平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】ペンダントづくり

体験実習室の使い方を考える、
  新たなプログラム開発のひとつとして、

 熊本大学教育学部美術科専攻の院生に協力してもらい、
  『ペンダントづくり』に挑戦しました。

  準備過程と仕上げ過程は、院生にお任せして
    今回は、彫刻刀による削りと紙ヤスリによる磨きをしました。

20070305142750.jpg

20070305142825.jpg

スポンサーサイト

明日27日は、
 かまどづくり&木のペンダントづくりのプチ・ワークショップになります。

 夜は、6/9(日) Be Good Cafe Kumamoto に向けての実行委員会です。

 9:00~12:00 かまどづくり
12:00~13:00 ランチ
13:00~14:00 かまどづくり
14:00~17:00 ペンダントづくり
19:00~21:00 Be Good Cafe Kumamoto 
              第2回実行委員会@パレア

興味ある人は、明日参加しに来てください。

 ワークショップの参加費は1000円(昼食代含む)です。

熊本大学教育学部地域共生学科



 2月22日~23日は、
 熊本大学熊本大学教育学部地域共生学科の卒業生の皆さんが、
な、なんと新入生時のオリエンテーション合宿で来て以来、
 約4年ぶりの訪問をしてくれました。

新入生時の思い出の地が、こうして卒業時に
 みんなで一緒にテント滞在でなく、合宿できるということに
  喜んでいただきました。

当日は、九州東海大学の教職専攻の学生さんと教授も見えており、
 教育を志す若者たちの交流会と夜はなりました。

卒業して、社会人になっても、今のオモイを大切に
  大空へ羽ばたいていってください。
 羽根を休めたくなったら、いつでも交流館にどうぞ。20070305142609.jpg

森のようちえんごっこ 実行委員会



 今日はランチを食べながら、来年度の『森のようちえんごっこ』開催に向けた打合せと、阿蘇の「シュタイナー教育」の実践現場を視察しに行く段取りを組みました。

 来年度の実施に向けては、
 お母さん1人、青年スタッフ1人が交代で企画を立てる中心となって、隔週土曜日の10:00~17:00に実施する方向で打ち合わせを進めています。勿論、参加できるお母さんは参加し、それを支える青年スタッフも都合のつく限り、一緒に参加できるようにします。
 
 まずは、緩やかに無理のないように。。

 先週は、建築関係の雑誌の編集を担当する方が来館され、「ツリーハウスづくり」の夢に向けた一歩を踏み出すことができるかも、、な予感がありました。

 下の写真は、熊本大学教育学部美術科の学生さんによる、26日から予定している『ペンダントづくりワークショップ』の打合せ風景です。
 興味ある人は、2月26日~3月1日に裏山のかまどづくり設置と同時進行で実施しておりますので、お問合せください。



 少しずつ 森のデザインが進み、「目指せ! 森の遊園地」

【助成:(社)国土緑化推進機構 NPO創造的森林づくり事業】

県教育事務所 「地域教育力活性化推進協議会」



 地域教育力の活性化に向けた推進体制の整備のために、「平成18年度菊池地区地域教育力活性化推進協議会」が研修室1で開催されました。

 実践発表として
①「地域に根ざした体験活動」について
    NPO法人きらり水源村 柳田朱里氏




②「西南ふるさと学寮」の取り組みについて
    合志市立西合志南小学校 PTA会長 村上照代氏

 は発表をしました。

 その後、地域全体で取り組むシステムを構築するために、関係者のネットワーク化を図り、連携・協力体制を推進するために、皆さん活発な意見が出され、協議されておりました。

おばあちゃんの修学旅行@韓国

~韓国グリーンツーリズム先進地を訪ねる手づくりの旅~

期 日:3月2日(金)~5日(月)
訪問地:慶尚南道 
①谷城(コクソン)郡トゥゲリ村 現地情報の参照
http://www.geocities.jp/gdwcp/top/index2
②南海(ナムヘ)島棚田村  現地情報の参照
http://www.ne.jp/asahi/aoyagi/kenji/oryza/korea/2003/korea_text.html





