平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【視察研修】 第4回「霧島・食の文化祭」

 昨年度の民間における食育推進支援事業の実行委員さんと一緒に、来年1月に取り組む「食育シンポジウム」の打ち合わせ、講師依頼を含めて、鹿児島県霧島市に行ってきました。

お目当ては、 2月に講師に来ていただいた
 霧島食育研究会の千葉しのぶさんプロデュースの
http://www.geocities.jp/kirisyokuiku/top.html
 第4回「霧島・食の文化祭」

テーマ 「子や孫に残したい霧島の食は何ですか」

07年11月 093


 前日の準備作業から入って、打ち合わせ段階や準備のやり方などを事細かに観察してきました。スタッフとして参加させていただき、石臼の移動や繭糸つむぎ体験の補佐なんかもさせていただきました。前夜祭となった、さざなみ会の皆さんによる夕食は 『カツオづくし』で最高でした!
見て・学んで・楽しむ
● 時空を超えたお弁当(お弁当の思い出と一緒に)

07年11月 099

● 昔のおやつ(なつかしいおやつがいっぱい)
● 手紙のある食の風景(畑にいたっくっで、たべとけよ~)
07年11月 089

● 霧島・食の歳時記(季節ごとの霧島の味、大集合)
● 食糧自給率・米の大切さ展示コーナー(農林水産省から)
● 食卓アート展(写真と絵巻物で見る食の感動)
● いろり・ちゃぶ台のある食卓再現(昭和20年11月の食卓再現)
● アレルギー除去おやつの展示(アレルギーでお悩みの方、必見!)
● 給食センターの食育の取組み(学校給食の取組み)
● 「もったいない」加工の知恵コーナー(食品加工の知恵)
● 霧島の産物紹介(紙粘土で産物を紹介します)
● 霧島食育研究会の活動紹介(パネルで活動を紹介)
霧島食の文化祭

● 栄養士の卵「木山はるか」さんのコーナー
● 大田小学校おやじ会 霧島の山と川の命
● 食育関係書籍紹介・頒布

07年11月 083

味わって・学んで・楽しむ
● 「母ちゃんの声」おにぎり試食(高菜のおにぎりセット)200円〔11時~〕
● むぜまき(ミニあくまき)試食100円〔11時・13時〕
● そばずい(手打そばに野菜いっぱい)〔11時~〕
● 霧島山中薬膳茶(手作り薬膳茶)試飲無料提供〔10時~〕
● 子どもが作った大豆で味噌汁かふぇ(豚汁・呉汁の試食)100円〔11時~〕
● 川辺郡母ちゃんの味(ひっかけそうめん・かつお腹皮唐揚げ試食)〔11時~〕
● 霧島手もみ茶(手もみから手作りで)試飲無料提供〔10時~〕

体験して・学んで・楽しむ
● はし使いワークショップ〔10時から随時〕
● 愛媛大学「魚食・ぎょしょく・ぎょショック」〔11時30分〕
07年11月 118

● 徳島県「きのこで食育」〔13時~〕
● 茶ぶしワークショップ 試飲無料提供〔10時~〕
● 食育クイズラリー(子どもさんの参加大歓迎!)〔10時~〕
● 霧島の暮らし体験
・ 石臼体験(大豆から黄粉を作ります)〔10時~〕
・ 繭糸つむぎ体験(蚕から育てました)〔10時~〕
● 管理栄養士による栄養相談コーナー〔10時~〕
● 健康相談コーナー(血液サラサラ測定)〔10時~〕
● 食育おすすめ絵本コーナー〔10時~〕
● 高校生による読み聞かせ〔10時~〕
● 青年団のねったぼコーナー〔11時~〕
● そばや大豆の脱穀・昔からの農具展示〔10時~〕
● 徳之島のさとうきびかじり体験〔10時~〕
スポンサーサイト

映画「おばさんたちが案内する未来の世界」

フリッパーズ ギター&『今夜はブギーバック』な
  小沢健二(オザケン)さん知ってますか?

