平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/8-9 第13回森林と市民を結ぶ全国の集い

今日は冷え込みが激しくて、いまだ家の水は凍ったまんま。。トホホな状態。
 さて、うちの「水源林研グループ」が、今月末に上京し、全国の林研グループ
の優良事例として、国際ボランティアによる水源の森づくり、地域児童との
椎茸栽培、熊本大学教育学部、医学部生への森林ボランティア指導などを
渋谷のオリセンで発表するそうです。
 
 私の方は、第1回目の開催から、つかず離れずで関わってきた以下の集いの
実行委員として、当日は交流会の司会進行や分科会の裏番長をしています。
 
 森と家、森と税、森と食、森と子ども、森とボランティアなど、多様な切り口
で、森の見方を学んで、森の味方になろう!という試み。。
 皆さんも、森の ヤッターマン になりませんかぁ????
__________________________________

      「第13回森林と市民を結ぶ全国の集い」ご案内
       2008年3月8日-9日 @ 九州(福岡)
http://www.geocities.jp/kyumoriweb/index.html
___________________________________

 森林と市民を結ぶ全国の集いは、96年から毎年続く、森林や林業に関わる
様々な人の出会いと学びの場です。13年目となる今年は九州で初の開催とな
ります。

地域を越えて集まる多彩な参加者やゲストとともに過ごす、充実した二日間で
す(部分参加も可)。森林や林業、里山保全、都市農村交流、森林ボランティ
アなどに関心のある方は、ぜひご参加ください。お待ちしております。


■名 称:第13回森林と市民を結ぶ全国の集い

■テーマ:暮らしにつながる森づくり
     ~森の見方を知り、森の味方になろう!~

■開催日:2008年3月8日(土)-9日(日)

■参加費、会場とプログラム:

3月8日(土)____________________________

 ●全体会・トークセッション●
  林業、農山村、村おこしになじみの深い方々によるトークセッションほか。
  参加費:500円
  会 場:電気ビル本館 地下2階8号会議室(福岡市中央区渡辺通2-1-82) 
      http://www.denki-b.co.jp/tizu/tizu-kaigi-watanabe.htm
  プログラム:
   12:30 受付開始
   13:30 開会挨拶とオリエンテーション
   13:50 オープニングトーク「森の見方」 
      (語り手)矢幡 久 氏(九州大学教熱帯農学研究センター教授)
   14:30 トークセッション「森の見方を知り、森の味方になろう!」
     (パネラー)矢房 孝広氏(宮崎県諸塚村企画課長 兼
                  産直住宅推進室事務局長)
           沢畑 亨 氏(水俣市久木野ふるさとセンター
                  愛林館館長)
           養父 信夫氏(「九州のムラへ行こう」編集長)
           田島信太郎氏(田島山業代表取締役)
      (聞き手)志賀 壮史氏(ふくおか森づくりネットワーク)
   17:00 総括と分科会紹介(17:30終了予定)

 ●交流会●
  全国から参加する森づくり関係者との仲間づくり、情報交換の場です。
  参加費:3,500円
  会 場:イムズビル13階「野の葡萄」
      http://www.ims.co.jp/shop/shop/?shopNo=127
  時 間:18時00分~20時00分


3月9日(日)____________________________

 ●分科会●
  森林の現状や各地での取組みについてより深く知るための四つの分科会。
  参加費:1,000円
  会 場:福岡市立婦人会館(中央区舞鶴「あいれふ」内)9階・大研修室他  
  http://www.city.fukuoka.jp/contents/7d71a2d103f/7d71a2d103f17.html
  プログラム:
    9:30 受付開始
   10:00 分科会(1時間の昼休憩をはさみます)
   14:20 分科会終了

  ○第1分科会「伐って使って森を守る」
         ~森づくりと家づくりをつなぐ取り組み~
    (パネラー)矢房 孝広氏(宮崎県諸塚村企画課長兼
                 産直住宅推進室事務局長)
          大里 博之氏(耳納杉産直ネットワーク)
          三浦 逸朗氏(NPO法人地域環境ネットワーク代表
                 ミウラクワノパートナーシップ(有)代表)
     (進行役)佐藤 宣子氏(九州大学教授/
                 NPO法人九州森林ネットワーク代表)

