平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年前の参加者:アレックス君 来訪




 2年前の「国際中期ワークキャンプ・菊池2004」の参加者のひとり、ドイツ人アレックス君(23歳)が、再び 菊池を訪れてくれました。

 今回は、岐阜県東白川村と福岡県星野村でのボランティア活動(国際ワークキャンプ)をした後の訪問のため、2泊3日という短い滞在期間でしたが、林研グループで一緒に作業した方々、菊池秋祭りで一緒に鎧武者に扮した方々、ホームステイでお世話になった方々と再会することができました。

 同郷の友人:トビ君を連れての夏休みの日本旅を満喫し、今朝一番の列車で、名古屋に向けて青春18キップを片手に旅立っていきました。

 多くの方と再会を約束し、それを果たしたアレックス君の心意気に再会した皆さんみんな心と目を熱くされていました。

 こういった出会いを重ね、少しずつ愛着をもっていただく方々が、世界中に広がってゆく、そんな実感を得ることのできた数日間でした20060831105801.jpg

スポンサーサイト

コーディネーター紹介




 今年の国際・長期ボランティアによる水源の森づくりのコーディネーターをつとめる小此木宏明さん(おこのぎ ひろあき)【通称:やっしー】です。
 一昨年は、尾崎嘉洋さん【通称:よし】、昨年は中山和子さん【通称:ちゃこ】がつとめてきた役割を引き継ぎます。

 現在、東京大学大学院で「自然環境学」を専攻していて、今回のコーディネーターを務めようと思った動機は、以下の通り(申込用紙より抜粋)
☆★ 日本の森林の保全に興味があり、大学院でも主に日本の二次林、人工林、里山に関する研究をしている。そのため、そのような環境のある菊池で、ある程度長い期間、森林に触れ、地域住民の方々と会話をしていくことにより、森林と人間との関わりのなかの自然環境ということについて深く知りたい。また、ともにワークキャンプを行う、外国人メンバーとも友好を深め、それぞれのメンバーの国における、自然に対する考え方なども話し合えればよいと思っている。★☆

 特技はホームページ作成や映像の作成だそうです。これから交流館のホームページや広報にも強力な助っ人として活躍してくれそうです。

 早速、8月22日~27日の『おいしい村づくりの子ども村』に記録スタッフとして参加し、多くの地元の皆さんや青年スタッフや子どもとも知り合うことができ、今後がますます楽しみになっているようです。

第2回実行委員会




 【国際・長期ボランティアによる水源の森づくり】
 9月15日~12月3日 菊池市を拠点に開催します。その準備のための「第2回実行委員会」を、8月28日(月)交流館にて、実行委員が集まり、開催しました。
 欠席された方は、ご確認ください。後程、議事録は次回の案内(9月12日)とともに送付いたします。

 以下の内容を確認し、予算&スケジュールを検討しました。

1)作業部会 
・実行委員が受入側と研修/作業内容(日時/場所/集合/参加人数/予算/スケジュール)を詰めます。
・情報を基に事務局が、全体のスケジュール調整をします。
①水源林研グループ(第1クール)研修内容/(第2クール)作業内容
②龍門林研グループ(第1クール)研修内容/(第2クール)作業内容
③旭志林研グループ(第1クール)研修内容/(第2クール)作業内容
④水源校区 共有林 (第2クール)作業内容
⑤福岡県黒木町(第1クール)2名 研修内容
⑥福岡県大牟田市(第1・2クール)作業内容
⑦大分県日田市中津江村(第1クール)研修内容
⑧水源交流館 裏山竹林伐採(第3クール)作業内容

2)交流部会 
・実行委員が交流内容(日時/場所/集合/参加人数/予算/スケジュール)を詰めます。

①水源小学校 運動会:9/16準備、9/17本番 総合学習:日程調整
②語学教室 A.小学生向け B.中学生以上向け 毎週
③勉強会&ワークショップ  毎週
④ウォーキング協会 植林イベント 鹿児島市 10月1日~3日
⑤週末ボランティア倶楽部 
⑥よかばい祭り 10月29日(日)
⑦歓迎会 9月16日 18:00~【食の文化祭・中秋編】
⑧送別会 12月上旬       【食の文化祭・晩秋編】
⑨ホームステイ 国際交流協会や実行委員会が声かけ