彼の制作した映画の上映会が先週土曜日は中津江で、
 今夜は高千穂「神楽の館」で行われます。

映画「おばさんたちが案内する未来の世界」
とき。。。 11月20日(火)19:00~
ところ。。。宮崎県高千穂町 神楽の館(天岩戸温泉下)
■残念ながら、ぼくは今夜が理事会のため、出席できません。
■参加したい人は、午後5時までにメッセージください。
  主催者の連絡先をお教えしま~す!


 もちろん、オザケンもきてますよ。。。

*12月1日の夜神楽(20時~翌8時)には、
 うちのきらり神楽教室の面々も行くところです。

 今の便利な生活のなかで「何かおかしい」
  「何か見落としてるんじゃないか?」
 そう思いながらも、日々の社会システムに流される・・・
 
 彼が南米を旅しながら、感じてきたこと、観てきたこと。。
「おかしいよ!」と声にできる人との出会いから生まれた、
「人と人とが繋がりあうこと」のすばらしさを伝える、
「子や孫に連なる未来」へのメッセージを 映像化した作品。

「神楽の館」とは (参照:現代農業増刊号2007年11月■最新号編集後記)
・・・宮崎県高千穂町五ヶ村地区で「ふるさと創生資金」による温泉開発が行われたのは1994年。当初の予定では町の中心部にある大規模施設に温泉を引くだけで地元には何の恩恵もない計画だった。だが、地域の人びとは「源泉のあるこの地区にも恩恵を!」とくり返し町に働きかけ、小さな共同浴場の建設を約束させた。だが、その浴場には食事を提供する施設も、宿泊施設もない。そこで当時平均年齢60歳の九戸の農家が村おこしグループを結成し、資金を出し合い、補助金、借入金も合わせた計1400万円で、簡易食堂を建設した。
 その五年後には、その簡易食堂の利益や新たな出資金、補助金、借入金の合計1800万円で、隣町から築130年の古民家を移築し、常設神楽宿を兼ねた農家民宿を建てた。その家は、道路の拡幅工事で取り壊されようとしていた農村歌舞伎の師匠宅で、大工や造園業との兼業が多いメンバーは、自らジャッキやバールを使って、丁寧に解体し、移築した。
 グループの代表は「始めた当初は、多額の借金を心配しましたが、今になってみると、出資は自分達の『生き甲斐保険』だったような気がしています。孫たちも生きる喜び、いのちの尊さを教え、田舎の人情、伝統神楽など、受け継いでくれる若者が一人でも多く育ってくれることを願っています」とのコメント。。。
 それが、今回のばしょとなる「神楽の館」になります。

水源の土地利用と植生調査(江戸~明治~昭和~平成)

 去年、国際ボランティアによる水源の森づくりのコーディネーター:小此木くんが再び水源を訪れ、2週間程度の調査活動を進めていました。
07年11月 079
 
 大学院の修士論文で取り組む内容は「タイトル」のようなもの。昨年度のボランティア中も、事前調査を進め、今年に入って区長さんにお願いして、住民アンケートも実施して、今回は再度 実地調査に入ったという按配です。
 最終日となった16日は、水源林研の皆さんに交流室に集まっていただき、昔の航空写真や地図を使っての記憶をたどっての土地利用や植生の確認作業でした。
07年11月 077


どんな論文になるのか、今から楽しみです。2月の発表に向けて、体調に気をつけて頑張ってください。暖かくなってきた頃に、水源で発表してもらうのを楽しみにしています。

11/23-29 東京出張です!

 合間合間で、お会いできる人は会いましょう!

 暇になったら、都会のオアシス 
  新宿御苑か代々木公園あたりで
    新鮮な空気を吸いにお散歩してると思います。

11月22日(木) 
 20:45熊本空港発 22:20 羽田空港着

11月23日(金・祝日)
10:30~17:30 
■ ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ招聘イベント 【講師】
内容:シンポジウム、パネル・ディスカッション  
場所:聖心女子大学 宮代ホール
18:30~21:00 
■ 交流会 (18:15開場) 
JICA地球ひろば カフェ・フロンティア 
参加費 4000円(食事・飲み物代込み)

11月24日(土)
10:30~17:30
■ ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ招聘イベント 【講師】
内容:ワークショップ、上映会
場所:早稲田大学 西早稲田キャンパス
19:00~   
■ NICE 中長期ボランティア 同窓会 【ゲスト参加】

