平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水源食の文化祭 07秋

風除けさんの日、八朔まつりの日

 その日は赤酒をもって、早朝早くに田んぼや畑に行って、『サク』の神様に収穫をお祈りします。最近はビール片手に ビールを撒いてまわる人もいるとこのこと。 そんな朝飯前のひと時の後、

  『水源食の文化祭』をします。
日時:9月1日(土)15:00-21:00
場所:菊池市 きくちふるさと水源交流館 
      交流レクリエーション室(体育館)

テーマ:“食の文化祭”からはじまる「地域の食育」
 何気ない日常の「食」について一緒に食べて 感じて 考えて、自分で 家庭で 地域でできる、「食」から変わる「はじめの一歩」を みんなで一緒に踏み出してみませんか?
 ①水源の家庭料理 大集合
 ②菊池の料理好きな人、食べるの好きな人 大集合 
 ③九州各地の食の文化祭の仲間 大集合

 < 開催スケジュール >
13:00~  出品者受付開始/開場
15:00~ 水源食の文化祭 準備 <搬入、料理カード記入>
18:00~ 水源食の文化祭開始 どんな料理も大集合!      
    <郷土食、思い出の食、行事食、重箱、お弁当等> 
20:30~ かたづけ

参加費:一般 1000円 会員:500円 出品者:無料

申込:きらり水源村
電話 0968-23-4011 FAX 0968-27-0107 
Email: kirari@suigen.org

スポンサーサイト

きくちふるさと水源交流館 メール通信 Vol.019 

 あと4日で皆既月食、お盆時期にはペルセウス流星群と夜空を眺めるのが、楽しい夏でした。
 毎日毎夜、子どもたちの声が響く、この古校舎から「ふぉっふぉっふぉ」と笑い声が聞こえます。
 久しぶりの夕立に 大地も喜んでいる 菊池・水源より お届けします。

 さーー、 月に2回のメール通信をお届けします。
 
------------------------------------------------------------  2007.8.24.

  ☆☆☆☆☆  きくちふるさと水源交流館 メール通信 Vol.019 ☆☆☆☆☆
  *11月分の施設利用予約を開始しております。ご利用お待ちしております。

   <特集1> 水源食の文化祭  8/31-9/1
   <特集2> 第1回食育推進くまもと県民大会
   <特集3> 森の感謝祭 9/23 (日)秋分
   <特集4> 若者支援&企業CSR型社員研修
   <特集5> 九州環境パートナーシップ・オフィス開設
   <特集6> 
   <8-10月の予定> 皆さん、参加してくださいね。
   <雑感> 9月1日~「Gazoo mura プロジェクト」始動

〒861-1441 熊本県菊池市原1600番地 きくちふるさと水源交流館
電話:0968-23-4011 FAX:0968-27-0107 メール:kirari@suigen.org
HP http://www.suigen.org ブログ http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/
------------------------------------------------------------ ------------

<特集1> 水源食育ウイーク  8/27-9/2
第1部 韓国フードツーリズム~大長今料理を学ぶ旅~
【日時】8月27日(月)~8月30日(木)3泊4日
【場所】韓国・慶州南道、忠清北道、ソウル
【内容】きらり水源村の女性職員2名が韓国宮廷料理、及び韓国郷土料理を学ぶ旅をプロデュースするために、まずは下調査に行きます。韓国農村経済研究所の崔東柱氏の案内で慶州南道の郷土料理研究家、忠清北道の宮廷料理研究家のご家庭を訪ねて、交流を深め、次回の視察研修プログラムへ向けた打ち合わせをしてきます。

第2部 食の文化祭リレートーク (公開講座)
【日時】8月31日(金)18時~21時
【場所】きくちふるさと水源交流館 交流室
【内容】それぞれの地域のそれぞれの特色ある「食の文化祭」の取り組みを聞いて、今年の九州の『食の文化祭』をハシゴして、「食」を食べるところから始めましょう!
【定員】50名  【参加費】 無料

第3部 水源食の文化祭 「みんなの料理大集合」
【日時】9月1日(土)15時~21時
【場所】きくちふるさと水源交流館 交流レクリエーション室(体育館)
【内容】食の文化祭”からはじまる「地域の食育」
 何気ない日常の「食」について一緒に食べて 感じて 考えて、自分で 家庭で 地域でできる、「食」から変わる「はじめの一歩」を みんなで一緒に踏み出してみませんか?
 ①水源の家庭料理 大集合(各区婦人部による)
 ②菊池の料理好きな人、食べるの好きな人 大集合
 ③九州各地の食の文化祭の仲間 大集合
 ④世界のおいしい料理 大集合
【定員】 200名(定員になり次第締め切り)
【参加費】一般:1000円(1ドリンク付)、会員:500円(1ドリンク付)
*出品者は無料・・・自分の料理(郷土食、思い出食、行事食、重箱、弁当等)をお持ち下さい

第4部 水源郷土食話会 「梨オーナーを郷土食でもてなそう!」
【日時】9月2日(日)11時~13時
【場所】きくちふるさと水源交流館 食堂
【内容】菊池観光物産館のステビア梨オーナーの皆さんと、梨農家の皆さんの交流会をプロデュース。郷土食を囲んで、味わい、話が弾むことでしょう!

