平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】霧島・大人のための食育セミナー

きらりびと講座の一環として、
20070429201703.jpg


『大人のための食育セミナー・霧島』へ研修に行ってきました。

 今回は、昨年度実施した「ふるさと食の樂校」に講師としてお招きした霧島食育研究会の千葉しのぶさんの誘いもあり、お邪魔してきました。

20070429201640.jpg

【今回の講師の皆さんと、きらり水源村女性部で記念撮影】

 民俗研究家の結城登美雄さんの講演に始まり、
  森の新聞社 森千鶴子さん、愛林館 館長 沢畑亨さん、
  枕崎食の祭典 鮎川ゆり子さんといった
 豪華な講師の皆さんの事例紹介とトークセッション。

 西日本新聞社 食卓の向こう側 編集委員 佐藤弘さんの
   「弁当の日」の事例紹介などもあって、内容のある、中身の濃いスタディー・セッションでした。

 その後、会場を移して、懇親会となり、チェロの演奏と美味しい創作料理に舌鼓を打ちながらの会食となりました。
20070429201652.jpg

【懇親会で談笑する、きらり広報部長 武藤計臣&愛林館館長 沢畑さん&増刊源田農業編集長 甲斐さん 】

 2日目は、食の文化祭を実際にする段取りを教えていただきました。
20070429201850.jpg

【聞き取りのやり方、料理写真の撮影方法などの実践スタイル】

 水源で実施している「食の文化祭」とは趣の異なるスタイルを詳細に渡り、教えていただいたことで、参加した女性部一同、やる気になり、9月1日~2日、八朔祭(風鎮祭)のある週末に、風人への感謝の気持ちを込めて、今回の研修会を通して得た良さも入れた「水源食の文化祭」を実施する運びになりました。

 今回は、増刊現代農業の編集長でいつもお世話になっている甲斐さんや、養蜂や神楽を通してお世話になっている高千穂の皆さん、竹イカダ・プロジェクトで足繁く通ってもらった伊藤さん、前述の講師の皆さんなど懐かしい皆さんにもお会いでき、研修に行った参加者とも繋ぐことができました。
 また、新たな出会いとしても小暮シェフや高知や静岡や神奈川から参加された想いのある皆さんとのご縁ができ、とても素晴らしい2日間となりました。

 最後に、、。
・・・小さな農村から日本の食卓が変わる、しかも九州からの風が起きる・・・

 そんな確信めいた実感を得ることができました。
主催のNPO法人霧島食育研究会の皆さん、ありがとうございました。

【助成】(財)日本財団 きらりびと講座・あにま講座
スポンサーサイト

青少年Webマガジンで紹介されました

 2月末に取材を受けて、一緒にかまどづくりをしてもらった、記事が掲載されました。

 ありがとうございます。

http://www.seishonen.org/2007_03/7908.html

FM ふくおか にて紹介されました。

 FM ふくおかのホームページで紹介していただきました。

 たどり着くのに、時間がかかりますが、楽しげに紹介していただいて嬉しいですね。

http://fmfukuoka.co.jp/joho/detail/2007/04/post_11.php#more

4/22 10:00-12:00 「懐かしい未来~ラダックから学ぶこと」上映会

 急なお知らせですが、明日朝10じ~ 鎌田陽司さんを囲んで、
 ドキュメンタリービデオ「懐かしい未来~ラダックから学ぶこと」のビデオ上映会とおしゃべり会をします。

 ラダックの話は、去年の今頃、韓国を訪問いた際に、ヨンセイ大学のヘレナさんの記念講演会で聴いて、とっても胸に残ったおはなし。

以下、TAO塾の波多野さんのブログより!

 北インドに位置するラダックの伝統的な社会と、そこに襲いかかった近代化の波の影響、「開発」「進歩」の名の下に、環境バランスや社会的調和が崩れていく姿を描いて、グローバリゼーションの「闇」の部分を鋭く映し出しています。

 「私たちの主流の文化では、直線的な進歩が善しとされ、そこでは私たちの過去や自然の法則から解放されることがゴールである。「私たちは後戻りができない、後戻りができない」という現代の真言は、私たちの考えに深く染み込んでいる。もちろん、たとえ望んだとしても、私たちは後戻りはできない。だが、私たちの未来への探求は、必然的に、人間も含めた自然とのよりよい調和の中にある基本のパターンに回帰するに違いない。(「懐かしい未来」の原作者ヘレナ・ノーバーグ・ホッジ)

水源小学校 歓送迎会

20070421184558.jpg


 今日は、水源小学校から異動された先生、
  水源小学校にいらっしゃった先生、

 歓送迎会が開かれております。

 厨房の料亭風鉢盛り、
  加工所の郷土料理風鉢盛り の競演です。

20070421184431.jpg

19年度 おいしい村 スタート!