11月25日(日) 
休暇 【実家】

11月26日(月) 
9:00~11:00 
■(財)都市農山漁村交流活性化機構  【打合せ】
13:00~15:00 
■ NICE  【打合せ】
16:00~18:00 
■ ap bank 事務局 【打合せ】
19:00~ 懇親会:コミュニティー・バンク、グリーンツーリズム
 
11月27日(火) 
10:00~12:00 
■農林水産省 消費者情報官 
民間における食育推進事業 担当課 【訪問】
■農林水産省 農村政策課  
子ども農山漁村交流プロジェクト担当課 【訪問】
 13:00~15:00 
助成元:国土緑化推進機構 【訪問】
16:00~17:00 
■日本エコツーリズムセンター 【訪問】
19:00~ 懇親会:森林ボランティアと里山保全 

11月28日(水) 
9:00~12:00 文部科学省 青少年課
  子ども農山漁村交流プロジェクト 担当課 【訪問】
14:30~16:00  
 ■ 国士舘大学 「ボランティアと社会」授業 【講師】
19:00~    
 ■ 国土交通省 勉強会「第3回瑞穂の会」【講師】

11月29日(木) 
10:00~12:00  
 ■ メディアラグ Gazoo mura プロジェクト 【打合せ】
13:30~15:00
 ■ 国学院大学 経済学部 授業 【ゲスト講師】
       
  18:20 羽田空港発  20:10 熊本空港着

12/6(木) 人形劇 あやうし ズッコケ探検隊

熊本の皆さん、お父さん、お母さん、
 子どもを自然に放つのが好きなお方。。。
     ぜひ広めてください。。。
  すごーーく いい人形劇なんですぅ。。

 でも、まだまだ参加者が集まってなくて、、、。
ご協力お願いしまーーーーす。。。
20071115174954.jpg


◆◇人形劇 あやうし ズッコケ探検隊◇◆
           by 人形劇団ひとみ座
~平成19年度文化庁 舞台芸術の魅力発見事業~

 きみに、冒険の心をおくろう。
  冒険こそ、少年のタカラモノだ!
    by 原作者 那須正幹

★臨時ニュースを、お伝えします!★
きょうのひるま、ミドリ市の小学生三人が、タカラ町の河口からモーターボートに乗って 海に出たまま 行方不明になっております。

と き:12月6日(木)18:30 開演 18:00 開場
ところ:菊池市文化会館 大ホール
入場料:前売券 子ども(4歳~高校生)1000円
     一般 2000円 ペア券 2000円
主 催:文化庁、人形劇団ひとみ座
共 催:菊池市文化会館、NPO法人きらり水源村
後 援:菊池市教育委員会
協 力:水源小学校PTA、水源校区青少年健全育成会議
【チケット取り扱い】
  菊池市文化会館  0968-24-1101
  NPO法人きらり水源村 0968-23-4011
  人形劇団ひとみ座  044-777-2225

■ものがたり■
待ちに待った夏休み、ハチベエ、ハカセ、モーちゃんはタカラ町というきれいな海に面したハチベエのおじさんの家へ遊びに行くことになりました。
 ある日、三人組はおじさんのモーターボートに勝手に乗り込んで遊びに出かけたのですが、突然 船のエンジンが止まってしまったのです。なんと燃料計の目盛りが0、ガス欠だったのです。
 陸がだんだん遠ざかり、ボートは沖へと流されていきました。星もない真っ暗な夜、突然の稲光、そして雷鳴、嵐になってしまいました。三人組は荒れ狂う海に投げ出されてしまいましたが、、。

【重要】 ホームページ改訂

12月1日に向けて、
 きくちふるさと水源交流館
   ホームページのリニューアル中です。

アドレス 
  http://www.suigen.org 
   は、そのまま移行します。

ブログは、このfc2ブログ以外に
■Gazoo mura ブログ
 http://gazoo.com/mura/suigen/
SNSでは、
■mixi コミュニティー「きらり水源村」
http://mixi.jp/view_community.pl?id=535673

 紅葉がキレイです!