<特集2> 「第1回食育推進くまもと県民大会」が無事、開催されました!
 22日、「食育推進くまもと県民大会」が下益城郡城南町の火の君総合文化センターで開催された。
 「健全な食生活や食習慣について考える」がテーマだった。県内の各地から集まった550人を前に、NPO法人日本食育協会理事の鈴木雅子さん(福山平成大学客員教授)が基調講演を行って最近の若者や子どもの食生活について「何をどのように食べなければならないのかが、正しく伝えられていない」と指摘してました。
 分科会では、城南中学校で「弁当の日」の取り組みをプロデュースする管理栄養士の発表、嘉島町で食農教育に取り組む農業者の発表、食の樂校にも来て頂いた『霧島食育研究会』の千葉しのぶさんの事例発表があった。
 また、会場内にはパソコンで食事のバランスをチェックするコーナー、各地の取り組みの様子のパネルもあり、大勢の人でにぎわっていました。
 以下、今夏に来館した、子どもたちの『お弁当に入っていたら嬉しいおかず』の投票結果です。
第1位 から揚げ    115ポイント  第2位 ハンバーグ   65ポイント
第3位 たまご焼き    57ポイント 第4位 グラタン    49ポイント
第5位 スパゲッティー 44ポイント 第6位 ウインナー    23ポイント
第7位 えびフライ    19ポイント 第8位 ステーキ    16ポイント
第9位 ミートボール  16ポイント 第10位 えびチリ    13ポイント
第11位 春巻き、ポテトサラダ、だし巻き卵、もやし炒め、チキンナゲット 3ポイント
第12位 バーベキュー、肉巻きチーズ、メロン、チキンカツ、えのき巻きベーコン、米、えだまめ、ハンバーガー 2ポイント
第13位 冷凍食品、マッシュポテト、ハッシュポテト、エビピラフ、いちご、漬け物、厚焼き玉子、きんぴら、おからハンバーグ、フライドポテト、焼き鳥、ほうれん草炒めもの、サラダ 1ポイント

<特集3> 『森の感謝祭』 9/23 (日)秋分 
 国際ボランティアによる森づくりのメンバーがお世話になった、木護の正木高志さんの主宰するアンナプルナ農園より、『森の感謝祭』のお知らせです。
 
 森の感謝祭は 森のおかあさんありがとう
  水の神さまありがとう  火の神さまありがとう
自然の恵みをいつもありがとう と感謝するお祭です。

祈り 12:00~ 祭り 14:00~22:00
【場所】 菊池市木護 アンナプルナ農園
【料金】前売り ¥2500 当日¥3000(中高生¥1000 当日¥1500 こども無料)
【出演】*真砂秀朗 *サヨコオトナラ  *内田ボブ *長沢哲夫  *ミナル
    *九州ジェンベクラブ *正木高志&チコラビ
*****************************
☆チケットはご住所、電話番号、枚数をお書きの上tel、fax、mailでお申し込みいただけます。
☆チケット取り扱い  *アンナプルナ農園     0968-27-0212  


<特集4> NICEとの協働プロジェクト~若者支援&企業CSR型社員研修~
 毎年、秋に国際ワークキャンプを共催しているNICEから、今秋は以下の2つのプロジェクトの共催の依頼がきております。
 ジャンルとしては、若者支援プログラムの開発と企業のCSR・社員研修プログラム開発。
①「くまもと若チャレ・ワークキャンプ」 11月3日-5日
 このイベントは、平成17年度より厚生労働省施策として実施されている「若者の人間力を高めるための国民運動」の一貫として実施される。基本的な内容は、地域ボランティアをしながら、共同生活する週末ワークキャンプ方式で実施し、今年度は地域の若者への周知・啓発・参加者フォローアップをより充実させるために、全国8~10ヶ所(栃木、東京、福島、大阪、熊本等)の各地域若者サポートステーションとの共催事業になる予定。
②「CCC グループワークキャンプ」11月16日(金)~19日(月)3泊4日
 CCC(ビデオレンタルのTSUTAYAのカードを主に作っている会社)より、140名の社員研修、CSRの一環としてワークキャンプ方式でのグループワークキャンプの実施依頼。
 開催目的としては、地域ボランティア活動を通じた社会貢献や活動を通じた学びや経験を得ること。また、社員が一緒に活動することで、連帯感やチームワークを高め、これまでにないような最高な思い出づくりをすること。
 具体的な打ち合わせは、ボランティア作業(農作業、森林作業)、体験学習(農村体験、料理大会、収穫祭、郷土学、食育)、アクティビティー(スポーツ大会、ワークショップ)を組み合わせながら、これから考えてゆきます。

