平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】くまもと 国際グリーンツーリズム シンポジウム

 表題のシンポジウムに研修のため、理事、事務局、女性部、監事、市担当課の総勢13名で参加してきました。
20061108133327.jpg


 まず、基調講演で、イギリスでB&B形式の農家民宿に取り組まれている方の実例紹介がありました。
 小さな農村で取り組もうとした背景やどのようにして徐々にお客さんを増やしていく工夫や行政やネットワークとの繋がりの中での協働のあり方、等 示唆に富んだお話でした。
20061108133344.jpg



20061108133409.jpg


 次に、パネリスト4名とコーディネーターの方のパネルディスカッションがありました。
 海外在住の研究者からの視点、企業的立場で都市と農村を繋げる仕掛け人の視点、GT先進地の行政職員の視点、農村女性で企業家の視点とバラエティーに富んだお話を聞くことができました。

 話の中身は、理事会や開設準備室などで、紹介する事柄や取り組んでいこうとする内容を裏付け、応援して頂く様なメッセージが多かった、と理事・監事の感想でした。

 その後、場所を移しての『食の大祭典』
20061108133440.jpg


 人吉球磨の食と農の底チカラを垣間見る舞台となりました。
 筆舌に尽くしがたい感動を呼び起こす、ステキな演出と料理の品々でした。そこに存在する誰もが美味しそうな食べ物を前に、ステキな演出を前に、笑顔に、そして会話も弾む、そんな食卓でした。
20061108133427.jpg


 研修を受け、参加したみんなで帰りのバスで総括したところ、
『12月24日(日)の開館記念パーティーに向けてのイメージができたねーー』と声を揃えてました。
『次のステージに、きらり水源村も進んでいくんだねぇ、、』という実感も伴った そんな視察研修でした

 市担当課の配慮でマイクロバスを借用しての研修は、今回で2回目。毎回、こういった研修の最後にみんなで感想を共有することで、全体での学びが深まっていくことができます。ご配慮ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/380-9f350c65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。