走っているだけで、ココロ癒されます。

 頭の中には 童謡のメロディーが流れます!
20071115162615.jpg

【報告】 くまもと若チャレ!ワークキャンプ

 事故や怪我もなく、無事にイベントを終えることが出来ましたー。
20071115190008.jpg



1日目は、畑で大豆の収穫
20071115190019.jpg


20071115190043.jpg


2日目は、椎茸の原木運び

カラダを使い、ココロを通わせ、
 夜は地域住民から人生や暮らしについて学び、交流し、
20071115174804.jpg


充実した2日間となりました。


【主催者感想】
◆参加者にとっても、今回の経験が次の一歩へ向けて、大切なエネルギーとしてもらえれば素晴らしいと思います。
◆地元の方々は、「いつでもきなっせ!」と若者を暖かく応援してくださっていると感じました。
◆こうした地域との連携によるプログラムをこれからも行なっていきたいと思います。

【報告】 都市間交流の会 視察

 菊池市の姉妹都市との交流をされている
   都市間交流の会の皆さんが、視察と昼食を兼ねてやってきました。
20071115175749.jpg

  水源交流館の成り立ちやこれからについての意見交換の後、

 食堂を使って、女性部の郷土料理を食べていただきました。

 20071115175908.jpg

 今回は 秋の味覚を堪能してもらおう!と腕を振るいました。
・むかごと銀杏のご飯
・のっぺ汁
・ほうれん草の白あえ
・ゆず椀(大根の酢の物)
・天ぷら(椎茸、いんげん、もみじ、もよぎ、銀杏)
・漬け物各種
・さつまいもの甘煮と栗きんとん

20071115175856.jpg


満足して頂けた様で、よかったです。
 
*15名以上から食事予約の際に
 【郷土料理】と言って頂けると対応いたします。

【お知らせ】 「みなまた環境大学」短期セミナー

日本財団 郷土学事業 「エコツーリズムを進めよう」の一環で、
  青年ボランティア登録している皆さんに参加費の一部を助成します。環境先進地のみなまたで、地域密着型の一流講師陣に触れてみませんか?
 
~「みなまた環境大学」短期セミナー募集要項~
   環境首都を目指す水俣で実施
“水俣病の教訓を生かした環境先進の手法を学ぼう!”

 平成19年11月23日(金)~27日(火)の4泊5日のセミナーを開催し、以下のプログラム内容により実施します。

http://www.minamatacity.jp/related_group/kankyo-daigaku_group/

 公害の原点である水俣病の教訓を後世に伝えるとともに、これらの経験を教訓として環境モデル都市づくりを進めてきた“再生するみなまた”の現在を水俣の現地で学ぶことにより、環境との共生を最優先に、自ら考えて行動することができる人材の育成を図ります。
 過去の経験を教訓として環境先進の手法でまちづくりを実践する“みなまた”を学ぶことができます。
 現地水俣で実施するメリットを生かして、水俣のフィールド全体を1つの大学、それぞれの現場を教室とみなし、また水俣の人材を主な講師とし、実際に現場(教室)で接しながら五感すべてで学びます。
 水俣の現地を歩き、人と接し、学ぶことで水俣の環境のまちづくりとこれまでに至った歴史、これからの課題等(自然・文化・歴史・社会分野)を学びます。

【研修】 第4回「霧島・食の文化祭」

 去年の「民間における食育推進支援事業」の実行委員の皆さんを誘って、
 日本財団 郷土学事業 「フードツーリズムを進めよう」の一環で訪問研修します。内容は以下の通り、興味ある人はお問合せ下さい。

 第4回「霧島・食の文化祭」※平成19年度 子ども夢基金助成事業
日時 11月18日(日) 午前10時~午後3時

会場 霧島市 霧島保健福祉センター
   (旧霧島町保健福祉センター・神乃湯となり)
主催 NPO法人霧島食育研究会 
   霧島地区食生活改善推進員協議会
   霧島地区地域女性団体連絡協議会
共催 霧島市教育委員会
後援 霧島市

テーマ 「子や孫に残したい霧島の食は何ですか」
【内容】  
見る・学ぶ
●霧島の家庭料理大集合 ●時空を超えたお弁当 ●手紙のある食の風景●「もったいない」加工の知恵コーナー ●霧島・食の歳時記 ●食糧自給率・米の大切さ展示コーナー●食のアート展 ●いろり・ちゃぶ台のある食卓再現 ●アレルギー除去食の展示●給食センターの食育の取り組み ●霧島の川と山の命 など