<特集5> 九州環境パートナーシップ・オフィス「EPO(エポ)九州」
「EPO(エポ)九州」は、「環境」をテーマに環境省、行政、企業、NPO、環境啓発施設、大学等の研究機関、住民・市民等による協働による環境課題・環境問題の解決に向けたプロジェクト等に対する総合的なプロデュース&コーディネーション、中間支援を行なう拠点(オフィス)です。

 9月1日より、業務運営を(特活)コミネット協会が受けて、熊本市内の熊本市国際交流会館の2Fフロアーに開設されます。同時に、オープニング・セレモニー&フォーラム&交流会が開催されます。
●第1部 13:30~16:00
【会場】熊本市国際交流会館2F 交流ラウンジ
  オープニング・セレモニー 
  オープニング・フォーラム「九州環境パートナーシップ円卓会議」
●第2部 17:00~ 
【会場】熊本市民会館1階 もったいない食堂
  レセプション(情報交換会・交流会) 会費 4000円

<特集6> 夏のご利用ありがとうございました!
 木村様、猪田様、橋柿様、堀口様、山本様、三木様、大崎様、
 双羽幼稚園、市政を考える女性の会、韓国農村経済研究所、北合志保育園、懐かしい未来づくりの学び舎、こばと保育園、菊池少年野球、少林寺拳法、今区子ども会、植木こどもの城、北合志保育園、南が丘小学校、楡木小学校野球部、宇土鶴城中ソフト部、菊地るねさんす、語学童夢ヘッセル、菊池北小学校6年生の皆さん、ご利用ありがとうございました。
 お礼状とともに、ap bank fes 07でお披露目した『竹のペンダント』をご送付させていただきますので、今後とも宜しくお願いします。

 <今秋の事業のスケジュール>
8月24日(金) 【事業】きらり神楽教室
8月24日-26日【事業】菊池おいしい村づくり
8月26日-29日【事業】おとな村2007
8月27日-30日【事業】韓国フードツーリズム
8月31日(金) 【事業】きらり神楽教室
      【事業】水源食の樂校
9月1日(土) 【事業】水源食の文化祭
9月2日(日) 【昼食】菊池観光物産館 梨オーナー制度
9月3日(月) 【会議】菊池市グリーンツーリズム庁内推進会議
9月7日(金) 【事業】きらり神楽教室
9月14日(金) 【事業】きらり神楽教室
9月16日(日) 【校区】水源体育祭
9月21日(金) 【事業】きらり神楽教室
9月22日-23日【事業】菊池おいしい村づくり
9月28日(金) 【事業】きらり神楽教室
10月13日-15日【事業】ふるさと樂校~水源ツーリズム中学校~
11月3日-4日 【事業】くまもと若チャレ ワークキャンプ

   【交流館 宿泊利用状況】
8月24日(金) 【利用】泗水小38名、西合志中21名
8月25日(土) 【利用】西合志中 21名
8月26日(日) 【利用】菊池南中 21名
9月1日(土) 【利用】泗水ジュニアバレー 30名
9月8日(土) 【利用】レジ袋 MOTTAINAI隊 50名
9月14日(金) 【利用】熊本大学教育学部 16名
9月17日-19日 【利用】熊本大学教育学部 30名
9月22日(土) 【利用】菊池北中学校 43名
9月29日(土) 【利用】菊池南中学校 50名
9月30日-10月2日 【利用】翔陽高校 12名
10月13日(土) 【利用】子育て支援 30名
10月20日(土) 【利用】フリーハンズ 50名
10月27日(土) 【利用】農協観光 45名

 <雑感> 9月1日から運用開始 マチとムラを繋げる 「Gazoo mura プロジェクト」
 きらり水源村(農村NPO)×九州のムラ(都市シンクタンク)×トヨタ自動車(企業)
 
