平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】 ☆森の樂校☆ ~木育をすすめよう~

 九州で初めての【木育活動】「第1回 森の楽校」を開催しました。

 きくちふるさと水源交流館に50数名の子どもからお年寄りが集まり、裏山の竹林整備と竹炭焼き、竹細工や竹工芸の一環としてスター★ドーム作りをしました。     
 今回は、(財)国土緑化推進機構「NPO創造的森林づくり支援事業」と(財)日本財団「森林・竹林整備や里地・里山の保全」の助成を受けての実施となりました。

 セルビア、ロシア、韓国、アメリカの青年も一緒に、3日の朝9時から竹林の伐採、午後から夕方にかけて続々と参加者も集合し、竹炭づくり準備(70cmに切って、割って窯に入れるまで)と竹のブランコづくりも楽しみながら、時間は過ぎました。


 夕食は、ワークキャンプ参加者の宿に舞台を移してのBBQ交流会。語りつくせぬオモイを持って集まった交流会は、温泉に入りにいった後も続きました。

 4日は3班に別れ、①裏山の竹林伐採作業、②竹炭づくり(炭焼き窯に移動して、窯に火入れ作業、翌日まで続くオールナイトワーク)、③スター★ドーム作り、思い思いに時間を過ごしました。
 作業で汗をかいたので、温泉に入り、夕食を食べ、NICE、中期ワークキャンプ、きらり水源村のスライドショーを次々に見ました。

 9時からがメインイベント:森のようちえん準備会 「アイディア交換&話し合い」 が行われ、前回ブログで紹介したように、様々な意見が飛び交いました。

 5日は 1班:木を植えましょう(龍門ダムにて植樹祭に参加)、2班:炭焼きの続きと竹細工 に別れて、昼食を食べた後の解散となりました。

 内容が盛りだくさん過ぎたため、スケジュールがタイトだったこと、又、人の出入りも激しかったため、プログラム運営上の難しさも多々ありましたが、第1回目としては非常に有意義な開催で終われました。

 ご協力いただきました皆さんに、此の場を借りてお礼申し上げます。20061108130358.jpg

20061108130743.jpg

20061108130752.jpg

20061108130805.jpg

20061108130819.jpg

20061108130829.jpg

20061108130838.jpg

20061108130851.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/381-0e681ca8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。