3)生活部会 
①賃貸契約
②電気・水道の確認、電話・インターネット設置、ガス手配
③塚原区へ挨拶 寄りで紹介
④オリエンテーション(地域めぐり)
⑤生活全般(生活用具、食材手配、ゴミ出し、区役)
⑥交通手段(ワゴン車利用、自転車借用)
⑦作業日 9月3日(日)8:00~12:00

 上記の内容は、まだこれからの具体的な打合せで変更になる恐れがありますが、現時点での計画案として話し合われています。

菊池北小学校 クラスキャンプ




【全体スケジュール】   
27日(日)
 12:30 川遊び後、交流館に到着
 13:00 テント設営
 14:00 雷雨のため避難
   南側研修棟でフリータイム
 16:00 夕食づくり(カレーライス)
   薪割り、火おこし、ご飯炊き、五右衛門風呂焚き
 18:00 夕食
 19:00 花火
 20:00 肝だめし
 22:00 消灯
   親の会が、研修室1にて催されました。

28日(月)
 7:00 起床、洗面、朝食
 7:30 清掃、片付け
 9:00 解散

岩平区の皆さん作業




 今月は、27日(日)の朝に岩平区の皆さんが、交流館周囲の草刈り・剪定作業に取り組んでいただきました。
 ありがとうございました。 おかげさまで、キレイになりました。

 同時進行で、水源小学校のPTAの皆さんの愛校作業も行われ、水源地域一帯に草刈り機の音が響き渡り、その日の午後は道も通りやすくなってました。PTAの皆さんと子どもが、交流館の校庭に集い始め、BBQが始まり、思い思いに野球をし始めたり、鉄棒し始めたり、鬼ごっこをしたりと、楽しい時間を過ごしていました。

⑧6日目(最終日)の様子

6:00 早寝早起き組が起床
 7:30 オールナイト組が起床
    テント干し、片付け
 8:00 朝食
 
 9:00 掃除・片づけ

10:00 班でふりかえり、アンケート

11:00 閉村式
20060831105617.jpg


12:00 昼食を食べながら『懇親会』

13:00 解散、さよなら

14:00 最終片付け

⑦5日目の様子

深夜 昆虫採集(カブトムシ、クワガタ)

6:30~   地域の仕事
      ・牛舎の掃除と牛の世話
      ・畑のお世話
      ・朝ごはんづくり

8:00  朝食

9:30~ 子どものしたいこと
     ・全員で千畳河原で川遊び
     ・ウコッケイ(KOBA)の家づくり
     ・アイスクリームづくり
     ・そばの種まき
     ・竹とんぼづくり

16:30~ 夕食(料理対決)
    1班 コンソメスープとサラダ
    2班 コンソメスープと焼き茄子とキンピラ
      結果:引き分け

20:30~ キャンプファイヤー

22:00  オールナイトはじまり
     ・シッペ・デコピン・ババチョップ
     ・怖い話
     ・折り紙
     ・スライドショーづくり

~3:30 最後の子ども(たくや)撃沈IMGP4748.jpg

KIF_3188.jpg

KIF_3219.jpg

KIF_3339.jpg

KIF_6348.jpg

KIF_6382.jpg

KIF_6369.jpg

KIF_6362.jpg

浄化槽設置工事




 体育館工事が終わり、浄化槽設置工事が始まりました。

 大型トラックや重機の往来がありますので、来館される際にはご注意ください。

きらり神楽教室④




 本日も練習をしました。

 今日はゲスト参加者(おいしい村づくりの子ども村)も迎えての舞いでした。少しずつ1年生が上達しているのが、実感できます。

⑥4日目の様子

6:30~   地域の仕事
      ・牛舎の掃除と牛の世話
      ・田んぼの草取り、堆肥づくり
      ・朝ごはんづくり

8:00  朝食

9:30~ 子どものしたいこと
     ・魚釣り
     ・流しそうめん準備
     ・廃品回収

12:30  昼食(流しそうめん)

13:30~ 子どものしたいこと
     ・川遊び(魚突き)
     ・ソーダ饅頭づくり
     ・ウコッケイの家づくり

16:30~ 夕食(班でやきそばづくり、釣った魚揚げ)