参加者:おばあちゃん9名、聞き書き要員5名、取材同行2名
旅行形式:マイクロバス手配、農漁村民泊、専門家同行、KKT取材

【スケジュール】
 2日(金)
 12:55 ビートルにて釜山港到着・昼食
   南海・棚田村へ出発(約3時間・休憩1回)
 16:00 南海・棚田村 到着
     棚田村 見学 *夕陽を見る!
 18:00 各民泊家庭で夕食
 20:00 懇親会
  *韓国におけるグリーンツーリズムの状況を学ぼう!
  *きらり水源村の活動を棚田村の皆さんにも知ってもらう!
 3日(土)
 6:00 起床(おばあちゃんはもっと早起きで朝日を眺めに散歩してるかな、、)
 7:30 朝食
 8:00  棚田村 見学 (全国農業者技術協会 Choi氏)
 10:00 棚田村 出発  
 13:00 昼食 @Soondaegukbap
     マーケット見学 、堂山祭
 18:00 交流会
  *谷城のムラのお祭りに、ソウルの若者(韓国ユネスコ委員会呼びかけ)と一緒に参加。日韓のおばあちゃんの郷土料理が並ぶ味の競演。
 22:00 火まつり(日本で言う”どんど夜”)

 4日(日)
 6:00 起床(おばあちゃんはもっと早起きで散歩してるかな、、)
 8:00 朝食
 9:00  谷城 見学 <ユネスコ韓国委員会 Lee氏>
 12:00 昼食 
 14:00 谷城 出発  
    途中、休憩所、買い物など 
 18:00 釜山 到着
 20:00 フェリー出航
 5日(月)
 7:30  博多港 到着

協力:ユネスコ韓国委員会、(社)全国農業技術者協会、菊池市(予定)、日本財団 郷土学事業
取材協力:KKT(熊本県民テレビ)

Gahahaカフェ@水源あそび村

■□ ap bank fes へのプロローグ □■
<NPO法人きらり水源村のap bankの融資を受けた事業で実施されています>

 こんにちは。寒い日が続いるばってん、どぎゃん?
 水源交流館では、去年12月に改修工事も終わり、リニューアル・オープンすることになり、スタッフ一同頑張ってるよー。
 今回は、水源交流館を拠点として、10月から「あそび村」と題して活動してきた若者たちが、総集編ってことで、水源交流館に一日限定のカフェをOPENさせます。
 今までの遊びを通して得た経験やアイディアを駆使して挑戦。竹林を整備した裏山にカフェ&フェスティバルを出現させます。音楽あり、食べ物あり、手づくりの椅子に机に、周りを取り囲む自然に、最後にみんなの笑顔で彩られる空間。
 そんな空間と時間を、是非 みんなも友だちを誘い合って、遊びにきてね。

 と き:3月11日(日)
   OPEN 9:00 START 10:00
 ばしょ:きくちふるさと水源交流館(元菊池東中学校)
 参加費:大人 1000円(1DRINK 1FOOD)

*子どもの参加歓迎(子どもはスタッフの手伝いをして子ども通貨をGETしよう!)
*大人の参加費には、子どものこども通貨費も含まれています。

【助成①:火の国未来づくりネットワーク「地域の夢づくり事業」】
【助成②:国土緑化推進機構 NPO創造的森林づくり事業】

【解体】 理科室調理室 




 17日~20日にかけて、理科室調理室が解体されました。

 あっという間の解体作業でした。これで交流館リニューアルも一区切りがつきました。

 理科室調理室、宿直室、剣道場での思い出は数々あり、ここ数ヶ月、活動の発表に使うスライドショーやパワーポイントに出てくる、施設の風景を見ると、胸にズキンと痛みが走りますが、今後、裏山に整備していく施設群に、また夢を乗せて、みんなでより良い施設を整備していきましょう。