20070421184400.jpg


 今年度で5年目になる「おいしい村づくり」がスタートしました。

 4月のおいしい村づくりのテーマは「掘り」。

 鍋倉区にお出かけして、村上さんのごぼう畑で『ごぼう掘り』
 そして、明日は 『タケノコ掘り』に挑戦します。

 お馴染みのみんなに、新たに加わった人も含めて、
  今年も楽しく 水源村を おいしい村にする活動をしましょう!

20070421184528.jpg

【掘ってきたごぼうを分けてます】
20070421184714.jpg

 【今日の夕ご飯は、タケノコご飯にごぼう料理】
20070421184645.jpg

 【タケノコを大量に湯がきました】

九州自然学校ネットワーク

20070420145919.jpg


 九州新幹線の開通を見据えて、九州におけるエコツーリズムや体験活動を推進している自然学校の皆さんが集まるミーティングに参加してきました。
 会場は熊本県小国町の木魂館。
 九州ツーリズム大学の本拠となってるところでもあり、グリーンツーリズムに限らず、地域づくりや子どもキャンプや林業体験など幅広く活動されてます。
 参加者は、九州でプロとして「自然学校」経営に携わっている皆さん。

 前日に用事があって、阿蘇を走ると一面雪景色でした。今日は昨日とはうってかわっての晴れの天気。少しずつ消えてゆく雪を眺めながらのミーティングとなりました。




 ミーティングの中身は、昨年12月に実施されたフォーラムのまとめ、千葉自然学校やイギリス等の研修ツアーの報告を基調とした、次の展開や緩やかなネットワーク構築に向けた話し合いが主でした。

 次回12月のミーティングの場所として、水源交流館を使っていただくことになりました。皆さん、お待ちしています

20070420145931.jpg


現代農業 増刊5月号 農的共生社会




 農的共生社会
~自治と自給で「格差」を超える~

P242~249の8ページにわたって掲載されています。
 今回のテーマに沿って、
 「する側」「される側」ではなく みんなが「する側に」
 
 と題名をつけていただきました。
 
 ap bankの融資を受けて「ふるさと食の樂校」「森の幼稚園づくり」といった感じで、綴っています。

 ・マチとムラの格差社会 
 ・持続可能な社会をめざす
 ・NPOにもオカネが必要
 ・ap bankとは
 ・ap bankから融資を受ける
 ・融資を受けて「食育」「木育」に取り組む
 ・オカネより笑顔がスキだから
 ・自分には何ができるのか? 
20070420145956.jpg

20070420150004.jpg

20070420150015.jpg

20070420150030.jpg

世界のワークキャンプ 

 開催地としてお世話になっている(特活)NICE(日本国際ワークキャンプセンター)の年に1回出されている冊子が届きます。

 国際交流に興味ある人は、来週はじめから持ち歩いているのでお声かけください。

―――――――――――――――――――――――――――
 ☆**  世界を舞台に海外ボランティア  **☆
        『世界のワークキャンプ』
  ♪♪ 2007年版資料 ♪♪
―――――――――――――――――――――――――――
    ◎4月20日完成
    ◎世界100カ国を紹介予定!
    ◎http://nice1.gr.jp/index.html  

現地の人々と、世界の若者たちと、同じ生活、一緒にワーク。
  国際協力の生の現場を体感、一生モノの経験と成長・・・

世界100ヶ国、約3000ヶ所で行われている国際ワークキャンプ。
自分の一冊を持って、自分に合ったワークキャンプを
じっくりゆっくり、選びませんか?


        【国際ワークキャンプとは】

世界中の若者が2~3週間共に過ごしながら、ボランティア活動に取り組む国際協力事業です。
2006年は世界99カ国約3000のプログラムを紹介し、国際ワーク
キャンプに1446人、中長期ボランティアに130人が参加しました。


    【世界のワークキャンプって、どんな資料?】

日本を始めとした世界各地で開催されている国際ワークキャンプ・中長期ボランティアプログラムを地域ごと、国ごとにまとめ紹介しています。

4/28-29 鹿児島 おとなのための食育セミナー

 GWの始まり、28-29日は、2月の「ふるさと食の樂校」に来ていただいた千葉しのぶさんと森千鶴子さんを含め、九州の食育実践者の皆さんが集まる場に、フード・ツーリズムの研修で水源のおばあちゃん達と行ってきます。
 