 自然豊かな農村や漁村に出かけ、そこでとれる新鮮な野菜や果物を地元の直売所で見つける。地元の農家レストランでその地域の美味しい料理に舌鼓をうち、一緒にモノを作ったり、様々な農村の暮らしを体験する。地域に暮らす人たちと触れ合い、語り合い、その地域のこと、暮らしのこと、いろんなことを学ぶ。ツーリズム(グリーン・エコ)、スローライフ、スローフード、ロハスを求める人々が、ムラに出かけ始めている。
 この業界で10数年になるボクにしてみると当たり前のようなことが、世間一般ではやっと認知し始めてきた感じです。背景には、従来の観光型→ツーリズム型→ライフスタイル型へ、旅のスタイルや嗜好性が変わってた、というのがあります。そこに目をつけたのが 世界のTOYOTA。
(株)トヨタ自動車は社会貢献活動の一環で、携帯とパソコンとカーナビが連動したポータルサイト”GAZOO.com”(ガズー)の中に、「九州のムラ」との協同プロジェクトで「Gazoo mura」プロジェクトが昨年11月にスタート。試験的に九州のツーリズムのメッカ、安心院・小国・蒲江がモデル地域として登録。ムラの人々が日々ブログをアップしています。
 フランスではいち早くタイヤメーカーのミシュランがマチとムラを既に繋げているように、過疎化し、公共交通機関が途絶えつつある地域を応援しようと自動車産業が、観光やツーリズム推進を兼ねて立ち上がりました。
「Gazoo mura」は、ムラを訪れたいと思うマチの人たちと、訪問者を歓迎するムラの人たちとの交流プロジェクト。ムラの本物のファンが増えて、ムラの継続的な活性化に繋がっていく足がかりになる可能性を秘めている。毎年、リピーターがたくさん訪れるムラをたくさん創る。それが、ボクがこの時代に、この場所で目指してきたこととであり、今、このムラで日々実践していることへと繋がっています。
 大分県宇佐市安心院町、佐伯市蒲江、熊本県小国町の3ヶ所で始まった「Gazoo mura」が、9月1日から九州全県16ヶ所に広がるので、『きらり水源村』もエントリーします。
  Gazoo muraブログ ~きらり水源村~ (熊本県菊池市)
 阿蘇外輪山の北玄関に位置する菊池水源、木造平屋建ての中学校校舎跡地を活用した『きくちふるさと水源交流館』を拠点に「まちづくり」と「グリーンツーリズム」を推進している。
 日々の活動の案内や様子を【親ブログ】では紹介していきます。
【子ブログ】①やまあい村ブログ・・・放牧養豚“走る豚”やWWOOFで訪れるゲストのレポート 
      ②おっかさんブログ・・・郷土食やおばあちゃんたちの日々の暮らしレポート 
      ③農家レストラン・・・創作料理「山ごぼう」、雉とホロホロ鳥「きじの松田屋」、ヤマメと地鶏「望野山」
      ④こたかんちょー・・・就農に環境教育に四苦八苦、新米スタッフ奮闘記
【参照】 https://gazoo.com/G-Blog/suigen001/index.aspx

お弁当に入っていたら嬉しいおかず

第1位 から揚げ    115ポイント
第2位 ハンバーグ    65ポイント
第3位 たまご焼き    57ポイント
第4位 グラタン    49ポイント
第5位 スパゲッティー 44ポイント
第6位 ウインナー    23ポイント
第7位 えびフライ    19ポイント
第8位 ステーキ    16ポイント
第9位 ミートボール  16ポイント
第10位 えびチリ    13ポイント
第11位 春巻き、ポテトサラダ、だし巻き卵、もやし炒め、チキンナゲット 3ポイント
第12位 バーベキュー、肉巻きチーズ、メロン、チキンカツ、えのき巻きベーコン、米、えだまめ、ハンバーガー 2ポイント
第13位 冷凍食品、マッシュポテト、ハッシュポテト、エビピラフ、いちご、漬け物、厚焼き玉子、きんぴら、おからハンバーグ、フライドポテト、焼き鳥、ほうれん草炒めもの、サラダ 1ポイント

 準備&打ち合わせ

8/21
 加工部9名と理事長、館長で
   水源食の文化祭の骨子の確認をしました。
 いつもエンジンかかるのが、遅いので今から本格準備です。
   水源地域→区長さんを通じて
   菊池市内→加工部を通じて、再度依頼
   それ以外→メール、電話で確認
   一般→熊本日日新聞、各種メディア、行政・学校に働きかけ
 
8/22
  水源校区の区長さんに集ってもらって、
   各区の婦人部に協力してもらうように依頼。
  最終的な人数のとりまとめを27日までとし、
   28日に最終的な打ち合わせをすることに。
     なにかアイディアあれば、それまでにどうそ! 
 
