平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらり水源村 「田舎で働き隊」

■□ 開催案がまとまったので、先行して募集します!□■
 なお、天変地異・国会解散等によっては、開催できないこともあります。
 内容に関しては、現在打ち合わせ中ですので、多少の変更はあると思います。


農と森とむらおこしを学ぶ廃校舎を
  舞台にした『ふるさと樂校』のお知らせ

 ~このご時世 就職先は山の中 こんな就活ありかもね~

おしゃれな農村五原則(福岡県大木町より)
 一、農村のおしゃれとは、なんでも自分でつくること(自立性)
 二、農村のおしゃれとは、パートナーと一緒につくること(共同性)
 三、農村のおしゃれとは、ながーくつくること(持続性)
 四、農村のおしゃれとは、楽しくつくること(感動、感性)
 五、農村のおしゃれとは、美しくつくること(美意識)

 田舎での暮らしに憧れ、いつかは
  田舎暮らしをやってみたい!
   そう思う若者が増えています。
一方、
 若者がおらず、田舎の暮らし、
  伝統文化をどうやって守っていこうか。
   そう悩む田舎もふえています。

 若者のもつ知力、体力、ネットワークが
  田舎の抱える課題に、一筋の光を灯し、
   田舎がもつ自然、文化、人間力が
    若者の人生に新たな光を灯す。
 そんな出会いと学びの場を
  「きらり水源村 田舎で働き隊」はつくります。

 今回は、熊本県菊池市にある『NPO法人きらり水源村』が受入先となり、活動をコーディネートします。
 廃校となった中学校跡地「きくちふるさと水源交流館」を舞台に、昼間は農業、林業、畜産業、農産物加工品づくり等の現場実習を受けながら、夜間は、地域づくりやグリーンツーリズム実践者による夜間ゼミや地域フィールド調査や集落点検を基に、課題解決型のためのワークショップで新たな事業づくりの方法を学びます。

実 施 日:
 Aコース 2009年3月1日(日曜)~3月10日(火曜)
【初級編】 <10日間> *1週間から応相談
 Bコース 2009年3月15日(日曜)~3月24日(月曜)
【中級編】 <10日間> *1週間から応相談
 Cコース 2009年3月6日(金曜)~3月15日(日曜)
【上級編】 <10日間> *全期間参加のみ

実施場所:熊本県菊池市
研修先 A:大分県安心院、由布院、別府 
    B:鹿児島県枕崎、知覧、肝付
    C:熊本県阿蘇市、水俣市、五木村 大分県久住町
参 加 費:A・Bコース 50,000円(宿泊代、食事代、交通費、企画費)
     Cコース   70,000円(宿泊代、食事代、交通費、企画費) 
*厳正なる選考の結果、認定研修生と認められた場合は、研修参加による
 日当補助(1日7000円×10日)、及び交通費補助(上限あり)があります。
対 象:農業・農村暮らしに関心のある若者(16歳以上)
募集定員:A・Bコース各10名、Cコース5名   
申込〆切:2月22日(日曜)

*宿泊先は、きくちふるさと水源交流館、及び一軒家での共同生活となります。男女別の相部屋となりますのでプライバシー等の気になられる方はご遠慮ください。

主催:九州のムラたび応援団
共催:NPO法人きらり水源村、菊池ふるさと食と農連絡協議会、菊池市グリーンツーリズム推進会議
協力:菊池市、熊本県、㈱マインドシェア、NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
【詳細問合せ、申込窓口】
〒861-1441 熊本県菊池市原1600 
 きくちふるさと水源交流館 担当:小林和彦
Tel:0968-23-4011  Fax:0968-27-0107 
携帯:090-3961-9596 メール:kikuchi@suigen.org
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。