今後のスケジュール案内

 今日も、『おばあちゃんの修学旅行@韓国』の取材打合せや椎茸のこま打ち手伝い、2~3月の「森の樂校」の打合せ等、なんだか忙しい毎日が続いています。

 神出鬼没な感じですが、2月~3月前半の予定をお知らせしますね。
 熊本在学で冬休みの時間を持て余しているみんな、是非遊び&働きにきてみてください。
 
<2月>
 22日 森のようちえんごっこ
    熊本大学教育学部地域共生学科生「4年ぶりの水源交流館合宿」
    九州東海大学 教育学実習ゼミ生「ウコッケイ鶏絞め実習」
 23日~ かまどづくり、ペンダントづくり 準備
     阿蘇へ「シュタイナー教育の実践場訪問」
 24日 HINAMI「みんなの日記」 上映
    NEXTEP「不登校児支援 藤崎育子」 講演会
 24-25日 おいしい村づくりアンコール劇場
     <ソーセージづくりと燻製づくり>
 26日  かまどづくり、ペンダントづくり <取材>
 27日  かまどづくり、ペンダントづくり
 28日  かまどづくり、ペンダントづくり

<3月>
 1日 菊池市長訪問、パスポート取得、韓国行きオリエンテーション  2~5日 おばあちゃんの修学旅行@韓国<取材>
 11日 Gahaha カフェ@あそび村
    【きらり水源村 コミュニティーに掲載中】

【掲載】食農教育3月号

タイトルにある雑誌が送られてきた。国際ボランティアによる水源の森づくりワークキャンプのみんなも居て、『第1回森の樂校』をした11月3日の時に取材を受けた分の活動の様子が紹介されている。


 20070222162922.jpg


20070222162815.jpg

20070222162825.jpg

20070222162847.jpg



 18日(日)の「菊池市生涯学習フェスティバル」での活動の事例発表もぼちぼち上手くいきました。。。

 その後は、代休をとって、公私の用事にて熊本・水俣へ直行しました。
 監事でもあるNICE(日本国際ワークキャンプセンター)主催の国際ワークキャンプ・水俣2007の準備の手伝いと 実行委員となっている6月9日 Be Good Cafe Kumamotoのゲストの交渉とスケジュール確保。

 そして、人吉市阿蘇青井神社に移動して、「火の国未来づくりネットワーク」の『役員会及び事業企画・推進チームとの合同会議』に出席。
 長野県小布施町の市村町長をゲストに迎え、ミニ講演会「小布施まちづくりの哲学」と『事業企画推進チーム情報交換会』、人吉球磨地地区の料理自慢による持ち寄り型の『懇親交流会』が実施されました。
 美味しい料理と楽しげな雰囲気と元気一杯の地域づくりに取り組む人たちに囲まれ、楽しいひと時。
 ゲストの小布施の町長さんとも話しが出来て、なかなか収穫のある訪問となりました。

第5回 水源あそび村

「あそび村」へ、ようこそ!!

 NPO法人きらり水源村の提供する! 遊びながら、青少年育成指導者を目指す連続講座「ふらーっときなっせ 水源あそび村」です。

●「あそび村」って一体何だ?●
 あそび村は、若者の若者による若者のための「あそび場」づくりです。
 最近、しっかり遊んでますか?体を使って遊んでますか?汗かいて、笑って、転んで、精一杯生きてますか?私たちは、子どもたちと若者が向き合うプログラムの中で、若い人たちの「あそぶ力」が不足していることを痛感しました。色んなものがオートマテイック化し、たくさんの便利なものが開発されてきました。
 子どもたちはゲームで遊び、大人たちはパチンコやスロットで遊びます。他にもお金を使った娯楽ならたくさんあるのです。それが悪いことばかりではないかもしれません。でも、体を使った本気の「あそび」の体験は大切にしてはいかなくてはならないのです。

 以下は、第5回のスケジュールの詳細です。
  
17日(土)
 14:00 集合/受付
 14:30 オリエンテーション
 15:00 木工活動【オリジナルデスク、ベンチづくり】
 19:00 夕食&片付け
 21:00 懇親会(きらり青年部の19年度計画)
 23:00 就寝