8/23
 広報・宣伝を兼ねて、
  菊池養生園・伝承館の皆さんの集まりに
    誘われたので出席してきました。

 30数年前から、「医食農同源~医は食に、食は農に、農は大地に学べ~」と竹熊宜孝さんのもとで、数々の実践を重ねてきた菊池養生園や伝承館の取り組みを支えてきた新旧の様々な人との出会いで、また一歩厚みのある『水源食の文化祭』となりそうです。

食育推進くまもと県民大会

 22日、「食育推進くまもと県民大会」が下益城郡城南町の火の君総合文化センターで開催された。
 「健全な食生活や食習慣について考える」がテーマだった。
 県内の各地から集まった550人を前に、NPO法人日本食育協会理事の鈴木雅子さん(福山平成大学客員教授)が基調講演を行って最近の若者や子どもの食生活について「何をどのように食べなければならないのかが、正しく伝えられていない」と指摘してました。
 分科会では、城南中学校で「弁当の日」の取り組みをプロデュースする管理栄養士の発表、嘉島町で食農教育に取り組む農業者の発表、食の樂校にも来て頂いた『霧島食育研究会』の千葉しのぶさんの事例発表があった。
 また、会場内にはパソコンで食事のバランスをチェックするコーナー、各地の取り組みの様子のパネルもあり、大勢の人でにぎわっていました。

【以下、個人的な感想】

 霧島食育研究会の千葉しのぶの指摘する、食育のポイント
(1)自分の毎日の食について少し立ち止まって考えてみる
(2)家庭や地域に伝わる食べ物や食生活の知恵を見直してみる
(3)食べ物が自分の口に入るまでにいろいろな人がかかわってきたことに気づく。
 
 というトコロ以外は、あまりココロに響く内容でなく、はるかに養生園夏季セミナーにおける実践と学びのサイクルを組み込んだプログラムが光り輝いた。

 昨年、食の樂校で講師の方々の実践からココロに響くコトバの数々を頂いた経験から
 「いのち」や「暮らし」の視点なく、食育ブームをただ煽るだけの、こういった行政の大会がなにを社会にもたらすのか、、、。
 生産者と消費者、人と食材の距離が遠くなる中で、圧倒的に消費者の側の人間の多い、クーラーの利いた庁舎の中で考えられる食育の限界性が明らかに映し出された食育大会だった。

【報告】合志子ども劇場

 今夏2回目の日帰り利用の合志子ども劇場さん。

 今日は流しそうめんに挑戦しました。
20070824000209.jpg

 地域のきらりびとに手伝ってもらって、上手に箸とカップも作って、
流す台も竹で上手に作れました。
20070824000156.jpg

【報告】菊池るねさんす

地元NPO法人「菊池るねさんす」(宮川健一郎代表)が20~21日に開いた高校生対象の「サマーキャンプ2007」が裏山竹林でのBBQや水源支館を使ったワークショップをしながら、宿泊棟に滞在されました。
 夜のプログラムで、将来の親を育てるのが狙いとのことで、「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」についてディベートしました。
 ディベートには高校生19人を含め、地元青年団、同法人のスタッフら約100人が参加して、熱気ムンムンでした。
20070824000905.jpg

今日の訪問者

 阿蘇市(旧波野村)で実施されていた、国際ワークキャンプの受入責任者、キャンプリーダー、参加者一行が帰りに寄ってくれました。

 ちょうど そのときに卒業生で24-25歳くらいの子達も来てくれていました。
20070824000120.jpg

【報告】楡木小学校 VS 菊之池小学校

 甲子園で熱闘が繰り広げられています。

ここ水源でも、将来の甲子園のスターたちが熱闘を繰り広げております。
【明日の試合を前に、作戦会議をする監督と子ども】
20070824000725.jpg

【親の応援も熱が入ります!】
20070824000741.jpg

【接線の末、楡木小学校が勝ちました!おめでとう】
20070824000757.jpg

8月24日~9月1日 参加者募集中!

水源ふるさと樂校 週間
おいしい村づくり 「親子の農業自然体験」
【日 時】2007年8月24日(金)18時~8月26日(日)15時
【場 所】熊本県菊池市 きくちふるさと水源交流館 
【内 容】前日からのテント泊のキャンプも可能。そばの種蒔き、昨年収穫したそばを石臼で粉挽きして、そば打ち&そばクレープに挑戦します。恒例の川あそび、虫取りもできます!
【定 員】 40名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
【参加費】 全参加(全て2泊3日の宿泊費、食事代、寝具代、傷害保険料等を込みます。)
一般(小学生以上) 2,000円  乳幼児 1,000円  

