平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農山漁村に移り住むこと

昨日、数週間前の日経新聞に以下の記事があった。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
都市部在住で「農村や山村、漁村に住みたい」との願望がある人が20.6%と2割を超え、性別・年代別では50代男性が38.2%で最も多いそうです。実際に住むために必要な条件としては、医療機関の整備(43.8%)や安価な家屋・土地(43.3%)、居住地決定のための情報(41.3%)などだそうです。
(引用:「都市と農山漁村の共生・対流に関する世論調査、内閣府、2006年2月18日)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

  前の仕事も今の仕事も、都市と農村の交流には違いなく、感覚的に都市住民の多くが田舎を目指す、そんな風には感じていた。
 ただ、それを分析したり、理論立てたりは学者がすればいいことで、自分は自分の思うまま、やりたいことを多少の遠慮はありながら、突き進んできて、こうなった。
 でも、ここ最近、なんだか知らないけど、ちゃんと把握しておく必要があるかなぁ、と思い出している。

 『田舎暮らしは実現できるか?』

 答えは、『できる!』と自信をもって、、。

都会のストレス? もしくは、ふるさと回帰からでしょうか? 
2割という数字はこれからもきっと増えていくのでしょう。

 でも、どこの田舎を走り回っても、「う~ん、ここに家を建てたい、住みたい」とココロの底から思える場所は、ほとんどないように思えます。生活環境や景観という観点からみると、かなりの田舎は荒れ果てています。

 そう、住みたいという都市住民のニーズはありながら、受け入れ側の田舎の準備がなされてないのが実情です。

 農村地域でありながら、多くの山や畑が放棄され、ムラのほとんどの若い衆が街や市内まで働きに出ています。
 狭い道路ではダンプが走り回り、歩いている人も登下校の子どもか農作業に向かうおばあちゃんくらいという状況。

 数世代先まで貫き通す『ムラ社会全体のデザイン『、それに『住居空間整備計画』が必要ではないか? と 最近は夜な夜な考えている。

 「住めば都」というように、決断をしてしまえば、地域に入らざるをえなくなり、入ってゆくこと自体は可能と思うけど、
魅力的な集落づくり、持続的な地域産業がなければ、都市居住者のニーズを受け入れていくのは、とても難しい。

 ヨーロッパでも特に、フランスやドイツ、東欧諸国の農村地域を巡っていたときに感じた、厳しい許可制度の下での、個人の家の立派さよりも、ムラとしての住みやすさの追求志向が、今この時期の日本の農村には必要だと感じます。

 農村のひと資源・地域資源・自然資源を活かしながら、都会の人々を受け入れていく農村独自のスタイルを模索し、ムラの新しい生活空間をデザインする。
 そのようなミニマム・デザイン(小さな計画)が、今後の日本経済を支える、日本人の心身の健康を支える、日本のオリジナリティ&アイデンティティーを示すのでしょう。
 だから、センスのない農村の都市化だけは、絶対に避けなければならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/tb.php/219-74aa7d63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。