平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレッジセール始まる



 今日、伊牟田区と役員(理事・監事)総出で、理科室・調理室・剣道場・技術室の片付けが行われました。
 いろいろ出るわ、出るわ、レアな品物。。。
 来た人に少しずつ引き取られ、あっという間にも抜けの殻。陶器類やビン・食器類は、陣内に持っていかれました。20060302201015.jpg

スポンサーサイト

雑草の生える前に



 水源少年野球の父兄の方々が総出で、グラウンドの整備が行われました。除草剤を撒かないですむように、食塩を撒いて雑草の成長を抑えるそうです。

リアカー登場!



 水源子どもの広場に、リアカー登場!
 子どもと野菜を乗せて、走る!走る!走る!

 本来は、明日の片付けのために確保してきたリアカーなのですが、、。

ガレッジセール~ふるさとの思い出譲ります~

 2月26日(日) あさ8時より

きくちふるさと水源交流館 において
 旧菊地東中学校の備品類や いこいの広場から頂いてきた品々などを、北側校舎の改修に伴い、譲ります。
 
 募金箱を設置しますので、心づけを置いていって頂けると嬉しいです。

 新しい一歩を踏み出す、水源の遊び場を みんなで応援してください。

 4月から工期に入ります。校舎風景などを撮影しておきたい人や、改修前に一度訪れたい人、ぜひぜひ足をお運び下さい。
 

今週のスケジュール

21日(火) 調理室の備品片付け
22日(水) 食堂備品類の移動(調理室・理科室)→加工所
25日(土) 熊本県地域づくり団体熊本県協議会
       『地域の夢』大賞 プレゼンテーション
26日(日) 校区作業(伊牟田区)による北側校舎備品整理
      → ガレッジセールを開始!

ダブルで『熊日掲載』 2/19土

 先日、レポートした Be Good Cafe KUMAMOTO Vol.3 の模様が熊本日日新聞に掲載されました。
 更に、その日の地域欄に、水源交流館滞在中のチェ・アヨンさんの菊池北中学校訪問の様子が掲載されていました。

2月『おいしい村づくり』のご案内

 2~3月は来年に向けて、新しいなかまを迎える月にしようとしてるので、、。

 今週も交流館は先客万来、Do As Infinity ボーカルだった
   伴都美子さんのプロモーション・ビデオ撮影や
     韓国で伝統舞踊を踊るチェ・アヨンさんのラストダンスがあります。

「おいしい村づくり」に参加しつつ、エキストラ出演や芸術鑑賞しませんか?

★☆★☆★ 『おいしい村づくり』のご案内 ★☆★☆★

 みなさんお元気ですか?
   2月のおししい村づくりをやります。
    インフルエンザは大丈夫でしたか? 
 春までもうすぐですね。
    寒い日の水源交流館はふしぎがいっぱい。
      ホースがまるごと凍ったり、
        逆さにつららができたり、
           水槽の亀が水と一緒に凍ってしまったり、
    おどろきがいっぱい。

 2月18-19日。3月は18-19日と25-26日の2回実施します。

 今月は水源交流館でとれた大豆をつかって、みそづくりに挑戦です。
           できあがったら、おうちでも食べられるよう多めに作ります。
 【期 日】 2月18日(土)から19日(日)
 【場 所】 きくちふるさと水源交流館
 【対 象】 子どもとその保護者
 【参加費】 ひとり 2000円(1回)
 【申 込】 「おいしい村づくり」係 
     電話:0968-23-4011
     FAX:0968-23-4012
 【主 催】 NPO法人 きらり水源村

【 2月18日(土) 】
 13:30 受付
 14:00 オリエンテーション
 14:30 地域探検
        田んぼみまわり、椎茸のこま打ち、堆肥づくり、味噌づくり準備
 16:30 夕食づくり
 19:00 夕食
 20:00 おたのしみタイム
        韓国の伝統舞踊と太鼓(サムルノリ)
 
 21:00 就寝

【 2月19日(日) 】
 6:30  起床 温泉
 7:00  散歩
 7:30  朝食づくり、朝食
 8:30  あとかたづけ
 9:00  みそづくり
11:30  昼食づくり
12:00  昼食
13:00  かたづけ。あそび
14:00  まとめ会

巨大○○○○発見!