味わう・学ぶ
●霧島・母ちゃんの味●むぜまき(ミニあくまき)●そばずい
●霧島山中薬膳茶 ●子どもが作った大豆で味噌汁かふぇ(豚汁・呉汁)●霧島の地産地消のおすそ分け ●霧島手もみ茶、など

体験・学ぶ
●南九州の食を支える「匠」生活文化ワークショップ・・・竹・砥ぎ●はし使いワークショップ ●母ちゃんのそばうち指南 ●食育クイズラリー ●霧島の暮らし体験①石臼体験②繭糸つむぎ体験
●管理栄養士による栄養相談コーナー ●食育おすすめの絵本コーナー 高校生による読み聞かせ ●愛媛大学「魚食・ぎょしょく・ぎょショック」ワークショップ など

入場  無料  
駐車場  霧島保健福祉センター・霧島総合運動場

問合わせ NPO法人霧島食育研究会
 0995-57-1360(千葉)
霧島市教育委員会 霧島出張所 0995‐57-1111

実習生 <新規就農>




県立農業大学校より、
 新規就農支援の一環で、実習生を受け入れています。
「農家派遣研修実施」ということで、
 水源内の農家さんのお手伝いや
   水源交流館の田畑管理や収穫・加工を手伝って頂いております。

20071115175711.jpg

【報告】 セヴァン・スズキ講演会

日本財団助成 ふるさと樂校事業 「きらりびと・あにま講座」の一環で
セヴァン・スズキ講演会
 「私は、私にできることを実行しているだけ」
 職員総出+地域の若者にて行ってきました。
20071115174729.jpg


地球温暖化に、種の絶滅。なんだか環境問題って重たい。
思わず無力やあきらめを感じてしまいそうになりますが、ちょっと待って。
それぞれに、あなたにもできることはたくさんあります。
南米の先住民に伝わるハチドリのお話をモチーフに、森を守るお話を交えながら、 セヴァンがあなたに未来への勇気と希望を与えます!


楽しく豊かに暮らすスローなライフスタイル、そして社会との関わりから、自らが「変化」を起こしていこう、「変化」の担い手になろう。
自分が変わることから、社会も変わっていく!

20071115174714.jpg


以上のメッセージを受け取り、参加したみんなの感想は、、、。

◆今、地域(農村部)に住んでいることがチャンスだなぁ、、と。
◆毎日やっている畑仕事や地域との関わりに繋がってゆく、、。
◆マイ箸、マイバックなど身近で取り組めることから、まず始めようっと
◆ここの活動を振り返ることから、ここでやれることを再構築しよう
◆知っていたけど、改めて気づいたことってあるんだなぁ、、。
◆セヴァンはすごい、子どもの頃からやり続けていることが、、。
◆自分という『軸』×「世界」「地球」っていう視野を持ち続けること!
◆新しい時代の生き方、新しい時代のムーブメントを感じた


別府 竹工芸 訪問

大分県 竹工芸・訓練支援センターへ行ってきました。
http://www.pref.oita.jp/14511/

いつもお世話になっている竹職人の皆さんの出身校です。
 気になっていたので、行ってみると 感動しました!

20071115162644.jpg

 少数精鋭の実学スタイルの学び方で1年間。
  更に学ぼうとすると、1年間。

いろんな人生を歩んできたひとが、ものづくりの道に入っていく。。

20071115162629.jpg


 卒業された皆さんの作品展示のコーナーには圧倒されました。

皆さんも、別府にお立ち寄りの際は、一度足を運んでみてください。

湯布院 風の原っぱ 訪問

いのち育む風に吹かれて全国フォーラム
 と き:12月1日(土)~2日(日)
 ところ:大分県由布市湯布院町
健康温泉館クアージュゆふいん

以下のイベントの打ち合わせのため、
 NPO法人風の原っぱさんを訪問してきました。

20071115162715.jpg


20071115162729.jpg


20071115162743.jpg


竹細工職人、NPOグリーンウッド、炭焼き職人、NPOあんだんて、
 Re空間、木工職人、NPO風の原っぱの皆さん などなど
  30名近くが集まって、絞めたての鴨鍋を囲んでの楽しい懇親会となりました。