20:00  全体会議 

21:00  おやすみなさい
20060827115149.jpg

20060827115159.jpg

20060827115211.jpg

20060827115223.jpg

20060827115237.jpg

20060827120059.jpg

20060827120110.jpg

⑤一風変わった参加者達

 子どもやスタッフのほかにもこんな一風変わった参加者も「おいしい村づくりの子ども村」には参加してくれています。

 じゃじゃーん、人気第一位の


ウコッケイの「こば」
KIF_6369.jpg



 そして、人気第二位の


走る豚の「ブヒブヒ」
IMGP4511.jpg


 そして、人気第三位は、あられもない姿に変身の「お魚さん」

20060825212439.jpg

④3日目の様子

深夜&早朝 昆虫採集(カブトムシ、クワガタ)

6:30~   地域の仕事
      ・走る豚&鶏にエサやり
      ・野菜苗のポットづくり
KIF_6377.jpg

IMGP4518.jpg


8:00  朝食

10:30~ 伊牟田 妖精の森探検
IMGP4541.jpg

IMGP4582.jpg

KIF_3160.jpg


12:30  昼食(竹皮弁当)

14:30~ 氏森さん家で饅頭のデザート

16:30~ 夕食づくり
IMGP4599.jpg

IMGP4596.jpg


19:30  全体会議 
IMGP4614.jpg


21:00  おやすみなさい

③2日目の様子

深夜&早朝 昆虫採集(カブトムシ、クワガタ)
IMGP4315.jpg


6:30~   地域の仕事
      ・走る豚にエサやり
      ・畑のお仕事
      ・朝ごはんづくり
IMGP4345.jpg

KIF_6226.jpg


8:00  朝食、弁当作り(おにぎり)

9:30~ 地域探検(細永、産さん滝、原井出水路、堂原)
IMGP4125.jpg


KIF_6245.jpg


13:30  魚釣り班&川遊び班
CIMG0165.jpg

IMGP4405.jpg


16:30~ 夕食作り&五右衛門風呂
KIF_6356.jpg

20060825185951.jpg


19:30  班会議 

21:00  おやすみなさい

②各班の集合写真

今朝の出発前に隣の菅原神社前にて、各班の集合写真を撮影しました。

1班
20060823104021.jpg


2班
20060823104009.jpg

①1日目の様子

13:00 開村式
IMGP4087.jpg


14:00 地域あいさつまわり
    ↓
16:00 テント張り
    ↓    【虹をみましたぁぁ!!】
20060823103953.jpg


17:00 夕食づくり
    ↓     
IMGP4239.jpg


19:00 班会議
    ↓    【夕陽を見ましたぁぁぁ!】
IMGP4263.jpg


20:00 全体 会議
    ↓
IMGP4112.jpg

21:00 おやすみなさい

手づくり高菜発売中

古漬け高菜を発売中です。

18日に加工部の皆さんが、「菊池市水迫里山の家」で真空パックしてきています。
20060823103917.jpg


300gで300円です。是非お買い求め下さいね。
20060823103927.jpg

菊池養生園 夏季セミナーにて

菊池養生園夏季セミナーに18日-20日に参加してきました。

 菊池養生園、近くにあって知ってはいてもなかなか行く機会に恵まれず、これまでは「養生園祭」にお伺いするくらいでした。
 農水省から補助金を預かって「民間における食育の。。。」を進めていく上で、地元で30年以上の長きに渡って取り組まれている内容を勉強させていただこう、と参加して来ました。

 初めて聞く方のために、、。
 菊池養生園は、リフレッシュ断食や少食ドッグといった一風変わった健診との組み合わせの取り組みを実施しています。

 その取り組みは、『医は食に 食は農に 農は自然に学べ』といった竹熊宜孝先生の理念に基づいて運営されています。
20060823102450.jpg


 今回の夏季セミナーは27年間続いているもので、九州圏を中心に、遠くは神奈川県からも参加者がいらっしゃいました。参加者層も女性が多く、小学生から高齢者まで満遍なくいることで、ここの取り組みの奥深さを感じることができました。

 毎食の前に、以下の言葉を復唱しましたぁ。

 【食前のことば】

 われ 今 幸いに 大自然の恵みと 世の人々のおかげとにより、 
 この美しき食をうく、つつしみて食の功徳を念じて 品の多少を選ばし、
  つつしみて食の来由をたづねて 味の濃淡を問わじ、、
  『いただきます』
 