 
 忘れ去られたかのようにひっそり佇む、2本のしいたけの原木の1本に、20cmあるしいたけが育っていました。
 あまりに巨大に育っていたので、思わずパチリ!
 

水源小学校 訪問




 水源交流館に滞在中のチェ・アヨンちゃんが、午前中に菊池医師会病院、午後に水源小学校を訪問し、日韓異文化交流をしました。
 
 医師会病院はデイサービスにいらっしゃっているおじいちゃん、おばあちゃんに『サムルノリ』の紹介と演奏。
 手をたたき、リズムに合わせてカラダを動かしていました。お別れの際に、ひとりのおばあちゃんが涙ぐんで「カムサハムニダ!」と習ったばかりの韓国語でおっしゃっていただき、アヨンちゃんも感動してました。

 水源小学校では、 以下のスケジュールで実施しました。
13:30 崔雅瑩さん到着 挨拶 【着替え時間】
13:50 全校生徒入場
14:00 お互いの挨拶、崔雅瑩さん入場・紹介
14:05 韓国伝統舞踊テピョンムー(韓国王室の舞いなど)
14:15 国際交流課 金さんが、韓国について、簡単な韓国語を教える 【着替え時間】
14:20 韓国の歌とともに伝統太鼓サムルノリ
      ケンガリ、ジン、ブク、チャングゥの4つの楽器紹介
      生徒も少し触れる機会がありました。
14:55 生徒代表による感想発表

 後ほど、感想文が届くそうなので、子どもの感想の一部を紹介します。

Be Good Cafe KUMAMOTO VOL.3





Be Good Cafe 熊本 に出張販売と出張炊き出しに出かけてきました。

 今回は、実行委員に参加し、『フード担当』ということで、きらり水源村で実施の「おいしい村づくり」や「安全・安心の農産加工品販売」ってことで、女性部と青年部で 豚汁 100人分 おにぎり 200個 お餅つき 3回 をしてきました。

 今回の Be Good Cafe熊本のテーマは『和』・・・手のきおく・・・
 勿論、三味線奏者、竹籠職人、和太鼓、般若心境などわかりやすく『和』を強く感じることもでき、ゆったりとしたペースでプログラムも進行し、すごーく良い空間や雰囲気が演出できていました。

 ただ改めて おばあちゃんの「手のきおく」には脱帽しましたぁ。現金には換算できないけど、主婦暦50年の価値:一人1億7千万円×6人=10億円超の、おばあちゃん達のワザが光り輝いてました。

★ 走る豚とおばあちゃん達が自分でつくった野菜、若木水源で汲んでいった湧水、それに堂原みそで作った『豚汁』

★ 『おいしい村づくり』でみんなに協力してもらって、完全有機無農薬、ハイクリーンΣを培養した自然生態系耕土で土づくりして作った『お米』を、若木水源の湧水で、羽釜で薪を使って炊いたご飯を『おにぎり』に、漬け物はおばあちゃんのてづくり。

★ 重たい重たい100kg近くある石臼を交流館から運び出し、子どもと若者が代わる代わるついて、できあがったお餅に、幸恵さんとこのイチゴにあんこを包んで、できたての「いちご大福」を頬張る子どもからおとな、、。

 おいしい Be Good Cafe に各方面から賞賛の声が届きました。次へのチカラになります。

 『おいしい村づくり』や『水源子どもの広場』を通してやってきた実践を、どうやって都市に普通に住んで暮らして、育ってゆく子ども、育ててゆくお母さんに届けることができるか、そのカタチを少し垣間見ることができた1日でした。

