平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【案内】 現代農業11月増刊号 廃校活用大集合 

20061028165424.jpg


きくちふるさと水源交流館 事務所でも1冊900円にて販売中です。
 
 よみがえる廃校 ~「母校」の思い出とともに~

【みんなでつくったみんなの学校だから】
①「戦後の心」を教わった
  大分県日田市・旧小山小学校
②よみがえる「思い出の潟分校」
  秋田県仙北市・旧生保内小学校潟分校
③東京のサラリーマンが秋田の廃校木造校舎に魅せられて
  秋田県由利本荘市旧鮎川小学校
④「校舎の宿 さんさん館」は「拡大版 ふるさとの親戚の家」
  宮城県南三陸町旧林際小学校
⑤廃校跡地を260戸の自治と協働の拠点に
  広島県川根振興協議会
【“【案内】 現代農業11月増刊号 廃校活用大集合 ”の続きを読む】
スポンサーサイト

【案内】 よかばい祭り

 『よかばい祭り』が今年も10月29日(日)開催されます。

じかん:10:00~15:30
ばしょ:きくちふるさと水源交流館 校庭

 「よかばい祭り」に向けて
●ケロロ軍曹 (有働病院より寄贈)
20061028165608.jpg

●菊の花 (三木陽子さんより寄贈)
20061028165553.jpg

●フラワーアート(菊池農業公開講座で作成)
20061028165517.jpg


 でデコレーションし始めました。

【報告】ハロウィンもどき

ゲームに興じる子ども


 
 スタッフを枯れ葉まみれにしつつ、楽しげに校庭で遊びに興じる子ども
20061028165659.jpg


 ハロウィンのために用意したマスクをかぶってみんなを脅かす子ども
20061028165713.jpg


 子どもは本当に様々な表情を見せます。

【報告】国際長期ボランティアによる水源の森づくり

 9月15日から来ている、「国際長期ボランティアによる水源の森づくり」の参加者のみなさん。

 セルビアからJelenaさん、ロシアからAnnaさん、Helenさん、アメリカからErinさん、韓国からSanwonさん、そして日本から、やっしー、やっち、そえ、なおき、まいの計10名が 菊池・四町分の民家で共同生活しながら、共有林や林研グループの森林での作業をしています。

  これまでの折り返し地点までの活動写真を紹介します。

1:水源小学校 運動会に参加
IMGP5258.jpg


2:熊本大学教育学部 学生&林業研究グループとの交流
IMGP5344.jpg


3:しいたけの原木運び作業
IMGP5380.jpg


4:菊池神社秋祭りで千本槍に扮する参加者
IMGP5640.jpg


5:菊池市長を表敬訪問
IMGP5394.jpg

6、毎週土曜日の語学教室
IMGP5622.jpg


 折り返し地点を経て、今日は裏山の竹林を伐ってもらってます。ここ数日は、ぼくも一緒に混じって働いています。

 今日はチェーンソーを竹用の刃に替えて、伐り出しました。これまでの手作業に加えて効率がアップしました。

 4日の炭焼きまでに竹炭用に伐り出す竹の目標は100束。現在数は20束。
 
 3-5日は「森の樂校」、他にも参加いただく皆さんのチカラを借りて、覆われた竹林を少しでも広く、たくさんの人にとっての憩いの場にするべく、ガンガン作業をすすめようと思います。

【報告】火の国未来づくりネットワーク

 平成6年に設立された地域づくり団体熊本協議会が、今年7月に「火の国未来づくりネットワーク」として新たに再スタートしました。

 これまでは会長は知事が兼ねており、紋切り型の組織体だったようですが、新たに会長に就任された人吉ひまわり亭の本田節さんのリーダーシップで、各振興局単位で、県内の各地域をめぐって、キャラバンを実施し、地域づくりの新たな担い手&人材発掘を図っています。

 その地域づくりの新たな担い手として、『事業企画・推進チーム』の一員として、菊池地域キャラバンの参加者の皆さんの推挙で、NPO法人きらり水源村から人材を出す、という展開になっております。
 
 法人としては、交流館のリニューアル・オープンや各事業の充実を図る大切な時期とも重なるため、理事会で慎重に検討を重ねつつも、積極的に持てるチカラは最大限出して協力できるように考えております。 

