FC2ブログ

平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

2/9 里なびミニシンポジウム&研修会

里なびミニシンポジウム&研修会

■環境省 自然環境局■
森のようちえんごっこを支える森づくり
里山、竹林の適正管理技術を学びましょう!


日時 2008年2月9日(土) 集合9:00 解散15:00
場所 きくちふるさと水源交流館(熊本県菊池市)
活動団体名 NPO法人きらり水源村


 きくちふるさと水源交流館は、都市部の人々が農山村に滞在し、自然とのふれあいや地域の方々との交流を楽しむ拠点にしようと、元中学校の廃校だった校舎をリニューアルし、新たな学び舎となりました。菊池渓谷のすぐ近くにあるこの地域がはるか昔から水の源として『水源』と呼ばれて人々に親しまれてきました。
 きくちふるさと水源交流館の周辺地域は、地域住民とボランティアが力を合わせ、親子が森に出かけられるような木育公園づくりを進めています。親子が自然に学び・親しみ、森づくり(竹林整備、下草刈り、散策道整備)や森づかい(炭焼き、竹細工、木工芸)を楽しむ『ふるさと森の樂校』を展開していきます。今回は、原細永地区の竹林・里山の現状を観察・調査し、今後の保全・活用を考えます。


■スケジュール
9:00  ミニシンポジウム
「水源地区での竹林・里山整備の意義と目標について」
 竹田純一(里地ネットワーク事務局長)
 朝廣和夫(九州大学助教授)
10:00  調査(目視調査あるいは伐採サンプル調査)
12:30  昼食
13:30  報告会
       &竹づかいワークショップ (竹ブランコ、スター☆ドームづくり)
15:00  解散

■参加方法:
参加費無料。先着申込制です。定員になりましたら締め切らせていただくことがあります。
電話、FAX、電子メール または 申込フォームでお申し込みください。
お名前、参加者数、連絡先(電話、FAX、電子メールのいずれか)をお知らせください。

■お問い合わせ・受付先:
財団法人水と緑の惑星保全機構・里地ネットワーク事務局
〒105-0003 東京都港区西新橋2-16-2 3F
TEL 03-5404-4846  FAX 03-5404-4847
E-mail h20@satonavi.go.jp
スポンサーサイト



九州自然学校ネットワーク・ミーティング2008

木曜日から、以下のイベント!

興味ある人は、2部のオブザーバー参加 受け付けてますよ!
近い将来、九州・沖縄で自然学校を立ち上げてみたい人、
 いろんなノウハウ・知識・経験・情報を得られますよ。。。。

問合せは、呼びかけの IOEまで。。。


□■CONEトレーナー九州ブロック地域ミーティング&CONEトレーナー更新講習会
及び、九州自然学校ネットワーク(K-NSnet)・ミーティング2008
 
●期日:2月7日(木)12:30~8日(金)13:00
●会場:きくちふるさと水源交流館 (NPO法人きらり水源村)
●対象者:
【1部】九州内のCONEトレーナーの要、更新者の方々。 
【2部】九州内の自然学校経営者、スタッフ、関係者等
●参加費:【1部】2,000円/1人(受講料)+9,000/1人(CONEトレーナー更新料)
     【2部】8,000円/1人(交流会費、食費、宿泊費、ミーティング経費)
●企画・運営及び、呼び掛け : 野外教育研究所IOE
【事務局】TEL/FAX.096-387-6922
     Eメール:boss@ioe-j.com
●会場 :きくちふるさと水源交流館
 TEL 0968-27-0102 FAX:0968-27-0107
  E-mail kirari@suigen.org

●日程プログラム(案)
2/7(木)
12:30 受付
13:00 CONEトレーナー更新講習会 開会
13:30~ セッション1:CONEの制度とトレーナーについて
14:30~ セッション2:自然体験活動に関する動向 
15:30~ セッション3:「自然体験活動」課題の共有と解決、企画提案に向けて 
17:00~ 九州オリジナルプログラム:自然体験活動と環境地域づくり
18:00 終了・閉会

【2部】第1回九州自然学校ネットワーク(K-NSnet)・ミーティング2008
●日程プログラム(案)
2/7(木)
18:30 受付
19:00 「九州自然学校ネットワーク・ミーティング2008」開会
      ミーティング交流会&情報交換会&懇親会(夕食を兼ねる)
      ○自己紹介&団体紹介タイム

2/8(金)
09:00 1.九州自然学校ネットワーク(K-Nsnet)情報提供&情報交換 
― 具体的な事業・活動とマネジメントについて(講義、討議方式)
1)指定管理者制度と業務委託と自然学校:(事例)きらり水源村、(財)学びやの里 他
2)自然学校経営と財源確保、資金のやりくり(補助金、助成金、委託金、借入金など)
3)環境事業関連の省庁情報(環境省、文科省、農水省、国交省、経産省)
4)「エコツーリズム推進法」について
5)「自然学校」及び、関連の最新情報:KEEM、
11:45 2.これからの「九州自然学校ネットワーク(K-NSnet)」について 他
12:15 まとめとふりかえり
12:30 昼食/閉会・解散