 20060214141114.jpg

20060214141231.jpg

贈られた言葉

僕も水源の仲間たちと出会えて本当に楽しかったです。
水源は、環境も人も理念もふくめてとても親近感を感じ
られる場でした。

ともに僻地に存する仲間として、こばや水源のみなさん
の近未来が心豊かであるように祈っています。

追伸)お世話になったお礼に、僕のつくった詩を水源の仲間たちに贈ります。よかったら読んでください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 『ZEST』         むさし

 「いま、わたしに必要な『チカラ』ってなんだろう?」
       ふと、そんなことを考えた。
  食べるもの、着るもの、住むところ、遊ぶところもとりあえずある。
    でも、「生きてる!」って心から感じること、
        わたしにはあるのかな?

  たくさんの情報は持ってるけど、
       明日のことはよくわからない。

  お金も知識も大切だとおもうよ。
    でも、それだけじゃ幸せになれないような気がする。

 わたしにとって、いま本当に必要な「チカラ」ってなんだろう?
   明日のことワクワクして考えられるチカラ。
    自分の言葉でまっすぐに話せるチカラ。
     近くにいてくれる人を信じられるチカラ。
      だれかの役にたてるチカラ。
       自分らしく生きようとするチカラ。

 わたしの胸のずっと奥のほうにある、元気の素。
        わたしに必要なチカラ。

     それがZESTなのかな。

廃校になった中学校で卒業式。。。

 そんなプロモ撮影が2月19日(日)にここ、きくちふるさと水源交流館で行われます。
 今日は、突然 プロデューサーや監督さんがやってきました。
 ここの北側校舎や宿直室の持つ『雰囲気がぴったりハマる!』と言ってました。話を聞いているうちに、徐々に この曲のテーマと、これから改修・解体を迎えるこの北側校舎群のイメージと重なり、切なくも楽しみな、そんな感情と重なりました。
 そんな想いを監督さん、プロデューサーも共有してくれたようで、『いいものをつくりましょう!』と相成りました。

 いつか、この校庭で、、。歌っているのかもしれませんね。
 
以下のようなことだそうです。。

 2005年11月25日の日本武道館公演を成功させた後、解散した Do As Infinity。そのボーカリスト伴都美子が2006年春、本格的なソロ活動をはじめます。その再スタートとも言える第一弾のプロモーション・ビデオ(以下、PV)として、彼女のソロデビューアルバムのタイトルチェーンになる「Farewell」のPVを制作します。Do As Infinityで活躍してきた彼女の新たな出発となるPVです。演出には昨年公開された映画「ニライカナイからの手紙」(主演:蒼井優)の映画監督:熊澤尚人を迎えました。今回のPVは、伴都美子が生まれ育った熊本をロケ場所に選び、伴都美子の「等身大の魅力」「人間らしさ」「暖かさ」がにじみ出るPVにしたいと考えています。

☆「Farewell」☆
 曲名の「Farewell」は「送別」という意味ですが、曲の中で「Don't say good bye」と唄うように、別れを前にして、別れたくないという想い、さよならは言わない、という繊細な気持ちは本当に切ないものです。また、別れは終わりではなく、始まりで、過去があるから、未来があり、新しい関係はそこに待っているものです。そんな切なさと嬉しさの裏腹さや「戻せない時期」との再会というものをキーワードに、楽曲の持っているスケールの大きさを映像で表現したいと考えています。

女性部会議風景



 2月11日(土) 熊本市泰勝寺で 実施される Be Good Cafe くまもと Vol.3 に きらり水源村 女性部が 豚汁、おにぎり、餅つきのフード部門を担当します。
 その打合せを昨夜行いました。