おとな村 「若者の若者による若者のための遊び場づくり」
【日 時】2007年8月26日(日)18時~8月29日(水)
【場 所】熊本県菊池市 きくちふるさと水源交流館 
【目 的】 水源、日本、世界で 子ども活動を楽しくサポートできる人材を育てる!
◇みんなが「水源」を大好きになり、かなり濃い『夏=水源』の思い出をつくる
◇テント設営、野外炊事などの野外生活で「生きる」知恵を養う、物事を見る視点を学ぶ。
◇みんなで火を囲みながら、恋愛話や体験談をして、絆を深め、想いを共有する。
◇『子ども村』のように、自分たちで計画、自分達で楽しみたいことを思いっきり楽しむ
【内 容】(実施案)星座観察、サバイバルゲーム、ナイトハイク、源流ハイク(川探検)、 
     皆既日食観察、魚釣り、川遊び、竹細工、箸づくり、紙漉きetc
【定 員】 20名(高校生以上。定員になり次第締め切らせていただきます。)
【参加費】 全参加(全て2泊3日の宿泊費、食事代、寝具代、傷害保険料等を込みます。)
一般 5,000円  会員 4,000円  

食の樂校 「九州 食の文化祭リレートーク」 (公開講座)
【日 時】2007年8月31日(金)18時~21時
【場 所】熊本県菊池市 きくちふるさと水源交流館 交流室
【内 容】 それぞれの地域のそれぞれの特色ある「食の文化祭」の取り組みを聞いて、今年の九州の『食の文化祭』をハシゴして、「食」を食べるところから始めましょう!
霧島・霧島食育研究会「霧島 食の文化祭」・・・子や孫に残したい霧島の食は何ですか?
高千穂・「高千穂の家庭料理大集合!」・・・高千穂の今あるものを食べる。
【定 員】 50名
【参加費】 無料。宿泊費2625円、夕食500円、朝食600円は別途、徴収いたします。


水源食の文化祭 「みんなの料理大集合」

【日 時】2007年9月1日(土)15時~21時
【場 所】熊本県菊池市 きくちふるさと水源交流館 交流レクリエーション室(体育館)
【内 容】食の文化祭”からはじまる「地域の食育」
 何気ない日常の「食」について一緒に食べて 感じて 考えて、自分で 家庭で 地域でできる、「食」から変わる「はじめの一歩」を みんなで一緒に踏み出してみませんか?
①水源の家庭料理 大集合(各区婦人部による)
   ②菊池の料理好きな人、食べるの好きな人 大集合(農村女性グループなど)
③九州各地の食の文化祭の仲間 大集合(水俣、高千穂、霧島など)
   ④世界のおいしい料理 大集合(韓国、インド、タイ、チェコ、エストニア等)
その他、お弁当、今昔の給食メニュー、アウトドア料理などの試食・展示コーナー、各地の食の取り組みのパネル展示やきらり水源村の各種事業のパネル展示も実施します。
【定 員】 200名(定員になり次第締め切らせていただきます。)
【参加費】一般:1000円(1ドリンク付)、出品者:500円(1ドリンク付)
*出品者は無料・・・自分の料理(郷土食、思い出食、行事食、重箱、弁当等)をお持ち下さい

申込方法 : 電話・FAX・メールのいずれでも結構ですが、以下の点にご注意ください。
「水源食の文化祭」参加希望と記入し、氏名・年齢・連絡先(住所・電話番号) ・ 所属(農村グループ/勤務先/大学学部など)を併せてお知らせください。
メールでのお申込み・お問い合わせは、 kirari@suigen.org までどうぞ。 

【お申込み・お問合せ先】
〒861-1441 熊本県菊池市原1600 ℡(0968)23-4011 fax(0968)27-0107
NPO法人きらり水源村 水源食の文化祭実行委員会

<実施スケジュール> (31日の宿泊滞在者分も含む)
6:00~ 集落探検 (八朔の節句、風除け)
7:00~ 1班:農作業(田んぼ草とり)、2班:竹箸・竹食器づくり
8:00~ 朝食
9:00~ 自由時間
12:00~ 昼食
13:00~ 水源食の文化祭 準備
15:00~ 受付 <搬入、料理カード記入>
18:00~ 水源食の文化祭開始 どんな料理も大集合! (どなたでも参加できます!)★
    <郷土食、思い出の食、行事食、重箱、お弁当等> 
20:00~ 交流会/コンサート・ライブ(飛び入り歓迎)(どなたでも参加できます!)★

 舞台裏

 夏休み中のキャンプ受入をする際に、
  重要になってくるのが、60代を超えた
    ばあちゃん達による加工部の舞台裏での活躍。


 昨日もせっせと仕事や家事の合間を縫って、
   カレーライスづくりに来てくれました。。。
20070819104153.jpg


 でも、普段 郷土料理は作り慣れてるけど、
   カレーライス100人分は ほとんど作った経験ゼロ。

 カレー&焼肉&鍋番長のボクも入って作りました。
   カレールーの代わりに、レトルトを間違えて買ってきたり、
     隠し味にチーズを入れるタイミングを間違えたり、
20070819104206.jpg


  普段は テキパキ 流れるようにシゴトをする
    ばあちゃん達の苦手分野を知って、ほのぼのしました。

【間違えちゃったねぇ、、、、あはははは。。。】
20070819104219.jpg

暑い夏は川あそびに限る<楡木小学校>

 今日は、97人の楡木小学校野球部と保護者の合宿。

 午前中は練習、昼食にカレーライスを食べて、
  一路、川(千畳河原)へGO!