~地域づくりと食育を考えよう~

日時 平成19年4月28日から29日(2日間)

場所 鹿児島県霧島市霧島 霧島保健福祉センター
対象 県民 50名 その他 30名
主催 NPO法人霧島食育研究会
後援 鹿児島県教育委員会 霧島市 霧島市教育委員会

<内容>
■講演 結城登美雄氏(民俗研究家 食の文化祭提唱者)
      「食の文化祭」が伝えてきたものとこれからの展望(仮)
■事例発表
沢畑亨氏(熊本県 水俣市 愛林館館長)
森千鶴子氏(福岡県 森の新聞社 主筆)
鮎川ゆり子氏(枕崎市 食の祭典実行委員)
千葉しのぶ(「霧島・食の文化祭」実行委員長)
■講習 「家庭料理大集合」の運営と実施について事前研修
「家庭料理大集合」の実施
参加費3000円(当日徴収)

■日程
<28日>
12:30      受付
13:00~14:30   結城登美雄氏講演
14:30~14:45   休憩
14:45~17:00   事例発表&意見交換
19:00 講師を囲んで懇親会(希望者 4,000円程度) オリーブの木
      「霧島の食べ物で焼酎を味わう」焼酎うんちく講座つき
<29日>
8:30 受付
9:00~10:00 家庭料理大集合の開催の準備・手順(聞き取り・料理撮影・展示)
10:30~   家庭料理大集合の開催
(主催者挨拶・来賓挨拶・参加者の料理紹介等)
試食
12:00 閉会・かたづけ
13:00 スタッフ反省会

■問合わせ NPO法人霧島食育研究会 TEL&FAX 0995‐57-1360
※料理撮影の実習を行いますので、デジタルカメラをお持ちの方はご持参ください

開催趣旨 栄養バランスの偏りや不規則な食事、食に関する知識や判断力を持たない人の増加や「孤食」「個食」の状況に見られるような家族の絆の希薄化など、食を取り巻く多くの問題が指摘されています。そういったなか、食育のさまざまな取り組みが実施されていますが、この研修会では既に各地で食育に取り組んでいらっしゃる方々向けに、地域の個性に根ざした暮らしの形を探し、地域の当たり前の食の大切さを活かし、次世代の食文化の継承を目指し、地域全体で取り組む食育活動とは何かを学習します。

第九期同窓会

 20070420145821.jpg


 15日(日)に第九期の同窓会が開かれました。
 66-67歳の27名の皆さんが母校を訪れ、リニューアルされても面影の残る校舎に感動し、校舎を活用した取り組みに目を潤ませる方もいらっしゃいました。
 交流室での昼食会では、出てくる料理に舌鼓をうち、思い出話に華を咲かせておられました。
 担任の先生もいらっしゃったり、遠くは名古屋から来られたり、、。
 二次会、三次会と夜10時まで盛り上がったようです。
20070420145830.jpg

記念植樹もされ、サクラの花を記念碑前に植えていただきました。

おいしいおやつ



 
 氏森さん邸で、民泊して農村体験している子が 氏森さんに教えてもらいながら、栗まんじゅうをつくって差し入れにもってきてくれました。
 水源子どもの広場でやってきた子どもたちにも振舞ったら、大人気でした。

『水源大豆畑トラスト』

 『大豆畑トラスト』をします。

・遺伝子組み換え食品NO!
・味噌、醤油、納豆、豆腐づくりの基本
・意外と簡単に栽培できる
・どうせ耕作放棄地多いし、、、。

 自分の、家族の胃袋に入る大豆くんを、安心して自分の手で種をまいて、自分の手で収穫してみませんか?

 各回とも、『み・そ・こ・し』でいこうと思います。
 食の樂校 2006年10月の石本校長流の、み(みつける)、そ(そだてる)、こ(こしらえる)、し(しょくする)

【農作業&郷土料理を食べる会(予定)】
 第1回 7月15日(日)雨天時16日(月・祝)
    み(魚釣り)そ(大豆種蒔き)こ(みそ仕込み)し(豆腐)
 第2回 10月7日(日)
    み(山歩き)そ(枝豆収穫)こ(みそ仕込み)し(栗)
 第3回 11月18日(日)
    み(紅葉探検)そ(大豆収穫)こ(みそ仕込み)し(新米)
 第4回  2月11日(祝)
    み(炭焼き)そ(麦ふみ)こ(みそ仕込み)し(納豆)

