FC2ブログ

平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

水源あそび村③ 「蕎麦の茎で和紙を作ろう」

水源あそび村③ 「蕎麦の茎で和紙を作ろう」
 ~火の国みらいづくりネットワーク「地域の夢づくり事業」~

 普段よく食べる蕎麦ですが、皆さん蕎麦の実を見たことがありますか? 蕎麦の茎は? 花は?
 あそびに必要なのは視点を変えること。
 そばの実=「食べる」、そばがら=「こんにゃくづくり」
 その残りモノ:蕎麦の茎であそびましょう。
 今回は水俣のJICA専門指導員でもある紙すき職人の金刺潤平さんに遊び心を加えていただき、「蕎麦の茎で和紙づくり」です。
 
スケジュール
【12月9日(土)】
 14:00 集合
 15:00 そば脱粒 
  ステップ①そばの茎切断 →ステップ②そばの茎を鍋で煮る
  ステップ③煮た茎をつぶす→ステップ④紙を漉く
 18:30 夕食
 22:00 交流会
 23:30 就寝

【12月10日(日)】
  7:30  朝食
  9:00  自分たちだけで紙すきに挑戦
 12:00 昼食(弁当)
 13:00 乾燥の間のオプション(いも掘りと焼き芋)
 15:00 まとめの会と次回の案内
 15:30 解散

参加費:1500円
場 所:「きくちふるさと水源交流館」
申 込:電話またはメールでお申し込みください。
    E-MAILの場合、名前、生年月日、住所、電話番号を明記してgreen@suigen.orgまでお申し込みください
 
主 催:NPO法人きらり水源村  
〒861-1441 熊本県菊池市原1600番地
URL:http://www. suigen.org
電話:0968‐23‐4011
スポンサーサイト



【案内】 12/14 野菜部・加工部合同会議

12月24日の「きくちふるさと水源交流館」の全館オープン記念式典・祝賀会を控え、1月以降の厨房、食堂、物産館の展開を見据えた「水源野菜・加工合同打合せ会」を開催します。
 
【日時】 12月14日(木)午後7時30分から午後9時00分
【会場】 きくちふるさと水源交流館 南側研修棟/物産館

【議題】
1.きくちふるさと水源交流館全館オープン後の概要説明
 ・宿泊棟・食堂棟・浴室棟・研修棟・屋内レクリエーション室の利用料金
 ・上記施設の利用形態と、お客さんの見込み数、お客さん層
2.厨房・物産館への農産物加工品の提供について
 ・仕入れ/在庫管理/販売・清算のルール決め
 ・水源ふるさとパックの開発と値段設定
 ・備蓄米について/買い取り方法に関して
3.その他の事項について
 ・次年度の作付計画/生産加工品目/数量
 

【報告】環境教育実践者の来訪

 九州自然学校宣言フォーラムのゲスト・コーディネーターの皆さんが、フォーラムの前後に訪問してくれました。

 ・くりこま自然学校 佐々木豊志さん <宮城県>
 ・くすの木自然館 濱本奈鼓さん <鹿児島県>
 ・やんばる自然学校 中根さん <沖縄県>
 ・日本エコツーリズム協会 中垣真紀子さん <東京都>

 改修の終わった施設を見ていただいたり、周辺の農家レストランで昼食を食べたり、集落を案内したり、といった形で情報交換や意見交換をさせて頂きました。

 1月以降のオープンに向けて、色んなジャンルの方々に見ていただき、アドバイスを頂きたいので、お近くにお越しの際は、ご一報下さい。
 【きらり水源村 電話 0968-23-4011】