 たくさんの人が地元民も県外ナンバーも含めて遊んでました。

 人数が多かったので、一番上流側の小さな堰で
   川遊びを満喫しました。
070818_1418~01.jpg

070818_1419~01.jpg

070818_1419~03.jpg

070818_1419~04.jpg

070818_1542~01.jpg

【報告】合志市南が丘小学校

 昨日は、川あそび、肝だめし、花火。
 今日は、ピザづくりをしました。

 今回はピザづくりの特集です。
 写真で準備風景から 食べるまでをご覧下さい。
20070818181343.jpg

20070818181431.jpg

20070818181415.jpg

20070818181353.jpg

20070818181450.jpg

【報告】菊池養生園セミナー

 養生園セミナーの初日、懇親会に参加してきました。

 全員の参加者・スタッフの自己紹介。
 
 一風変わった試みとして、ゲストの竹下さんにちなんで
  一番思い出に残る「弁当」を紹介すること!
   そして、今 興味のあること、をみんなで共有しました。
 
 1日目のワークショップとして、
   各々の生活の中で
  「衣」・「食」・「住」・「その他」
    で思い浮かぶキーワードをカードに記入し、
  その中から 現在の家庭での『暮らし』の様子が浮かび上がりました。
 
 その後、竹下先生の国分寺中学校での合唱コンクールに向けた取り組みのビデオの鑑賞後、熊本で始めての実践、城南中学校の取り組みのレポートがありました。

 その後、食堂での竹下先生を囲んでの懇親会となりました。

 食の樂校で講師としてお呼びした皆さんが揃っていて
   楽しいひとときとなりました。20070818172219.jpg

20070818173357.jpg

森の感謝祭 9月23日(日)秋分

 国際ボランティアによる森づくりのメンバーがお世話になった、木護の正木高志さんの主宰するアンナプルナ農園に、昨日は行ってきました。
 9月23日(日)にされる『森の感謝祭』を紹介します。
 4年前に寄贈いただいた『木を植えましょう』や昨日頂いた『空とぶブッダ』も読破しましたが、近くにこういった方がいらっしゃるのも、活動を続けていく上で、勇気づけられます。

 森の感謝祭は 森のおかあさんありがとう
  水の神さまありがとう  火の神さまありがとう
自然の恵みをいつもありがとう と感謝するお祭です。

森の感謝祭 9月23日(日)秋分 
祈り 12:00~
祭り 14:00~22:00

場所、アンナプルナ農園

前売り ¥2500 当日¥3000 
(中高生¥1000 当日¥1500 こども無料)
*チケット発売中 詳しくは↓

☆出演 
*真砂秀朗  *サヨコオトナラ  *内田ボブ   
*長沢哲夫  *ミナル      *九州ジェンベクラブ 
*正木高志&チコラビ

*****************************

☆チケットはご住所、電話番号、枚数をお書きの上tel、fax、mailでお申し込みいただけます。
郵便振り替えでご送金下さい。確認後チケットを郵送させていただきます。
振り込み先(加入者名)アンナプルナ農園 
(口座番号)01950-7-10678

☆チケット取り扱い
*アンナプルナ農園     0968-27-0212
*ラブランド        096-362-4130
*Wassa Wassa(ワサワサ)  096-212-6131
*ココペリ         096-329-3857
*PEMA          090-8355-0217

*****************************
☆フリーマーケット募集しています。みんなで地球人の市場を開きましょう。
楽しいお店、美味しいお店、古着屋さん、色んなお店待ってま~す。出店料¥1000 要予約です。

* myハシ、myカップ歓迎。

*キャンプできます。野外の夜は冷えます。
防寒具をお忘れなく。
*近くに素泊まりロッジあり。 寝具はご持参ください。
 一泊千円。要予約。(正木まで)

*雨天の場合アンナプルナ農園  母屋にてお祭りします。

【“森の感謝祭 9月23日(日)秋分”の続きを読む】

宿泊ラッシュ 開始

今日から夏休み後半期の宿泊ラッシュが始まります。
17日(金)合志市 南が丘小学校
18日(土)熊本市 楡の木小学校 野球部
19日(日)宇土市 鶴城中学校
20日(月)菊池市 菊池るねさんす
21日(火)山鹿市 語学童夢 ヘッセル
22日(水)休館日
23日(木)菊池市 菊池北小学校6年生
24日(金)合志市 西合志中学校 野球部
      菊池市 泗水小学校
25日(土)合志市 西合志中学校 野球部
      【事業】おいしい村づくり
26日(日)菊池市 菊池南中学校
      【事業】おいしい村づくり
27日(月)【事業】おとな村
28日(火)【事業】おとな村

皆さん、楽しい思い出をたくさん作ってかえってくださいね。

下見に来られました!