  ○第2分科会「森林と市民をつなぐ森林環境税」
         ~ワンコインがもたす山への効果~
    (パネラー)飯國 芳明氏(高知大学大学院黒潮圏海洋科学研究科教授)
          江藤 純嗣氏(山口県農林水産部森林企画課
                 流域管理推進班長)
          佐藤 彰 氏(福岡県水産林務部林政課技術主査)
     (進行役)志賀 壮史氏(ふくおか森づくりネットワーク)

  ○第3分科会「森林ボランティアの最前線を探る」
         ~木を植える男のロマンから森林NPOマネージメントまで~
    (パネラー)圖師 哲雄氏(ロキシーヒルの会)
          横路 美喜緒氏(NPO法人グリーンフォーレストジャパン代表/
                  NPO法人埼玉森林サポータークラブ)
          小森 耕太氏(山村塾)
     (進行役)朝廣 和夫氏(ふくおか森づくりネットワーク代表/
                 九州大学助教)

  ○第4分科会「森が育む暮らしと文化」
         ~癒・食・工~    
    (パネラー)辻  英之氏(グリーンウッド自然環境教育センター事務局長)
          工藤 富士氏(日之影町役場企画開発課
                 森林セラピー推進係長)
          森 千鶴子氏(フリーライター)
     (進行役)沢畑 亨 氏(水俣市久木野ふるさとセンター愛林館館長)

 ●全体会ディスカッション●
  分科会の成果を共有し「森の味方」として明日から何をすべきか話し合います。
  会 場:福岡市立婦人会館(「あいれふ」内)9階・大研修室
  プログラム:
   14:30 分科会報告
   14:45 全体ディスカッション「森の味方として」
         ~明日からのアクション~
     (進行役)佐藤 宣子氏
   16:00 閉会挨拶

___________________________________

■お申し込み方法(申し込み締め切り 2月25日)

以下の項目を、件名「第13回森林と市民申込み」として、
13tudoi@freeml.com までお送りください。
 ※ご参加には事前申込みが必要です。お一人ずつお申込みください。
 ※会場の収容人数を超えた場合、お断りすることがあります。
 ※1週間以内に受付確認のメールがありませんでしたら、お手数ですが
  携帯電話番号にお問い合わせ下さい。
 ※参加される分科会は会場と参加人数を調整の上、3月8日または3月9日の
  受付け時にお知らせします。
 ※参加費は当日頂戴いたします。
 ※宿泊される方は各自宿泊場所の確保をお願い申し上げます。


~~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~

第13回 森林と市民を結ぶ全国の集いに参加します。

1.ご連絡先
 ・お名前
 ・よみがな
 ・ご所属
 ・ご住所 〒
 ・電子メール
 ・電話番号
 ・ファクス

2.参加内容
 3月8日(土)
 ・全体会(電気ビル/500円)_______(参加希望・不参加)
 ・交流会(イムズ野の葡萄/3,500円)___(参加希望・不参加)
 3月9日(日)
 ・分科会(福岡市立婦人会館/1,000円)__(参加希望・不参加)
   第一希望  第(  )分科会
   第二希望  第(  )分科会
 ・お弁当代(500円)___________( 要 ・ 不要 )
 ※分科会の昼休憩は1時間。お弁当のご持参か申込みをおすすめします。

~~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~

スポンサーサイト

おばあちゃんの修学旅行@鹿児島

3月恒例の「おばあちゃんの修学旅行」

その第2弾を実施することになりました。

今回の行き先は、ズバリ 鹿児島。

薩摩半島を巡りに行こう、と盛り上がっています。

 日にちは、3月11日(火曜)~13日(木曜)

お塩づくりしたり、
 おいしいお魚を食べたり、
   砂蒸し風呂に入ったり、
     かつお節をお土産に買ったり、
       みんなのアイドル:スバル君に合ったり

 そんなこんなの鹿児島遠征になりますぅ。

2/9 里なびミニシンポジウム&研修会

里なびミニシンポジウム&研修会

■環境省 自然環境局■
森のようちえんごっこを支える森づくり
里山、竹林の適正管理技術を学びましょう!