18日(日)
  7:00 起床&朝ご飯づくり
  8:00 朝食
  9:00 木工活動【オリジナルデスク、ベンチづくり】
 12:00 昼食
 15:00 片付け
 15:30 まとめ会

 ☆★6回シリーズの日程と内容の紹介★☆
第1回 10/21(土)-22(日) ~見つめる~「鞍岳に登って、菊池を眺めてみる」
第2回 11/22(水)-23(祝) ~あそぶ~「ホンキで遊ぶ心意気、水環境をあらう」
第3回 12/ 9(土)-10(日) ~考える~「紙を漉いて、水俣にまなぶ」
第4回  1/13(土)-14(日) ~つくる~「竹細工、山菜ピッザァをつくる」
第5回  2/17(土)-18(日) ~触れる~「廃校の思い出にふれてみる」
第6回  3/10(土)-11(日) ~愛し合う「つながって 溢れる 心の宴」~

【おいしい村づくりのアンコール劇場】

 2007年になって、おいしい村づくりからは始めての便りになります。皆さん、お元気ですか?
 今月はお待ちかねのソーセージづくりと燻製をやってみます。そして、新しくできた宿泊・食堂・浴室棟のモニタリングもしてもらいます。
 これまでの4年間の取り組みを振り返り、次年度に向けた活動に対する親子の声や希望に応える形で実施する。
 25日は、不登校児支援に取り組む、藤崎育子さん、小児科医師 島津智之さん 等による子育て相談コーナーも設ける予定。

【日 時】2月24日13時30分 集合~25日14時 解散
【内 容】ソーセージづくりと冬の野山大冒険
【対 象】小学校1年生以上の子どもとその保護者
【参加費】ひとり2000円(1回あたり)
【持ち物】タオル、寝袋、軍手、帽子、エプロン、三角巾、汚れてもいい服、防寒着、着替え、靴、洗面用具、リュック。寝袋はシーツの代わりに布団の中で使います。
【申 込】2月22日(木)までに 電話、FAX、E-mailにて
【助 成】NTTドコモ市民活動団体への助成事業
~「おいしい村づくり」と「水源子どもの広場」の宝探し~

●1日目のプログラム●
 集合、受付、オリエンテーション
 ソーセージづくり、燻製づくり準備
 お風呂、五右衛門風呂
 ソーセージづくり、燻製づくり、夕食
 おたのしみタイム
 就寝、おとなのうちあわせ

●2日目のプログラム●
 起床、野山の散歩 
 朝食づくり、朝食、あとかたづけ
 畑のお仕事(春野菜の種蒔き)
 昼食じゅんび、昼食、かたづけ。
 子ども:あそび
 大人:子育て相談会
 まとめ会、解散

【夕食メニューの様子】
IMG_5716.jpg

おばあちゃんの修学旅行②

 12日にきらり水源村女性部の総会を開き、18年度の活動報告と会計報告、そして、『おばあちゃんの修学旅行』の日程確認をしました。
20070216111828.jpg


 正式に3月2日(金)~5日(月)に決定。
 ルートも、釜山→棚田村→コクソン→釜山とすることにしました。
 これから、受け入れていただく地域の方々や、コーディネートしていただく方々、これまで菊池を訪問してくれた韓国の青年達と企画を煮詰めていきます。

 昨夜、受入準備を進めてくれている子から、棚田村の写真が届きました。
20070216110408.jpg

20070216110354.jpg

5.jpg


 一昨日は、おばあちゃん達がパスポート申請に、近くの振興局にうかがいました。

20070216110433.jpg

第6回 杷木国際子ども芸術フェスティバル

☆新生「朝倉市」誕生一周年記念☆
■第6回杷木国際子ども芸術 フェスティバル2007■
 子どもはもちろん!おとなも見に行こう!
 子どものためのおしばい、人形劇、ワークショップなど、30作品がやってきます。 詳細:http://www.kodomo-art.org/
【期 日】2007年3月13日(火)~19日(月)
【会 場】福岡県朝倉市
【参加費】子ども登録費 1000円 フリーパス
      大人登録費 5000円 フリーパス

