FC2ブログ

平成の寅さん 見た 聞いた 書いた

『語学教室』 始まる



 国際中期ワークキャンプ・菊池2005の参加者による「語学教室」が始まりました。予定では、毎週水曜日17:00~19:00の2時間で実施されます。今日は水源小学校の6年生女子が昨年に引き続き、参加していました。
 参加者との英会話に悪戦苦闘しながらも、頑張って取り組んでいました。皆さんもいかがですか?
スポンサーサイト



この原地区は山持ちであったのだろう。

<吉本哲郎氏 文章の続き vol3>
 この原地区は山持ちであったのだろう。畑作地帯なのに多くの家がある。江戸時代は、米がお金になっていた時代、昔はお金は米と木材、森は燃料としての炭と薪をとりながらも主に換金する産物であった。また、木材は建築用として、都市に運んで販売していた。昔、山持ちとはお金持ちのことでもあった。
  【“この原地区は山持ちであったのだろう。”の続きを読む】

現代の山とは何か、米とは何か、水神とは何か

 <吉本哲郎氏 文章 vol2>
 原地区に、天地元水神社(てんちげんすいじんじゃ)がある。元は肥前長島の荘とあるように遠く記紀神話の世界、菅原道真、河童の世界、砂鉄などにつながる渋江氏、その渋江氏の祭る水神社である。
 では、なぜここ菊池市水源村原地区にあるのか?
 熊本市在住で民俗を調べている江口司さんは語る。
【“現代の山とは何か、米とは何か、水神とは何か”の続きを読む】