 さて、この火の国未来づくりネットワークとは、「なんぞや?」ですが、以下の事業計画をご覧ください。

  【“【報告】火の国未来づくりネットワーク”の続きを読む】

【報告】10/24 開設準備室

 昨日は、施設部と開設準備室の会議のダブルヘッダーでした。
 会議の内容を紹介します。

 いずれも地域の区長さんを中心に、きらり水源村の役員が所属し、施設部は、年数回。開設準備室は月2回のペースで会議を重ね、『みんなの施設』に向けた準備をすすめています。

【“【報告】10/24 開設準備室”の続きを読む】

【案内】10/21-22 ふらーっときなっせ「水源あそび村」

 「あそび村」へ、ようこそ!!
みなさん始めまして&お久しぶりです。

 きらり水源村の提供する遊びながら、青少年育成指導者を目指す連続講座「ふらーっときなっせ 水源あそび村」です。

●「あそび村」って一体何だ?●
 あそび村は、若者の若者による若者のための「あそび場」づくりです。
 最近、しっかり遊んでますか?体を使って遊んでますか?汗かいて、笑って、転んで、精一杯生きてますか?私たちは、子どもたちと若者が向き合うプログラムの中で、若い人たちの「あそぶ力」が不足していることを痛感しました。色んなものがオートマテイック化し、たくさんの便利なものが開発されてきました。
 子どもたちはゲームで遊び、大人たちはパチンコやスロットで遊びます。他にもお金を使った娯楽ならたくさんあるのです。それが悪いことばかりではないかもしれません。でも、体を使った本気の「あそび」の体験は大切にしてはいかなくてはならないのです。

 ☆★6回シリーズの日程と内容の紹介★☆

第1回 10/21(土)-22(日) ~見つめる~「鞍岳に登って、菊池を眺めてみる」
第2回 11/22(水)-23(祝) ~あそぶ~「ホンキで遊ぶ心意気、水環境をあらう」
第3回 12/ 9(土)-10(日) ~考える~「紙を漉いて、水俣にまなぶ」
第4回  1/13(土)-14(日) ~つくる~「ワラ細工、竹細工、山菜ピッザァをつくる」
第5回  2/17(土)-18(日) ~触れる~「廃校の思い出にふれてみる」
第6回  3/10(土)-11(日) ~愛し合う「つながって 溢れる 心の宴」~

【“【案内】10/21-22 ふらーっときなっせ「水源あそび村」”の続きを読む】

【案内】☆森の樂校☆ ~木育をすすめよう~

「☆森の樂校☆ ~木育をすすめよう~」
 森づくり40%+森づかい40%+森のようちえん20%

熊本県菊池市において九州で初めての【木育活動】森のようちえん&フリースクールの設置に向けた「第1回 森の楽校」を開催します。

☆目的☆
 閉校となった旧菊池東中学校(現:きくちふるさと水源交流館)の裏山に地域住民と来訪者が力を合わせ、親子が森に出かけられる木育公園づくり。子どもや親子が自然に学び親しみ楽しみながら、森づくり(竹林整備、植林、下草刈り、除間伐)や森づかい(炭焼き、竹細工、木工芸)活動を進めてゆく。     

【と き】2006年11月3日(金・祝)~5日(土)(2泊3日)
【ところ】熊本県菊池市水源地区
     <宿泊>「きくちふるさと水源交流館」及び「民泊」
【定 員】20名程度 
【対 象】学生、主婦、その他
【参加費】1日につき、1000円
【締 切】10月25日(水)※過ぎた場合はご相談下さい。
【主 催】NPO法人きらり水源村
【助 成】平成18年度熊本県青年森林協力隊活動推進事業
     国土緑化推進機構 「NPO創造的森林づくり支援事業」
     日本財団 「森林・竹林整備や里地・里山の保全」

【問合せ・申込み先】
NPO法人きらり水源村
〒861-1441 熊本県菊池市原1600番地
TEL:0968-23-4011/FAX:0968-27-0107
mail: kirari@suigen.org