日時 2008年2月9日(土) 集合9:00 解散15:00
場所 きくちふるさと水源交流館(熊本県菊池市)
活動団体名 NPO法人きらり水源村


 きくちふるさと水源交流館は、都市部の人々が農山村に滞在し、自然とのふれあいや地域の方々との交流を楽しむ拠点にしようと、元中学校の廃校だった校舎をリニューアルし、新たな学び舎となりました。菊池渓谷のすぐ近くにあるこの地域がはるか昔から水の源として『水源』と呼ばれて人々に親しまれてきました。
 きくちふるさと水源交流館の周辺地域は、地域住民とボランティアが力を合わせ、親子が森に出かけられるような木育公園づくりを進めています。親子が自然に学び・親しみ、森づくり(竹林整備、下草刈り、散策道整備)や森づかい(炭焼き、竹細工、木工芸)を楽しむ『ふるさと森の樂校』を展開していきます。今回は、原細永地区の竹林・里山の現状を観察・調査し、今後の保全・活用を考えます。


■スケジュール
9:00  ミニシンポジウム
「水源地区での竹林・里山整備の意義と目標について」
 竹田純一(里地ネットワーク事務局長)
 朝廣和夫(九州大学助教授)
10:00  調査(目視調査あるいは伐採サンプル調査)
12:30  昼食
13:30  報告会
       &竹づかいワークショップ (竹ブランコ、スター☆ドームづくり)
15:00  解散

■参加方法:
参加費無料。先着申込制です。定員になりましたら締め切らせていただくことがあります。
電話、FAX、電子メール または 申込フォームでお申し込みください。
お名前、参加者数、連絡先(電話、FAX、電子メールのいずれか)をお知らせください。

■お問い合わせ・受付先:
財団法人水と緑の惑星保全機構・里地ネットワーク事務局
〒105-0003 東京都港区西新橋2-16-2 3F
TEL 03-5404-4846  FAX 03-5404-4847
E-mail h20@satonavi.go.jp

九州自然学校ネットワーク・ミーティング2008

木曜日から、以下のイベント!

興味ある人は、2部のオブザーバー参加 受け付けてますよ!
近い将来、九州・沖縄で自然学校を立ち上げてみたい人、
 いろんなノウハウ・知識・経験・情報を得られますよ。。。。

問合せは、呼びかけの IOEまで。。。


□■CONEトレーナー九州ブロック地域ミーティング&CONEトレーナー更新講習会
及び、九州自然学校ネットワーク(K-NSnet)・ミーティング2008
 
●期日:2月7日(木)12:30~8日(金)13:00
●会場:きくちふるさと水源交流館 (NPO法人きらり水源村)
●対象者:
【1部】九州内のCONEトレーナーの要、更新者の方々。 
【2部】九州内の自然学校経営者、スタッフ、関係者等
●参加費:【1部】2,000円/1人(受講料)+9,000/1人(CONEトレーナー更新料)
     【2部】8,000円/1人(交流会費、食費、宿泊費、ミーティング経費)
●企画・運営及び、呼び掛け : 野外教育研究所IOE
【事務局】TEL/FAX.096-387-6922
     Eメール:boss@ioe-j.com
●会場 :きくちふるさと水源交流館
 TEL 0968-27-0102 FAX:0968-27-0107
  E-mail kirari@suigen.org

●日程プログラム(案)
2/7(木)
12:30 受付
13:00 CONEトレーナー更新講習会 開会
13:30~ セッション1:CONEの制度とトレーナーについて
14:30~ セッション2:自然体験活動に関する動向 
15:30~ セッション3:「自然体験活動」課題の共有と解決、企画提案に向けて 
17:00~ 九州オリジナルプログラム:自然体験活動と環境地域づくり
18:00 終了・閉会

【2部】第1回九州自然学校ネットワーク(K-NSnet)・ミーティング2008
●日程プログラム(案)
2/7(木)
18:30 受付
19:00 「九州自然学校ネットワーク・ミーティング2008」開会
      ミーティング交流会&情報交換会&懇親会(夕食を兼ねる)
      ○自己紹介&団体紹介タイム