 【年間登録】
  1口 5000円(1列×25m分)
 ・収穫した大豆は持ち帰り。天候によって収量は変動する。
 ・ひとりでも、家族でも、グループでも、1口から申し込めます。
*宿泊される方は、各回の実費(宿泊・食事代)を徴収させていただきます。

 【受付締め切り】
  6月30日 

森のようちえんごっこ:春の花見編



 熊本大学の新入生オリエンテーションに合わせて、
森のようちえんごっこも1グループに混ざって、よもぎだんごづくりに挑戦しました。
 裏山の手づくりテーブルで、昼食のだんご汁を食べて、大学生と一緒にだんごを作りました。

BON REPASにて




 改修前からお世話になっている、九州環境保全型農業協同組合の皆さんと一緒に初出荷となる福岡・西新まで野菜売りに行ってきました。
 宮崎と熊本の有機無農薬で栽培している組合員の方たちの手塩にかけた野菜くんたちを、次から次にやってこられるお客さんと対面して会話しながら売る、という休日の過ごし方でした。

 意識の高いお客さんが多く、マイバックをもってきていたり、虫くいで穴の空いた野菜をわざわざ選んでいたり、と「生産者冥利に尽きるなぁ!」と一緒にいった組合員さんはおっしゃってました。

 福岡にお住まいの方は、ぜひ一度訪れてみてください。

4/8 新旧三役会

NPOの理事長、副理事長、交流館の館長と
  職員の会議を三役会議と呼んでいます。

17-18年度の三役、19-20年度の三役の皆さんが
  集まって 会議を開きました。

 話し合った内容は、以下のとおり。。
①指定管理者 菊池市との委託契約内容の確認について
②NPO法人きらり水源村 職員体制と職員・パート募集について
③新旧区長の理事就任について
④次回の理事会、部会日程について

食堂の鉢盛り、メニュー 

 4月27日(金)から、金曜日の夜(夕食)~日曜日よる(夕食)まで、フリーのお客さんにも対応できるように、厨房・食堂の営業スタイルが変わりますので、皆さん、じゃんじゃん利用してください。



<水源林研グループの年度総会で提供した鉢盛>
20070412134311.jpg

<お琴の教室の皆さんに利用いただいました>

熊本大学 医学部 新入生オリエン

20070409150025.jpg


熊本大学医学部新入生オリエンテーション
スケジュール
11:30交流館到着
11:40オリエンテーション(挨拶、説明、班分け、綱引)
12:00昼食
13:00準備 / フリータイム
13:15体験場所へ出発
16:15再集合 / お茶&だんご
16:45出発

【体験メニュー】
   講師          内容 場所
①川口博明、川口和子 ヤーコン植え付け 畑(細永)
②中丸義郎、中丸芳子 じゃがいも土かえし、タケノコ掘り 畑(平良石)
③三木陽子、石山美津子 わらび摘み、山菜とり 原野(渡打)
④茂藤幸恵、河上ミチヲ、小林孝子 きな粉だご、よもぎだごづくり 調理実習室(交流館)
⑤来海眞也、来海サキ こんにゃくづくり、タケノコ掘り 自宅(迫の谷)
⑥木佐木光明 牛のお世話、牛飼料のたねまき 牧場(木佐木)
⑦岩崎良美、小鷹広之 夏野菜の種蒔き、タケノコ掘り 畑、裏山(交流館)
⑧原公臣 菊池川探検(産さん滝、横滝、千畳河原) 菊池川ウオーク
⑨武藤計臣、武藤ひとみ にわとり・走る豚のえさやり、薪割り やまあい村(平山開拓)
⑩佐藤義博 苗木ポットの入れ替え リョクシン(平山開拓)
⑪池田勝美、池田末子 ごぼう掘り、ハウス解体 畑(平良石)
⑫武藤文男 縄ない(草履、注連縄) 体験実習室(交流館)
⑬中村文男、中村チエ子 ケール芽かき、さといも植え 畑(細永)
⑭水源林研グループ(会長:宮本広親) 杉の植林  山林(伊牟田奥)

ケールの花

 今日はみんなで交流館の正面にある
ケール畑にいって、ケールの花を摘みました。

 明日、来館する熊本大学生の
   昼食メニューに出されます。

 体験メニューの打ち合わせにも出かけて、 
   明日に備えています。



わらび学園 お花見




 近くにある わらび学園の皆さんが
   昨年に引き続き、お花見にいらっしゃいました。

 サクラの木の下で、お弁当を食べながらお花見。

校庭全体を使って、春の暖かな陽気に包まれながら
   午後のひとときを楽しんでいました。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。