FC2ブログ

平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

お菓子の家づくり



 今日は「おいしい村づくり」と同時進行で、「水源子どもの広場」による『お菓子の家づくり』が実施されました。
 1時開始予定なのに、興奮して息も荒い子どもらが12時を過ぎるとわらわらと集まってきました。今日も相変わらずの寒さというのに、この子どもらのエネルギーはどこからやってくるのでしょう???
 1時をちょっと過ぎて、猪島るんちゃん到着、更に朝からクッキーを焼いていた山下ひろひろが到着して、子どもの持ってきたお菓子とひろひろの作ってきたクッキーとで、お菓子の家が作られました。(といっても、作っては食べ、作っては食べだったらしい、、、。特にるんちゃん!)
 その完成した『お菓子の家』を「おいしい村づくり」の参加者にも食べさせてあげる~っともってきてくれました。
 おいしかったですー。ありがとう。。。
スポンサーサイト



野山を駆け巡る



 今日は、クリスマスリースの材料集めと冬の水源探検を兼ねて、水源交流館→菅原神社→細永集落→細永橋→クヌギ林→牛舎のコースを歩きました。今回は「水源子どもの広場」に参加していた細永の子どもが先頭にたって、おいしい村の参加者を案内してくれました。
 赤い実や青い実、黒い実に、カラス瓜、木に巻きついた蔓や色とりどりの枯れ葉を採集し、蔓でターザンロープしたり、田んぼにダイブ&ジャンプしたり、急斜面の畦を滑ったり、と大ハシャギでした。
 牛舎に到着すると、乳牛用の大きな牛と生まれたばかりの子牛とがいて、身近に見る牛に目を丸くさせていました。普段、何気なしに食卓に上ってくる牛乳がこうやって、子牛が生まれ、子牛が育ち、乳牛としてたくさーんのエサを食べて、毎朝毎晩の搾乳の作業を通して、お口に届くんだなぁ、と帰りの道すがら、4歳の子どもとそんなお話しをしながら帰ってきました。