◆概 要◆
<九州各地からの事例報告>
○ NPO法人あんだんて 茅野明さん(大分県久住)
 「いろいろな人がともに生きていける居場所を目指して」
○ ひらおだい四季の丘小学校 吉野了嗣さん(福岡県北九州)
 「感性を学ぶ力にー子どもが主役の自由学校」
○ NPO法人 きらり水源村 小林和彦さん(熊本県菊池)
 「自然・農・食の中で子どもたちの生きる力を育む」
○ TAO塾       波多野毅さん(熊本県小国)
 「阿蘇のふもとのスローライフ」
◇演劇「狐と狸」
  【クラーク記念国際高校大分キャンパス】
<特別報告>
 「子ども、若者の自立支援~教育、福祉、仕事、そしてネットワーク」
【NPO法人文化学習協同ネットワーク(東京都三鷹)】佐藤洋作さん

くまもと型ツーリズム シンポジウム

 感動体験「くまもと型ツーリズム」シンポジウム

九州新幹線の全線開業を見据え、訪れた人が感動を体験できる「くまもと型ツーリズム」の構築を目指して、具体的な議論を深めるためのシンポジウムを開催します。是非ご参加ください。

<内容>

●基調講演(13:00~14:45)
テーマ 「フランスの多彩なツーリズム」
講 師 大島順子氏((有)アールシーエス取締役・フランス在住)




●パネルディスカッション
テーマ 感動体験「くまもと型ツーリズム」を目指して

コーディネータ:井原満明氏((株)地域計画研究所代表取締役)
パネラー:江藤訓重氏(熊本ツーリズムコンソーシアム会長)
     :岩見龍二郎氏((社)天草宝島観光協会地域支援部長)
     :有馬誉夫氏(しまね田舎ツーリズム推進協議会)
     :大島順子氏(特別参加)

20071115162541.jpg


【感 想&まなび】
・フランスのツーリズム文化についてより良く知ることができた
・グリーンツーリズム評価指数=交流人口×滞在時間×感動量
・グリーンライフにおける「あそび」「しごと」「まなび」の三権分立
・農家民宿の細分化「子ども民宿」「ボランティア民宿」「交流民宿」
・体験メニューの大雑把化による柔軟化
・くまもと型とは? 「公→民」「老→壮→若」
・農村ツーリズム=ソーシャル・ツーリズム(医療/福祉/教育)
・外部コンサルでなく、農村で生きる覚悟のある人の誘致
・長期滞在型=自然体 「何もしない」=「なんでもできる」ツーリズム
・オーストリア・チロル地方で起きたこと
 ◆景観に魅力ある地域→観光客増加→外部資本のお土産屋
   →物価上昇→村人去る→魅力低下→観光客減少→外部去る
     →ゴーストタウン化→治安悪化

くまもと若チャレ!ワークキャンプ2007

1泊2日の農業ボランティア体験・参加者募集

~熊本県菊池市、水源と呼ばれる故郷で豊かな時間を過ごしてください。しいたけの原木運びや大豆の収穫に精を出し、地域のあたたかい心に触れるボランティア。汗を流し、人に出会い、次の自分を見つけるいいきっかけになるかもしれません。あなたの一歩につなげるために~

開催日 :11月10日・11日 1泊2日
活動場所:熊本県菊池市 
宿 泊 :きくちふるさと水源交流館
参加費 :1500円(食事、宿泊費、保険料含む)
集合時間:場所:12時00分 菊池プラザ(熊本県菊池市)
参加者 :16~35歳の若者15名、及び運営スタッフ5名
活動内容
1)ボランティア活動(農作業、しいたけ原木運び、大豆収穫など)
2)共同生活やレクリエーションなど参加者の交流を深める活動
3)ワークショップによる振り返りと今後へのつなぎ
主 催 :若者の人間力を高めるための国民会議
    特定非営利活動法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
共 催 :くまもと若者サポートステーション
協 力 :NPO法人きらり水源村、きくちふるさと水源交流館
後 援 :熊本県、菊池市
申 込 :特定非営利活動法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
若チャレ!ワークキャンプ担当 尾崎 LM-out@nice1.gr.jp

