平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たち、「きらり水源村」のこと


「きらり水源村」は地域の普通のおじさん、おばさんのつくったNPOです。

「いつまでも住んでいたいなあ、、。」「はじめて来たけど、なぜか懐かしいなぁ、、。」という懐かしい未来志向のムラをつくろうとしています。ここに住んできた人とひょんな縁からここに住むことになった人たちが活動を支えています。自分の住んでいる地域でまちづくりを実践していくことは難しいことでもあります。しかし、「このままではラチがあかん」と思った人々は自ら行動し、そしてその行動と結果を残すことで、自分の周りの人を少しずつ変化させていきました。
 
また、私たちは次代を担う子ども達と一緒に行う活動を続けてきました。地域が主体となり、旧校舎跡地を使って「水源子どもの広場」「水源子ども村」「おいしい村づくり」「きらり神楽教室」を開催しています。そして、子ども達に関する活動をきっかけとして、まちづくりに参加しにくい20歳代や30歳代の人も活動に関わってきています。少しずつ活動が『他人事』から『我が事』として実感して理解して協力するようになってきました。

 Think Globally Act Locally「世界をみつめ考えながら地域の活動、足元の活動からはじめよう」という合言葉があります。

 経済や情報のグローバル化が進んだ今こそ、「本物」「本音」「本気」を実感できる活動の場が必要です。そして、その主役には、そこに住む地域住民がなるべきです。自ら調べ、自ら考え、自ら行動する。地域のおばあちゃん・おじいちゃんが先頭に立って活躍する「きらり水源村」の活動は、そういった意味で非常に価値があると思っています。

 私たちの活動の特徴は、集落住民が全戸参加していること。地域に根差していること。校区コミュニティで展開していること。交流・対流を積極的に促進していること。収益活動と公益活動を併せ持つこと。持続可能な地域経営を目指していることです。

 地球温暖化・食糧危機・エネルギー問題等の悲観的な地域や地球の未来に打ちひしがれず、まずは足元にある暮らしの中で我々に必要不可欠な知恵や経験や技を見つめ直し、暮らしの質や家族の幸せを問い直し、経済の自立、食料・木材・エネルギー自給を早期に実現し、地域自治を確立することが最終目標です。そして、自分達の地域を見つめ直すため、自分達の地域に良い点を活かすために、「共感」「志」で繋がる他地域との「ひと」「もの」「こと」交流・対流も積極的に進めています。

 これからも時代や地域のニーズに対応して、地域資源や人的志源を活用して、柔軟な活動を展開していくことになります。 私たちの活動は、応援してくださる会員や寄付が財政基盤となっています。
 
 賛助会員(年会費3万円)、正会員(年会費5千円)、協力会員(年会費1千円)を広く募集していますので、趣旨をご理解の上、協力いただける方はお願いします。もちろん、水源に住んでない方、卒業生でなくても大歓迎です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。