*九州沖縄子どもと舞台芸術出会いの広場
 3月16日(金)~17日(土)
 会場:らくゆう館 朝倉市杷木地域生涯学習センター
[連絡先]杷木国際子ども芸術フェスティバル実行委員会事務局
〒838-1512 福岡県朝倉市杷木寒水80-1 子ども未来館・はき内
TEL.0946-63-9120  FAX.0946-63-9121
http://www.kodomo-art.org/info_hakifes.htm
●主 催 :杷木国際子ども芸術フェスティバル実行委員会
●主 管 :朝倉市教育部杷木分室
●後援申請中:福岡県、福岡県教育委員会、久留米市教育委員会、うきは市教育委員会、東峰村教育委員会、筑前町教育委員会、小郡市教育委員会、大刀洗町教育委員会、日田市教育委員会、日本児童・青少年演劇劇団協同組合、㈵日本青少年音楽芸能協会、全国専門人形劇団協議会、 ㈵はき子ども文化ゆめ基金、㈵九州沖縄子ども文化芸術協会、九州沖縄地方子ども劇場連絡会20070216111845.jpg

森のようちえん 検討会 【英語バージョン】

 山鹿で幼児向けの英語教室を開かれている方々が、知人のツテで、水源交流館の取り組みの様子を見学に来られました。
 中でも今回は、『森のようちえんづくり』に焦点を当てていただき、1年間を通した自然の中で遊ぶ、月1回の英語教室を取り組まれることになりそうです。
 主催事業で培ってきたソフトをこういった形で、利用していただく例が少しずつ増えていき、子ども達の歓声が水源のどこかしこで響く森に親しみ、自然に親しみながら、自然との付き合い方を子どもが自ら発見して学んでいく”森の幼稚園”の展開になっていけばいいですね。

 次回、22日は菊池市内で子育てサークルをされている方が来られて、相談会を設けます。
 【助成:国土緑化推進機構 NPO創造的森林づくり事業】

 写真は、13日の打ち合わせの様子。
20070216111805.jpg

★ばあや達の修学旅行~韓国グリーンツーリズムを学ぶ旅~★

~NPO法人きらり水源村のプロデュースする、近くて遠い国、遠くて近い国。韓国のホンモノの農山漁村に滞在し、韓国のグリーンツーリズムの今を知り、今後のきくちふるさと水源交流館の活動に活かす旅~

★目的★
①これまで影に日向に、菊池水源でのグリーンツーリズム推進に頑張ってきたおばあちゃん達に、ステキなプレゼント
②日本じゃな~い、言葉通じな~い、そんなグリーンツーリズムを学んで、これからに活かすばいたーー
③自遊人コバの韓国ネットワークを活かし、世界にひとつしかないオリジナルな旅と出会いを味わってもらいたかねーー

★日程候補★
①3月2日(金)~4日(日)
②3月30日(金)~4月1日(日)
③3月27日(火)~29日(木)

★訪問先★
①全羅南道ナムヘ郡棚田村
~韓国グリーンツーリズムの先進地:民泊が定着~
②全羅南道コクソン郡
~ユネスコ主催の国際ユースキャンプ、日韓ユースキャンプを受入~

★日程(案)★
1日目
早朝 熊本・菊池→博多港
  →釜山港 昼頃到着
 →棚田村 夕方到着
2日目
 棚田村 昼頃出発
 →コクソン 夕方到着
3日目
 コクソン朝出発
→釜山港→博多港 夕方着

★参加者★
*きらり水源村 女性部 9名 (50代後半~70代前半)
*きらり水源村 事務局から 2名
*きらり水源村 理事から 2名
*きらり水源村 正会員・ボランティアから 2名
のうち、当日 体調の悪い人もいるだろうから、2名くらいは行けないかと、、。

★韓国で一緒に楽しんでくれそうな人★
*韓国ユネスコ協会連盟 イー ソンジェさん
*全国農業技術者協会 チェ ドンジュさん
*熊本大学 留学生 張綿珠さん
*韓国 留学生 栗崎今日子さん
*3年間、国際中期ワークキャンプに参加した皆さん

