FC2ブログ

平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

★NEXTEP5周年記念講演会★

 新春おすすめ企画です。2月の「おいしい村づくり」とかぶっているので、私自身は行けない可能性が高いですが、、。

~☆~☆~★NEXTEP5周年記念講演会★ ~☆~☆~  

 「いつもいいことさがし
   ~小児科医からみた日本の子どもたち~」
    講師:細谷亮太(聖路加国際病院副院長)

~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

■日 時:2月18日(土) 10時30分~12時00分
■場 所:産業文化会館(熊本市花畑町7-10)6F 第5・6会議室
      
■主 催:NEXTEP
■参加費:1500円(NEXTEPサポート会員の方は1000円)
     定員150名になり次第締め切らせて頂きます。
■お申し込み:
    :NEXTEP事務局 島津智之
       info@nextep-k.com(名前、メールアドレスを記入してください)
         (タイトルは、細谷亮太氏講演会参加希望としてください。)

 ホームページ:http://www.nextep-k.com

◎◎◎細谷亮太氏プロフィール◎◎◎
1948年生まれ。東北大学医学部卒業後、聖路加国際病院小児科に勤務。
小児がんが不治の病であった1970年代にテキサス大学総合がん研究所に3年間赴任し、最先端の治療について学ぶ。
帰国後は、聖路加国際病院小児科部長として、小児がんの子どもたちと向き合うと同時に、病気の子供たちとのキャンプや執筆活動にも取り組んでいる。
著書には、「いつもいいことさがし」「ぼくのいのち」「小児病棟の四季」「医師としてできること できなかったこと」などがある。
スポンサーサイト



4年前の自分

 今日は少し趣向を変えて、4年前の自分にタイムスリップ。
 ちょうどその二ヶ月前、東京でのNGO生活に幕を引き、ぼくは旅に出た。まずは、縁ある知人を訪ね歩き、ヨーロッパを西に東に、北へ南へと次から次へと友人を訪ね、そのご両親に暖かく迎え入れていただき、都市も田舎も十分に満喫する旅ができた。4年前のクリスマスは、フランスの古城跡でワークキャンプ・メンバーとともに迎えた。
 それから1ヵ月後は、アメリカ西海岸の大地を自転車でひた走った。ただただペダルを漕ぐことに集中。テントと寝袋と少々の食料とお金、それに将来に対する不安や夢を抱きながら、ひとり孤独と飢えと戦いながら、目的地までただひたすら。
 その旅の1ヵ月後には、韓国に渡り、韓国ユネスコ協会連盟
で働く知人に誘われるまま、夏の国際ユースキャンプのコーディネーターを任された。(といっても、ハングルができないので、ちょっとしたアドバイス役)。それでも、たくさんの韓国の大学生や南アジアやアラブ系、更にはアフリカの国々から参加する若者も含め、これまで知り合う若者とも違った個性をもった人と接することで、世界の広さや多様性を改めて感じた。
 更に旅は続くのだが、閉館せねばいけない時間なので、また今度。
<写真はウェールズのアファンの森でチーフレンジャー:ディックにお世話になった時のもの>20051227222054.jpg