以下が、簡単な<まとめ>です
【 豚汁 100人分 】
 ごぼう、人参、サトイモ、生しいたけ、干ししいたけ、走る豚肉、堂原みそ(手作り)、ねぎ、大根、キャベツ
 熊本市の水は美味しくないから、汲んでゆく!
【 おにぎり 80人分 】
 お米 7升 、漬け物、梅干し、伯方の塩
【 おもちつき 80人分 】
 もち米 6升、もちとり粉、羽釜、クド、蒸し器、石臼、きね、コンパネ
おもちの食べ方は、大根おろし、きな粉、砂糖しょうゆ、のり巻き、あんこ、ハチミツ の6種類から選んで!
【 お茶 】
 有機無農薬栽培のお茶をサービス、水は若木水源って湧水から汲んでゆく。

 参加費 1500円 
*是非是非、参加してみてくださいね。

チェ アヨンちゃん 奮闘中




韓国の伝統舞踊(テピョンムー:太平舞)と伝統太鼓(サムノリ)による
日韓異文化交流のお知らせ

去る平成18年1月31日に韓国ソウルにある伝統文化を後世に継承するために作られた名門、漢陽(ハニャン)大学から崔雅瑩(チェ・アヨン)さん(21歳)が来日し、現在きくちふるさと水源交流館で日韓異文化交流大使として韓国の伝統太鼓であるサムノリと韓国語、韓国の伝統舞踊テピョンムーを地域の子どもたちや大人を対象に教えています。

大変お忙しい中ではございますが、平成18年2月21日までチェ・アヨンさんがきくちふるさと水源交流館に滞在していますので、子どもたちと日韓異文化交流の機会があれば子どもたちにとってよい経験になると思います。


1. 日時:平成18年2月20日(月)迄   *ご相談してくださればご都合にあわせます。
2. 目的:韓国伝統太鼓サムノリや伝統舞踊テピョンムー、韓国語を通じて
子どもたちの日韓異文化理解を深め、違いと同じを知る。
3:活動内容: ① 韓国伝統太鼓サムノリや韓国語を教える。
② 韓国伝統舞踊テピョンムー(韓国王室の舞いなど)を観る。
③ 韓国の歌とともに伝統太鼓サムノリでリズムをとる。

チェ・アヨンさんの簡単なプロフィール
 7歳:バレエ、モダンダンス、韓国伝統舞踊をはじめる
15歳:韓国伝統舞踊を中心に勉強はじめる
18歳:韓国の伝統文化継承で有名な漢陽大学の韓国伝統舞踊学部に入学
現在 :インド・中国でも精力的に韓国伝統舞踊と伝統太鼓サムノリを通じ、異文化交流を図る。

ホウレンソウ出荷



 上の様子は、ホウレンソウの出荷の様子です。
 今年は寒いので、育ちが遅いそうです。でも、遅いのでじっくり育ち、とっても甘くて栄養価の高いホウレンソウができたそうです。
 ひとも同じかもしれませんね。厳しい境遇だと、育ちは遅いかもしれませんが、じっくりゆっくり、甘みのある、伸びしろのあるステキな若者が育ち、大人になるのかもしれません。
 ハウス栽培ではない、良さ。。。

みつばちハッチとくまのぷーさんプロジェクト



 日本ミツバチの家づくりの様子です。
 高千穂の佐藤林さんから頂いてきた箱をモデルに、モデルの違う2種類を5個ずつ制作しました。
 まだ、生板なので、数日乾燥させて、バーナーで焼いて、巣箱にあった蜜を塗って、岩場の近くに設置します。
 また、様子をお知らせいたします。

 先日、佐藤さんと一緒に収穫させて頂いたハチミツを使った様々な試みもしています。
 いろんなお茶にあわせて飲んでみたり、朝食のトーストに塗ってみたり、焼酎と一緒に飲んでみたり、週末はBe Good Cafe くまもと で『つきたてのお餅』と一緒に食べてみます。