【“【案内】☆森の樂校☆ ~木育をすすめよう~”の続きを読む】

【報告】廃校研究グループ 訪問

 今週は、ほんとうに多くの人が訪れてくれます。

 今日は『廃校の利活用』『森づくり』に関わる皆さんが訪問していただきました。


・県農林水産部みどり推進室の方
  「青年森林協力隊活動推進事業」

・エスティ環境設計研究所
  &福岡県建設技術情報センター
   &九州大学大学院芸術工学府 による
   「廃校の利活用に関する調査・研究」

・宇城市三角町 高齢者学級の皆さん
   「町内の廃校活用に対するアドバイス」

20061020170731.jpg

【調査・研究】 全国の廃校の利活用①

 全国の廃校の利活用事例の把握と分析を、きらり水源村なりに集めた資料と調査研究されている方々との出会いや視察・訪問によって進めていっております。

 廃校のことをまず知りたい方は、以下のサイトを訪問ください。
 「文部科学省 研究全体概要」
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/03062401/houkoku_pdf/houkoku.pdf
 「文部科学省 廃校リニューアル50選」
 http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/03062401/frame-2.htm
 「廃校活用研究会」
 http://www.geocities.jp/mmn_tani/ttab.htm

 廃校活用の用途として、以下に分類できますね。
①地域住民の多様な活動や交流を支援するため
②都市部との交流促進に使用するため
③地場産業の振興に使用するため
④地域の人口増加に使用するため
⑤新たな人材育成のために使用するため
⑥住民の雇用を促進するため
⑦高齢者の健康増進に使用するため
⑧文化・芸術活動の振興に使用するため
⑨新ビジネス拠点として使用するため
⑩地域社会が身近に高齢者・障害者を留めておくため
⑪地域住民の参画によって、活性化に向けた取り組みの拠点

 分野別で言うと
A.アート系
B.商業系
C.体験学習系
D.レクリエーション系
E.環境学習系

 活用の際の管理運営形態
①民間企業/NPOの資金調達による管理運営
②所有自治体の公共事業による管理運営
③NPO等の公益法人による指定管理者制度活用による管理運営
④その他の形態による管理運営

<②へと続く>

【報告】きらり神楽教室 発表

 聖イプス小中校を歓迎し、きらり神楽教室で岩下神楽を習う子どもが、菅原神社での発表会をもちました。
20061020155417.jpg


 当日は、白衣に身を包み、菅原神社の壇上に上がった子どもたちが自信満々に神楽を舞う姿はとっても輝いてみえました。

 ビッグバンドの生徒も正座しての「ジャズ演奏」をお返しにしてくれました。
20061020155427.jpg

 
 その後、親御さんや地域の方々も含めた水源食の交流会を実施し、郷土料理を堪能していただきました。

 水源での滞在最終日に、黒板やホワイトボードにはたくさんの落書きのお土産が残っていました。
20061020155528.jpg

 
 翌朝の集合写真を以下に掲載しておきます。
 
20061020155543.jpg

【報告】菊池北中学校 訪問

 音楽を通じて世界各国で国際交流を続けているデンマークの聖イプス小中学校の「ビッグバンド」の初来日で、16日菊池北中学校で演奏会を開き、北中の生徒と交流しました。
20061020155626.jpg

 同校はデンマークのホーセンスという小さな町にあるカトリック系の私立学校で、約20年前に生徒らでビッグバンドを結成。世界各国で演奏会を開いている。

 今回は、特定非営利活動法人 九州沖縄子ども文化芸術協会(こどもあーと)の招きで、生徒と教師ら34名が来日しました。
 22日まで九州内の7市町でホームステイや宿泊施設に泊まりながら、演奏会や交流会を開き、23日に帰国する。

20061020155710.jpg


 菊池北中学校では全校生徒と教師が体育館に集まり、ビッグバンドのジャズ・ロックンロールの演奏を披露し、続いて北中吹奏楽部の吹奏楽演奏が行われた。

 両校の演奏には、生徒から大きな歓声や拍手が贈られた。

 当日は、NHK熊本やKKTも取材に訪れ、翌朝のニュースで放映され、大きな反響を生んだ。

20061020155702.jpg


 過疎地におけるこういった国際交流、文化交流の取り組みは事例は少なく、受入準備も含め、多くの地域や行政や学校の協力があり、実施に至りました。

 ここに協力いただいた方々に深く感謝の念を伝えます。

20061020155650.jpg

【報告】10/14 脱穀、芋ほり



 4畝植えたさつまいも、秋スイカの収穫をしました。
 子どもの間では、さつまいも、秋スイカの争奪戦が繰り広げられた模様。

 田んぼでも、稲刈り後1週間の掛け干しをした稲穂を脱穀しました。
 去年はごんぎごんぎや千歯こきを使って、手作業でしましたが、機械は早い、早い~!
 ワラを使った家を造り、子どもが入っている姿がカワイイ!
20061020155358.jpg

