統音楽の演奏とブータンについてのお話
  演者:ジグメ・ドゥッパさん(音楽家、音楽人類学者)
①体育館集合
②あいさつ(学校長より)
③アイスブレイク(NICE参加者より)
④演者の紹介、キャンペーンの紹介(交流館より)
⑤演奏、ブータンについてのお話
⑥児童より質疑応答
⑦児童会よりお礼の言葉

その他
・簡単な感想や手紙などを書いて後日渡すようにする
・1,2年は生活科、3年以上は総合学習の時間


 この背景には、以下のような全国的なキャンペーンが展開されております。興味ある方は、「続きを読む」にて、、。

happiness happiness happiness happiness happiness happiness

        G N H キ ャ ン ペ ー ン 2006
        ~ 「 豊 か さ 」 を 問 い 直 す
        http://www.sloth.gr.jp/GNH.htm

happiness happiness happiness happiness happiness happiness


高いGNPを誇る「豊かな国」ニッポン。
しかし、その「豊かさ」は、生態系や地域文化の破壊、
格差の拡大、人間関係の悪化など、あまりにも多くの
犠牲を伴う、不安定で脆いものだということが明らか
になってきているのではないでしょうか。
それとは異なる、フェアで持続可能な社会のあり方や、
安らかで心豊かな生き方を模索する時、ブータン国王
の提案したGNH(国民総幸福)という言葉が、
ひとつの手がかりになるはずです。

GNH思想の故郷でもあるヒマラヤの小国ブータン、
自然豊かなカナダ先住民島、持続可能な生活文化
モデルの発信地オーストラリアから素敵なゲストを
お招きして、語り、描き、歌い、出会いを通じて
GNPやGDPでは計れない「本当の豊かさ」に
ついて一緒に考えてみませんか?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

■キャンペーン期間:11月9日~18日

■メインゲスト:http://www.sloth.gr.jp/GNH-guest.htm
 *ジグメ・ドゥッパ・・・現代ブータンを代表する音楽家、
              音楽人類学者。
 *ペマ・ギャルポ・・・ブータンの自然や文化を紹介する
              ツアーオーガナイザー。
 *マイケル・ニコル・ヤグラナス・・・カナダ北西海岸の
                      先住民族ハイダの芸術家。
 *アンニャ・ライト・・・環境活動家、シンガーソングライター。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/386-fe7befd3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。