【スケジュール】
11月10日(土)
12:00 菊池プラザ集合、移動
13:00 オリエンテーション
13:30 ワーク開始
16:30 ワーク終了
17:00 フリー、食事当番は夕食づくり
19:00 夕食
20:00 お風呂
21:00 夜のプログラム
22:00 フリー

11月11日(日)
7:30 朝食
8:30 片付け
9:00 ワーク
11:30 ワーク終了
12:30 昼食
13:30 ワークショップ
15:00 終了、菊池プラザにて解散

参照ホームページ
若チャレ!若者チャレンジサイト
http://www.youngchallenge.jp/
特定非営利活動法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)サイト
http://www.nice1.gr.jp/


■ ライフスタイルフォーラム2007 ■

ナマケモノ倶楽部の辻信一さん、
  14歳で太平洋単独ヨット横断、一緒に竹筏で有明海横断の高橋スバル君、
    リオの地球環境サミットで伝説のスピーチのセヴァン・スズキさん、
 ap bank fesでもよく登場する ピースボートの小野寺さんの共演です!
 
 無料なので、ぜひ関東圏の人は行ってみてください!

■ ライフスタイルフォーラム2007 ■
メインフォーラム「エコロジー&ピース」

概要:15年前、地球サミットで伝説のスピーチをした当時12歳の
   少女セヴァン・スズキ。彼女をメインゲストに迎え、
   あの時の思い、そして未来への思いをじっくり伺います。
   辻信一さんを中心に、多彩なゲストとのトークセッション。
   アコースティックライブも開催します!

メインゲスト:セヴァン・スズキ(環境運動家、民族植物学研究者)
ゲスト: 小野寺愛(NGOピースボート共同代表)
      高橋素晴(環境活動家)
コーディネーター:辻信一(環境運動家、ナマケモノ倶楽部)
特別協力:ナマケモノ倶楽部

時間:13:00~16:00 (予約不要です。直接お越しください)
会場:新宿御苑・メインステージ(新宿区内藤町11)
参加費:無料(ただし、新宿御苑への入場料200円が必要となります)
問合せ:TEL:03-5114-1281、
FAX:03-5114-1283、
E-mail:info◆lifestyle-forum.org
主催:ライフスタイルフォーラム2007実行委員会


以下は、世界の人口 HPより抜粋

●人は生き物なので、誰もいつかは死んで、体は土になる。
 元素として形を変え、場合によっては、花になったり、他の動物になるかもしれない。
 何億年か何十億年先には、他の星になっているかもしれないよ。

●銀河系には約1000億の星があり、そんな銀河が宇宙に約1000億。だから宇宙全部で100垓(がい)個。
 1の後ろに0を22個つけた数の星が存在しているよ。10000000000000000000000個だね。
 で、一生懸命探しているんだけれど、他の星に生命をまだ確認できない。つまり...
 
地球の生き物は奇跡的な存在なんだ。
 生命の生きられる地球の存在が奇跡的
 地球の寿命の中でで、空気や水があり、気温の安定した今にいるのが奇跡的
 膨大な生物の中でヒトに生まれたのが奇跡的
 
花も鳥も、犬もクジラも、この地球だけにしかいない。
 その中でも
 
人は、みんなが大人になれる。
 ほとんどの動植物は他の動物に食べられてしまうんだ。
 例えば魚なら、卵や赤ちゃんの時に他の生物に攻撃され、
 大人になれるのは、たったの1千~1億分の1しかないんだよ。
 
人は、周囲のたくさんの人の応援で、大人になれる。
 
 君の命、DNAは君だけの個性、君だけの唯一のものだから、大切にね。

ワークキャンプやります!

帰ってからも頑張ろう
  と、思えたことが 
 この里がくれた 一番大切な思い出だった。

11/10-11は、『若チャレ ワークキャンプ』
http://www.youngchallenge.jp/


12月には、2週間のクリスマス・ワークキャンプ
http://nice1.gr.jp/wc-japan/nice-84.html
 この2週間のキャンプで、交流館裏山に
   インディアン・ティピィを建てます。

そして、来年2、3月には、
  国際親子ワークキャンプへと続いていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。