 この言葉は、そのまま「おいしい村づくり」の精神にも繋がっていて、良いものは真似ていこう!と思います。
  
 今回のゲストは、NPO大地といのちの会代表 吉田俊道さん。。。
!!!! 【“菊池養生園 夏季セミナーにて”の続きを読む】

かぐら教室③

20060823103935.jpg


 毎週金曜日は岩下神楽の伝承教室「きらり神楽教室」です。

 それと同時進行で、開設準備室の会議も実施されました。準備室が設立以来、隔週に1回ペースで進んでおります。

 議題は
 ①指定管理料 積算基礎計算書について
 ②運営計画・広報宣伝について (10日開催の広報営業戦略会議)
 ③人事・厨房 (厨房職員の募集について)
 ④その他 9/26-29 福岡・八女 グリーンツーリズム インストラクタースクール 研修について

 施設の改修状況は、、。
 1)体育館の改修工事が完了しました!
 2)浄化槽設置(プール横)の工事が始まりました!20060823103944.jpg

美味しいご飯の炊き方

はじめチョロチョロ なかパッパの次は、、。

 一般的には、「赤子泣いてもフタとるな!」
              と教わってきてますねぇ。

でも、実はその間に一節あるんです。 
          ご飯炊きの極意が、、。

 これを覚えて、後半の「おいしい村づくりの子ども村」に参加しましょう!

「はじめチョロチョロ なかパッパ ブツブツいうころ火を引いて 赤子泣いてもフタとるな」

 羽釜でご飯を炊くときに一番大事なのは、、。

 ご飯が釜の中でブツブツいうのを感じて火を引くタイミングです。

 ちょっくら言葉の意味を解説していきますね。

①「はじめチョロチョロ」
 水の温度が徐々に上がっていくことを指しています。なので、火加減がチョロチョロでいいってことではありましぇーん。火加減ははじめっからMAXでいってもOKです。早炊きしたいときは、ここで時間を一気に縮めます。
 大体、上手な人だと9分、普通な人で10-11分、子どもや初心者だと12-14分くらい経つと、釜の脇から水蒸気が出はじめます。

②「なかパッパ」
 水蒸気が出はじめると、1.5-3分後にフタから湯気が吹きこぼれ、釜の中はお米がグルングルン回転して踊ってます。ずんずんお米が水を吸い取っていってる状態です。この時間が長くなり、水分が抜けきると焦がす要因になります。

③「ブツブツいうころ火を引いて」
 この状態のときに神経を集中させて、釜の中のお米の世界を想像します。お米さんの囁きや愚痴「ブツブツ」を聞き取ってやってください。折角、稲穂になって、脱穀されて、精米までされてお肌もキレイな純白になったのに、「熱地獄」にあって、これから化け物に食べられてしまうんです。
 そんな切ないお米のキモチを聞いてやってください。
 お米のキモチが理解できたら、すぐに火を引いてくださいね。火がついてる薪を引いてあげて、炭状態になっているのは、残しといてもOKです。
 そのままの状態で10~15分間放置しましょう。その間にテーブル・セッティングをしましょう。
 
④「赤子泣いてもフタとるな!」
 実際は、フタを開けてみたりもしますが、究極に旨いご飯の仕上げには、、、以下の作業をします。
 最後の締め。
 ワラか杉っ葉で一瞬業火に包んであげて、ご飯のまわりの水分を飛ばして、更に10-15分間、再び放置します。
 これをすると、プリンプリンでピッカピッカでツヤツヤのご飯が炊けます。


 但し、これは『火加減』のみなので、

実際には、『米加減』『手加減』『水加減』も必要。

 とんな田んぼで、どんな品種のお米を、どんな栽培法で作って、どんな1年の天気なのか? で変わってくる『米加減』

 それに雑穀を入れたり、玄米だったり、3分づき米だったりすると、かかる時間や上げていく温度も変わるよん。

 お米を研ぐときの『手加減』

 お米に対して、水の量を決める『水加減』
 <新米か、古米かで違い、浸水させる時間も変えよう!>

懐かしい人たちの訪問

 3年前にこちらに1-2ヶ月滞在していたS君が訪問してくれました。

 増刊現代農業の編集長Kさんが、高千穂役場のKさんと染色機織り職人のMさんを伴って来館され、水源を案内しました。

 去年の夏に『水源子ども村~QUEST!~』を支えてくれた青年たちも同様に訪ねてくれていたようです。

 この時期はお盆休みということもあり、普段 疎遠になりつつある人に再会できる良い時期ですね。
 
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。