第一回ふるさと樂校 閉校

 3日間、グリーンウッド教育センター代表の村上忠明さん、通称:むさしさんを迎えて、第1部~第3部 総勢88名の参加者をえて実施しました。

 3日間の最後に頂いたメッセージ『The Zest Of Living』 = 生きることへの情熱 を胸に秘め、これからの子どもと対する活動で伝えていきたいと思います。
 考えるに、昔、この校舎が建った頃の中学生は『The Zest Of Living』に溢れ、ケンカし、衝突し、ぶつかり合って、分かり合い、許しあい、育ちあっていったのでしょう。いつからか飼いならされた猫のようになり、情熱を失い、大事なものを守るための戦いのせずに、ぬるま湯が心地よくなってしまった。
 子どもの頃の「戦い」とは、お互いに傷つけあうためでなく、お互いをわかりあうため、そして、大人になって平和を培ってゆくためのプロセスなのだったのでしょう。
 
 

ふるさと樂校 アンケート 【回収済分】

1.あなたにとってどんなふうに役にたつものがありましたか。自由に書いてください。
・NPO水源の取組自体をあまり知らなかったが知る機会が得られた。
・泰阜村での取組の詳細が知ることができた。
・むさしさんに質問をする機会があり、しかりと応えていただいた内容が参考になったし、嬉しかった。
・実際に足を運んだことにより、美しい風景に触れることができた。

2.次に「ふるさと樂校」で、どんな勉強がしたいですか。
・伝承あそびの実践
・小学生集めてベーゴマ大会(私講師でもよかですよ笑)
・菊池の歴史
・おとなの隠れ家プロジェクト
・地域づくりの組織マネジメント(継続的な活動を目指して)
・地域資源の利活用方策(気付かなかったこんな利用方法とか)

3.「むさしさん」へ一言どうぞ。
・難しい質問にも真剣にお応え下さりありがとうございました。いつか遊びにいきたいです!

杷木にて

 『グリーンツーリズムによるまちづくり』
~平成17年度文化芸術による創造のまち支援事業~

 福岡県杷木町で実施の、こどもあーとが企画協力した上記の講演会に参加して来ました。
 
 講師は、大分大学 教育福祉科学部 教授の、軸丸勇士先生。

 中津江村での活動を通じて、またはこどもあーとの職員から話しに聞いていた方で、大学生を「田舎」に連れて行く、植林する 面白い先生がいる。その先生の教え子は面白い、と噂にきいてました。

 今回は、来ていた方々が杷木町の関係者が多かったということもあってか、実践を通じた話というよりは、全体的なグリーンツーリズムの活動例の紹介的な要素が強かったので、もう少し実践を通じた話を聞きたかったのですが、概論は概論で勉強になりました。

 一緒に行った、地元農協の職員の若者も「へぇーー」と勉強になった様子でした。また、一緒に連れて行った韓国の子に通訳をしたことで、グリーンツーリズムにまつわる語学力がついたようです。

 日本全体で、観光立国を目指す上で、ナンバー1を目指すのでなく、オンリー1追求型の グリーンツーリズムは、ひとと地域が育つことで無限の可能性が広がる、そう改めて認識することのできる貴重な機会でした。

年度総会 開催

NPO法人きらり水源村 第2年度 総会の模様
期日:平成18年1月31日 19時から21時
場所:きくちふるさと水源交流館 和室
出席者 42名 (うち、正会員27名、来賓15名)を迎え、 17年度活動報告、事業決算・監査報告等が行われました。
 18年度事業計画、事業予算、役員・体制が承認されました。
 総会後の懇親会にも多くの方が参加されました。

【第2年度総会ダイジェスト・レポート】
第一号議案
 17年度活動報告:年度末配布の初寄り資料を参照下さい。
第二号議案
 17年度決算報告:収入  7,282,497円 支出  7,276,995円
第三号議案
 18年度事業計画:北側改修もあるため、継続事業を計画、新規事業は若者・教員対象の指導者養成事業を承認。
 NPO法人きらり水源村が、きくちふるさと水源交流館の指定管理者となるべく準備を進めてゆくことを承認。
第四号議案
 18年度事業予算:収入  12,455,784円 支出  12,455,784円

第五号議案
 役員と体制:理事は2年任期のため、継続し、区長の役割を軽減するため、部会を設置することを承認
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。