2/8(金)
09:00 1.九州自然学校ネットワーク(K-Nsnet)情報提供&情報交換 
― 具体的な事業・活動とマネジメントについて(講義、討議方式)
1)指定管理者制度と業務委託と自然学校:(事例)きらり水源村、(財)学びやの里 他
2)自然学校経営と財源確保、資金のやりくり(補助金、助成金、委託金、借入金など)
3)環境事業関連の省庁情報(環境省、文科省、農水省、国交省、経産省)
4)「エコツーリズム推進法」について
5)「自然学校」及び、関連の最新情報:KEEM、
11:45 2.これからの「九州自然学校ネットワーク(K-NSnet)」について 他
12:15 まとめとふりかえり
12:30 昼食/閉会・解散

BeGood Cafe 大分 Vol.2 

竹職人のあすかちゃん、Re空間の神田さんが取り組んでます。
 先週、「ふるさと食の樂校」で呼ぼうとしていた竹下和男先生が大分にやってきま~す。
 ぼくも、今年の ap bank fes 08 の打ち合わせも兼ねて、行ってきます。

■□ BeGood Cafe 大分 Vol.2 □■
~ 素敵ないいことはじめよう ~
 BeGood Cafe は、21 世紀型ライフスタイルを考えるコミュニティカフェ。地球環境や社会についてみんなで語ります。ライブやオープンマイクもあります。ご一緒にピースな一歩を踏み出してみませんか?

http://begoodcafe.com/main/archives/oita_vol2

●テーマ●
 『お弁当でココロもまんぷく ~くらしの時間を見つめよう~』
 日々のくらしでなんとなくやり過ごしていたことをちょっぴり意識して見つめると、すごく大切なものがあったことに気づきます。今回のビーグッドカフェでは、日々のくらしに欠かすことのできない“食” のあり方を“お弁当” という視点から見つめて皆様とシェアしていきます。



トークゲスト
■竹下和男さん(香川県高松市立国分寺中学校校長)

“親は決して手伝わないでください”
 食材の買出しから弁当箱に詰めるまで、子どもが自分で取り組む「弁当の日」を小学校で初めて導入した。子どもたちの「心の空腹感」が問題化している中で、お弁当を作る(家事に取り組む)ことにより「くらしの時間」を生み出していくこの試みは全国各地に広がり、現在西日本を中心に小中学校等で実践されている。
http://www.ruralnet.or.jp/ouen/meibo/326.html

思い出のお弁当大集合!

お弁当のおかずを一品持ち寄り、その思い出を語りながらみんなで頂きましょう!おかずが持ち寄れなくても、自然食屋さんのお弁当のおかず販売がありますよ~。

■スケジュール 2007年2月3日(日)10:00~17:00

10:00~ 開場
10:30~12:00 BeGoodトーク
12:00~14:00 ワークショップ&ランチ(思い出のお弁当大集合)
14:30~15:30 ライブ
15:30~17:00 オープンマイク& サロンタイム
(お買い物したり、おしゃべりしたり自由な時間)



日 時: 2月3日(日)10:00-17:00
会 場: コンパルホール4 階・集会室および視聴覚室
(大分市府内町1-5-38 Tel 097-538-3700)
料 金: 前売り1,500 円 当日1,800 円 学生500 円引き 高校生以下無料
思い出のおかずを作ってきてくれる方は300 円引きします。試食できるように少し余分にご用意ください。用意できる方はご予約時に詳しい説明書をお渡しします。
持ち物: おにぎり(ランチ用)、マイ箸、弁当箱(空のもの) 、お弁当のおかず一品(用意できる方のみで結構です)
お問い合わせ: BeGood Cafe Oita http://oita.begoodcafe.net
主 催: Tel:097-582-1741(伊藤)/097-551-3001(神田)
メール:prgpx012@ybb.ne.jp
協 力: NPO法人 BeGood Cafe http://begoodcafe.com/
後 援: 大分合同新聞 朝日新聞 読売新聞 西日本新聞 TOS テレビ大分、FM 大分
協 賛: くつろぎの温泉宿山田別荘、自然食のやおやニコニコ村、竹工房野や、福祉工場サンフラワー
実行委員: 竹工房野や Re空間 ボンズバンブープラス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。