★参加費★
 35000円~45000円

第6回 食の樂校

~農林水産省助成 民間における食育活動促進支援事業 ~

とき :2月10日(土曜)14時~2月11日(日曜)14時
ところ:きくちふるさと水源交流館(旧菊池東中学校跡地)
講師:千葉しのぶさん(霧島食育研究会)
   森千鶴子さん(森の新聞社主宰)
スケジュール
1部 10日14時~17時「農家レストラン巡り~食の聞き書き~」
2部 10日18時~21時「夕ご飯&鼎談 食の文化祭を語る」
3部 11日9時~14時「民間における食育推進の今後に向けて」
オプション 11日16時~ DragoNet @泰勝寺(細川家菩提寺) 食の文化祭+Be Good Cafe

千葉しのぶさん:「人を創りふるさとを育てる食育活動を目指して」
 フリーの管理栄養士&フードコーディネーター。「霧島で霧島の食育」をめざし、03年に霧島食育研究会を設立。15名のスタッフで「こどもと大人のための霧島食育プログラム」(通年)、「霧島たべもの伝承塾」(毎月1回)、「霧島・食の文化祭」(年1回)、霧島の家庭料理集(CD版・冊子版)作成、食育活動の講演(通年)、大豆の植え付けから収穫・加工・販売活動を展開しています。

森千鶴子さん:『人と人、村と村、まちと村をつなぐお手伝い』
 97年にUターン、生産者の声や、農山漁村の声を伝える「森の新聞社」を主宰するライターとして活躍中。01年より、「現代農業」増刊号の取材を通じ、九州各地のムラを歩き、土地に生きる人に、生活・文化・むらの暮らしを学び、地域づくりのお手伝いをするようになる。02年より「食の地元学」、「食の文化祭」の取り組みに関わり、農村の生活文化、食の伝承を行うべく、農と食の応援団として、人と人、村と村、まちと村を繫いでいる。

定 員:30名 (先着順)
参加費:1000円(会員・学生料金は500円)
申 込:①メールで申込の場合 kirari@suigen.org
  タイトルを「食の樂校 参加申込」として名前、住所、電話、宿泊食事を明記して送信。
②お電話にて申込の場合 0968-23-4011 上記内容をお伝え下さい

主催:NPO法人きらり水源村
電話:0968-23-4011 FAX:0968-27-0107
ホームページ http://www.suigen.org
ブログ http://kirarisuigen.blog13.fc2.com/

【報告】1/31 第3年度総会

 1月31日に無事に年度総会が開催されました。

 司会:中村治男さん、議長:元村正剛さんの進行のもと、
滞りなく 議事が進み、事業報告、決算・監査報告、役員・体制に関する提案が全員一致で決議され、事業計画(案)、事業予算(案)についても承認されました。

 熊本県への事業報告、法務局への役員登記などの事務作業が煩雑な時期となりますが、宿泊するお客さんも徐々に増えてきているので、当時進行で職員・会員一同、チカラを合わせて頑張っていきましょう。

【第3年度総会の様子】
20070201134512.jpg

【終了後の懇親会@食堂】
 机とテーブルが入って初めての利用が、総会に出席の会員さん、来賓の方々というのも、何かの縁ですね。
【“【報告】1/31 第3年度総会”の続きを読む】

☆第3回☆~森の幼稚園を知る編~

森づくり30%+森づかい20%+森のようちえん50%

 九州で初めての森のようちえん設置に向けた「第3回 森の楽校」を開催しました。
閉校となった旧菊池東中学校(現:きくちふるさと水源交流館)の裏山にみんなで力を合わせ、親子で一緒に、ワクワクドキドキの冒険心をもって、森にお出かけできる木育公園づくりに取り組みました。
参加した親子は、森づくり(竹林整備)や森づかい(焚き火、竹馬づくり)活動を通し、自然を学び、親しみ、鶏絞めを通して命の尊さを知りました。

20070201134207.jpg

【“☆第3回☆~森の幼稚園を知る編~”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。