 交流館は、ユニバーサルデザインもコンセプトに改修されています。


 10月に50人程度の青年障がい者の皆さんの集まりをするそうで、事前の下見に訪問していただきました。

水源ウオーク

 8月下旬の『おとな村』の下見のために、

 今朝、菊池渓谷~かぶと岩まで行ってきましたぁ。

 片道約2時間の登りをががーーーーっと1時間で登り、

帰りはヒッチハイクで戻ってきましたぁ。

 【菊池渓谷の水は冷たくて美味しかったぁーー】
20070818170632.jpg


【かぶと岩に到着間近に、きれいに咲いていた花】
20070818170712.jpg

 8/26-8/29 「水源おとな村2007」

   8/26-8/29 「水源おとな村2007」
  ◇おいしい村づくり 8/24-8/26との連続参加歓迎◇

■目的■ 
 水源、日本、世界で 子ども活動を楽しくサポートできる人材を育てる!
◇みんなが「水源」を大好きになり、かなり濃い『夏=水源』の思い出をつくる
 ◇テント設営、野外炊事などの野外生活で「生きる」知恵を養う、物事を見る視点を学ぶ。
 ◇みんなで火を囲みながら、恋愛話や体験談をして、絆を深め、想いを共有する。
 ◇『子ども村』のように、自分たちで計画、自分達で楽しみたいことを思いっきり楽しむ

 参加対象:高校生以上の15名
 ①水源在住、又は出身の若者(40歳位まで) 
 ②04~07年 子ども村あにま経験者
 ③04~07年 交流館の子ども活動スタッフ   
 ④特別ゲスト(NEXTEP、NICE、ASEEDJAPAN、ap bankなど)
 *①~③は部分参加も歓迎。26日夕方~夜がハイライト!
 *④は基本的に全期間参加とする!
【集合・解散】 現地 きくちふるさと水源交流館
<送迎>
集合:菊池温泉バス停 24日 17:30、26日 17:30 
解散:菊池温泉バス停 26日 17:00、29日 15:30 
 
     <スケジュール(案)>
24日(1日目) おいしい村準備(テント設営)
25日(2日目) おいしい村(そばの種蒔き、川あそび)  
26日(3日目) おいしい村(川あそび)、ミーティング、星座観察
 4日目以降のスケジュールは、26日のミーティングでやりたいことを話し合う! 
 例)サバイバルゲーム、ナイトハイク、源流ハイク(川探検)、 
 星座観察、魚釣り、川遊び、箸づくり、紙漉きetc

◆参加費◆ 
 1日につき1000円(期間中の飲食費、保険代含む)
   +会費1000円(非会員)

第28回公立菊池養生園夏期セミナーの公開講座

「自分で作る弁当の日」をはじめられ、各地に広められている竹下和男先生が、熊本県、菊池市に来られます。第28回公立菊池養生園夏期セミナーの公開講座です

とき 8月18日(土)
ところ 公立菊池養生園診療所・芭蕉堂
入場無料、どなたでも参加できます。



以下、菊池養生園栄養士の、田中裕子さんより

戦後普及した様々な電化製品・サービス産業。「冷蔵庫」「洗濯機」「掃除機」「電子レンジ」「レトルト食品」「24時間営業レストラン」などなど。暮らしがずいぶん楽になり、時間が短縮され、便利な世の中になりました。 
 暮らしの時間が短縮した分、仕事や学びの時間に追われていませんか?何か心に生まれた隙間、違和感を感じる人が増えてきています。
 今回、公開講演会でご講演いただきます竹下和男先生は、中学校で「自分でつくる弁当の日」を設け、子どもたちそして親子の「暮らしの時間」を取り戻す取り組みをされています。
 何気ない日常の「暮らしの時間」について一緒に考え、自分でできる、まわりが変る「はじめの1歩」をみつけてみませんか?

<竹下和男先生のプロフィール>
1949年  香川県生まれ。香川県在住。
2000年 小学校、中学校教員、教育行政職を経て           
2000年度より綾南町立滝宮小学校長、          
2003年度より国分寺町立国分寺中学校長。食農教育に力を注ぐ。      
著書に『“弁当の日”がやってきた』他多数。

お問合せ先
〒861-1201  熊本県菊池市泗水町吉富2193-1
菊池養生園 医食農夏期セミナー実行委員会
電話(0968)38-2820
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。