20061020155408.jpg

【報告】イプス中高生 到着

 デンマークから、イプス中高生が13日遅くに到着しました。

 ハンブルグ空港から大阪空港へ。
 そこから長距離をバスで移動しての到着でした。

 お疲れだったようで、次の日はゆっくり朝起きてのブランチです。

 これから合志・山都へ向かい、交流した後、
16日には
 昼 菊池北中学校との演奏交流
 夜 きらり神楽教室との水源交流館、菅原神社での交流

 が行われます。
20061020155319.jpg


20061020155557.jpg

20061020155611.jpg

【報告】 おいしい村づくり 10月 稲刈り




 10月7日(土)13:30~8日(日)14:30
おいしい村づくり 10月 稲刈りを実施しました。

 5月に苗床づくり、6月に田植え、7-9月に草とりと進めてきた田んぼの活動のクライマックスです。

 これまで2年間は、稲刈りする田んぼが広すぎたり、子どもばかりの参加だったりとバランスが悪く、達成感が微妙だったのですが、今年は稲刈りする田んぼの広さもちょうど良く、地域の皆さん、お母さんやお兄さんお姉さんの参加もあったので、無事に楽しく終えることができました。

 美味しいたんごも食べ、ウコッケイスープも美味しくでき、お月見会も楽しくできて、充実した2日間だった、と参加者の皆さん 満足顔でした。

20061012182059.jpg

20061012182140.jpg

20061012182124.jpg

【報告】 事務局会議




 2007年度の事業計画案の素案づくりをしました。

 来年も<農林業> <子ども>を軸とした活動を展開してゆこう、と事務局職員での共通理解を創りあげました。
 <グリーンツーリズム>は、まちづくりの視点、食を軸とした視点を織り交ぜて展開してゆく、というソフトのイメージの共有です。

 これから計画を具体化してゆきます。

 『継続はチカラなり』

 「おいしい村づくりや子ども村の取り組みから波及し、様々な活動が展開されているね」と改めて軸となってきたソフトづくりに参加、協力して頂いた皆さんにお礼を申し上げます。

【報告】 ふるさと食の樂校 10月



 
 10月8日(日)-9日(祝)

『第2回 ふるさと食の樂校』を開催しました。

第1部 対談 宮崎堅正氏(菊池農業高校 校長)
       石本勉氏 (星野村仁田原小学校 校長)

第2部 菊池農業高校 見学会

第3部 井戸端談義

 詳細は後日 UPします。
まずは写真をどうぞーーー!20061012180411.jpg

20061012180515.jpg

20061012180529.jpg

【案内】 デンマーク イプス中高生 来訪

 10月16日(月)19:30~ 

 デンマークの中学校・高校のお兄さんお姉さんがやってきます。
夜の7:30~8:30に水源交流館隣の 菅原神社にて きらり神楽教室で練習した【子ども神楽】の発表と、岩下神楽保存会による神楽舞が行われます。

 その後は、郷土料理を通した、食の文化祭形式の交流も実施されます。地域の皆さんや会員の皆さん、関係者の皆さん、ふるってご参加下さい。


【報告】 お月見会



 昨日は、まん丸のお月さんを肴に水源食の文化祭
 『お月見会』をしました。

 今回は、地域の皆さんとおいしい村づくりに参加の親子が
同じ場所で 同じ月を見ました。

 寒くなり始めた秋の夜空の下で、
   ノッペ汁を頬張りながら、ススキやだごを飾った台。

 チンドン屋も登場し、子どもの歌声も響き、
  最後は、月夜に綱引きをしました。

 総勢60名による、地域 VS おいしい村 綱引きの3本勝負。

 結果は、おいしい村の圧勝でした。

 おいしいお食事に、ステキなお月さん、
   ココロ許せる仲間と、いい運動
 
 秋の夜長を存分に楽しみました。20061012180325.jpg

【報告】 改修工事近況




9月下旬から10月上旬にかけて、北側校舎の屋根瓦のふき替え、
   宿泊棟の棟上げ、と急ピッチに工事が展開しています。

 20061012172855.jpg

20061012172929.jpg

20061012172917.jpg

次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。